40代必見!正社員を諦める前に知っておきたい転職の戦略とコツ

ちょとそこのあなた!「40代の転職は絶望的」とか「正社員として転職するのは無理だ」ってYahoo!知恵袋の回答を鵜呑みにして、絶望していませんか?

確かに、40代の転職は簡単なことではありません。

でも、正しい戦略とコツさえ掴んでしまえば、割とすんなり内定を貰えちゃったりするものです。

コツを掴めば40代の転職もさほど難しいものではない

OOK9V9A6906_TP_V-1 40代必見!正社員を諦める前に知っておきたい転職の戦略とコツ

Yahoo!知恵袋などの大型掲示板で、40代で転職する行為は絶望的と言われている最大の原因が、大勢の人が「採用側が40代に期待するスキル」と「40代に最適な転職のやり方」が把握できていないから。

採用側に要求される人物像やポータブルスキルを認識し、ポイントを頭に入れて転職活動を行なえば40代の転職は必ずしも不可能ではありません。

40代の転職を失敗に終わらせないため、「正しい戦略と行動計画」、「自分自身の市場価値」、「採用側に求められている役割・スキル」を把握できているかどうかにかかっています。

この3つのポイントをそれぞれの段階に分けて、知っておくべき理由と具体的な手順をあわせてご説明していきます。

正しい戦略と行動計画

40代は家庭がある割合が高く、できる限り迅速な転職が求められます。

採用企業から求められている40代の人物像を把握し、転職先の探索方法が分かれば、内定までの大まかな目標となる期日を確定したうえで、効率良く転職先の探索を開始するべきです。

求人は、あなた自身の就きたい職種や業種を専門にしている転職サイトや転職エージェントを、または40代に特化した転職サイトや転職エージェントを使うと効率的に探し出すことが可能です。

自分自身の市場価値を把握

次は、「自分のキャリアの棚卸」と「希望条件の抽出」をし、転職市場における自分の価値を確かめてみましょう。

これまでの職務経験から「やれること」と「できないこと」の棚卸を行い、越境学習で積んだ経験を加味することで「経験はないができる可能性が大きいこと」に至るまで考え抜いておくべきです。

さらに、年収の下限値や残業の上限、転勤が発生する異動に応じることができるか否かなど、転職先に期待する給与や福利厚生面における「譲れない条件」をハッキリさせておいてください。

こういった作業を行なうことにより、自分の市場価値を把握し、無数にある求人がある内から自分にマッチした仕事を選択する為の基準が確定していきます。

転職市場をリサーチしても、自分の市場価値が分からないのであれば、MIIDASのような転職サイトを活用していきましょう。

面接確約!転職するならMIIDAS(ミイダス)! OOK9V9A6906_TP_V-1 40代必見!正社員を諦める前に知っておきたい転職の戦略とコツ

採用側に求められている役割・スキルを把握

手始めに、一般的に企業が40代の転職者に求める役割とスキルに関して頭に入れましょう。

40代ともなれば20代・30代の若手社員とは違って、それ相応の社会経験を積んでいるため業務の即戦力だけでなく、部下の管理能力が必要とされることも多いです。

このポイントを認識した上で、自分にはどういったセールスポイントがあり、雇用する企業側にどういったメリットをもたらせるのか、今一度自分を客観的に見つめなおしてみましょう。

ここで、管理職経験がないからと言って、転職そのものを諦めてしまう40代が実に多いのですが、管理職経験がなくとも十分に転職はできます。

また、「これまで、倉庫内作業員しか経験してないから転職サイトや転職エージェントに相手にしてもらえない」と、最初から先入観ありきで活動に突入する方が多いのですが、今の時代ロジスティックに特化した転職サイトや転職エージェントもいくらでもあります。

他にも、製造業に特化したサイト、事務職に特化したサイト、技術職に特化したサイトなど多種多様な転職サイトがあります。諦めたら、その時点でゲームオーバーです。

40代が正社員として転職する理由付けは絶対に必要

OOK9V9A6906_TP_V-1 40代必見!正社員を諦める前に知っておきたい転職の戦略とコツ

正社員として転職する場合は、自分の希望条件の優先度を決めておくことが重要。

それでは、あなた自身が正社員として転職を果たすため理由をはっきりさせておくためにも、改めて正社員としての雇用形態を再確認していきましょう。

雇用が保証されている

正社員になると、基本的に非正規社員とは違い雇用の安定が得られます。

福利厚生や各種制度は言うまでもなく、企業によっては退職金や定年後の再雇用制度など、元気なうちは仕事し続けたいと考えている40代からすれば大きなメリットと言えます。

年収が安定している

年収面が安定していることは重要な点ではありますが、正社員だからと言って確実に高い年収と言い切れるわけではありません。

場合によっては、派遣社員のような雇用形態が高い年収を得られる職種もあり得ます。

高い年収を第一条件に決めるならば、業種によっては正社員を選ぶ必要がない場合もあります。

やりがいがある仕事と責任感

正社員であればやりがいがある仕事を依頼してもらえる分、それだけの業務量や仕事の責任も重くなるため、覚悟は必要。

あなた自身、やりたいと思う仕事がはっきりしている転職者であるならば、迷わず正社員を目指すべきです。

繰り返しになりますが、40代が正社員として転職するためには、絶対的な覚悟と熱意が必要不可欠。

転職活動に取りかかるうえで、なにがなんでも正社員として転職したい!」って理由をはっきりさせておくことが、転職に失敗しないためのポイントになります。

40代から正社員として転職する戦略とコツを教えます

OOK9V9A6906_TP_V-1 40代必見!正社員を諦める前に知っておきたい転職の戦略とコツ

ここからは実際に、40代が正社員として転職を実現するための戦略について考えていきましょう。

求人の絶対数が多い業界や職種に応募する

慢性的な人出不足や離職率が高い業種では、40代であっても正社員として採用してもらえる確率が比較的高いといえます。

一般的に3Kと呼ばれる、仕事がキツい・汚い・危険のような一面もあるかもしれませんが、採用側はそれに見合う分だけの人材を確保したいがゆえの正社員雇用であります。

仕事の厳しさはどの業界や職種でも同じです。

ですから、ある程度覚悟して、応募することが重要です。

非正規雇用から正社員を目指す荒業

雇い入れ時には契約社員や派遣社員だったとしても、そこから正社員を目標にする手も忘れてはなりません。

採用側の企業からすれば、正社員として即戦力になれる人材なのか否かを確かめたいこともあり、とりあえずは契約社員やパートタイムから「正社員登用あり」とされる求人もよく見られます。

ですから、求人選びの場合には併せてリサーチしておいた方が良いでしょう。

しかしながら、正社員として採用されるには、それ相応の働きが期待されることが求められます。

あくまでの内定をもらって入社することがゴールではなく、本当のスタート地点と考えて、正社員としての登用枠を目標にする努力を全力で行うことが必須条件です。

40代が正社員として転職するためのマインドを伝授

OOK9V9A6906_TP_V-1 40代必見!正社員を諦める前に知っておきたい転職の戦略とコツ
最後に、40代が正社員として転職するうえで肝に銘じておかねばならないマインドを紹介しておきます。

何があっても辞めない

業務上の辛さだけでなく、入社前後のギャップなんかは大なり小なり予想しておき、正社員で転職がうまく行ったのなら辞めずに仕事し続けるべき。

再々就職しなければならない事態に陥れば、グ~ンと障壁が高くなってしまいます。

それでも、ブラック企業や宗教がかった企業に入社してしまったと気付いてしまったときは、1日でも早く退散すべきです。

繰り返しになりますが、4か月とか7か月という中途半端な職歴を残して退職するパターンに陥ると、最悪です。

しっかりと健康管理をする

入社早々風邪をひいてしまえば「40代にもなって体調管理もできないのか?」と陰口をたたかれます。

しかも、今は40代で働き盛りと言われる世代であっても、10年後には50代、20年後にはシニア層と呼ばれる年齢がやってきます。

ですから、正社員という雇用形態でずっと勤務することを願うなら、健康維持は必須条件です。

いうまでもなく、1年毎の人間ドックや定期検診だけでなく、調子が悪いと感じたならば職場に迷惑をかける前に受診して、体調を整えておくべきです。

再雇用制度をチェックしておく

転職先を見つけ出す時点において、できるだけ確かめておいたほうが良いのが、定年制度や定年後のワークスタイル。

贅沢を言えば、定年後も再雇用制度が整っている企業がベストです。

定年後は、年収が多少下がってしまいますが、末永く安定して勤務し続けたいのであれば、20年後のこともイメージして転職活動を進めていくことも重要です。

あわせて読みたい

40代で突然リストラされた管理人から一言アドバイス

OOK9V9A6906_TP_V-1 40代必見!正社員を諦める前に知っておきたい転職の戦略とコツ

40代は転職する気がなくても、もしもの時に備え転職サイトに登録して自分の相場なり業界の動向を把握しておくべきです。

気になる求人情報を把握しておくだけでも、転職の選択肢が増え雇い止めされてストレスや疲労が限界に達し鬱病になる前に、転職の手が打てます。

私は雇い止めされてうつ病になって、選択肢もなく1年間働けなかった過去があります。

マジ辛いですよ。

働きたいのに働けない辛さ、体が思うように動かなくなるんですよ?

基本的に、完全無料で利用できWEB上に履歴書などを登録しておけば、あなたの希望条件に近い求人情報や、あなたの職歴に見合ったプライベートオファーがメールで届くシステムになっています。

転職サイトに登録したら、ウザい広告メールが来ると思っているでしょうが、最新の転職サイトはそれらのメールブロック機能も充実している。

邪魔な情報はブロックして、自分の欲しい情報だけをゲットできるんだったら得にしかならないじゃないですか?

しかも転職サイトには、性格診断や自己分析ツールも充実しているから使わない手はないでしょ?

自分の相場なり、業界の動向を把握しておけば、ハローワークに行って「40代に紹介できる求人はない」とか、転職エージェントに登録拒否されてもショックを受けもダメージを最小限に抑えられます。

諦める前に知っておきたい転職の戦略とコツまとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

  • 自分の市場価値をしっかり把握する
  • どうせ転職エージェントに相手にしてもらえない先入観は非常に危険
  • 正社員で転職するためには、求人の絶対数が多い業界に応募すべき

月並みな言葉ですが、40代転職は相当な覚悟と熱意と根気が必要。

正社員として転職したいのなら、「自分は何故正社員として転職したいのか?」その理由を明確にしておかなければ、ちょっとした困難で挫折してしまいます。

正しい戦略とコツさえ掴んでしまえば割とすんなり内定を勝ち取れますが、裏を返せば正しい戦略とコツが理解できなければ、いつまでたっても転職することはできません。

それほど、40代が正社員として転職することは難しいのです。

転職支援をしてる斎藤でした。

当サイトいち押し!
同じ苦労を重ねた私だからリクナビNEXTをお勧めします
後悔しない40代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向まとめ~

4月は1年を通じ最も質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が混乱しているので気を付けてください!

現段階において、求人が消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えているので、Skypeやzoomの使い方を併せて習得しておきましょう!

ただし、あなたのライバル達も同じように動き始めるのでしっかり情報収集して、万全の態勢で臨んでください。

  1. 当サイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(JACリクルートメントリクナビNEXT人材バンクネット)に登録しておく
  2. 転職エージェントに登録したら、電話でなく直接会って自分を知ってもらおう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントと出会えたら、更に信頼関係を結び熱い思いをぶつけよう

転職エージェントを活用する上で最も大切なのは、キャリアコンサルタントと顔なじみになっておくこと。

その他大多数の応募者の中に、あなたの存在が埋もれることは絶対に避けなければなりません!

転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、あなたの「絶対に転職したい!」思いが通じれば動いてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう