40代転職は攻めの姿勢で行うことが成功への道

40代の転職戦略

40代はターゲットの求人情報を幅広く集めかつ厳密に絞り込め

40代の転職戦略

40代で職場マネジメントできず転職先を早期退職した失敗とは?

40代の転職失敗例

40代は転職市場におけるハローワークの実態を知るべき

40代の転職情報源

40代の転職者に必要なマネジメント力とは?

40代の転職戦略

40代で転職神話という幻想を夢見て転職に失敗する典型的な特徴

40代の転職失敗例

40代が転職に失敗して絶望しないための心得

転職エージェントは、そのビジネスモデルの成り立ちからして、求人企業に奉仕することで利益を上げています。

転職エージェントが、やみくもに多くの求職者を得意先である企業に紹介して、彼らの評価が悪かった場合、別の業者に乗り換えられる危険が非常に高くなります。それゆえ、転職エージェントの内部選考によって能力の高い人条件の良い人だけに紹介案件が収集している現実があります。

40代の中高年はそれらの現実を理解したうえで、転職者本位の活動を行わなければ、活動が長引いて転職活動そのものを諦めてしまい、アルバイトや最悪の場合には引きこもり人生に突入してしまう危険性さえあるのです。

40代が転職エージェントを選ぶ際のポイント

POINT1

求人案件の紹介が多いかどうか見極める

求人案件の紹介は沢山あるのに、実際に面接まで全く行くことができない場合は、転職エージェント内部で選考落ちしている可能性大です。 口コミなどを頼りに、できるだけ実績のあるエージェントを選ぶようにしましょう。

POINT2

キャリアカウンセラーの質が良いかどうか見極める

キャリアカウンセラーの性格も十人十色です。 可能な限り多くの転職エージェントに登録して、自分と相性の良いキャリアカウンセラーと二人三脚で転職を乗り切りましょう。 大手の転職エージェントであれば、キャリアカウンセラーをチェンジしてもらえることがあります。

POINT3

サービス期間に限りがあるかどうか見極める

基本的に、転職エージェントでの無料サポート期間は3か月です。 転職活動が長引きそうな場合、事前に申し出ることによって無料サポート期間を延長してくれる転職エージェントもあります。 口コミなどを頼りに、できるだけ実績のあるエージェントを選ぶようにしましょう。

登録しておきたいお勧めの転職エージェントはコレ!

PAGE TOP

40代の面接戦略

40代の転職者が面接時に気を付けることとは?

40代の面接戦略

40代は面接官の視点を理解しなければ転職に失敗する

40代は面接官の視点を理解して回答せよ

40代の転職戦略

40代は転職エージェントに直接アプローチして勝利を掴め!

40代は転職エージェントに門前払いされても諦めるな

40代の転職失敗例

40代転職者は求人がないと嘆く前に直接応募で成果をあげろ

40代転職で絶望する前に成果をあげろ

40代の転職戦略

40代の退職者は離職以前に人脈を作っておくきべき

40代求職者は転職前に人脈つくりに励むべし