誰もが精神的にキツイ仕事には就きたくないと考えるのは当然のことです。しかしながら、「 この転職は失敗したな 」と感じている多くの40代が結果的に、精神的キツイ職場に入ってしまっているのが現状です。

私自身、40代でリストラされて1年以上かかった転職活動で入社した先が、精神的にキツイ職場でした。介護業界という独特の雰囲気が漂う職場で、入社して1年も経たずほとんどのスタッフが精神的にやられて退職していくという悲惨な状況です。私自身「 離職率を抑えること 」というミッションを課せられていますが、なすすべもなく過ごしているのが現状です。

しかも同期入社した総務職、人事職、経理職共に精神的に参って退職してしまったという悲惨ぶり。精神的に楽な仕事を選べることができれば、残り20年余りのサラリーマン人生楽なんですがねぇ。

40代必見!楽な仕事の考え方

amaG0I9A8314045135013_TP_V 出世レースに敗れた40代は楽な仕事に転職すればいいという話

40代で転職する場合、短期間で内定を勝ち取りるだけではなく、新たな職場で残り20年余りのサラリーマン人生をどう過ごしていくべきか悩むところです。あるいは、既にサラリーマンとして生きていくのに疲れてしまって、もう社会の場で働くことに抵抗を感じている中高年もいらっしゃるのが現状です。

私自身もさることながら、リストラで職を失ったり、病気や親の介護で離職を余儀なくされた方々は特に、社会への恨みも大きいのではないかと考えています。

そんな時考えることは、「 給料をそこそこ貰える楽な仕事に転職しよう 」ということですよね?でもこの世の中に私達が考える「 楽な仕事 」なんて存在するのでしょうか?肉体的にキツくても、人間関係が良好であればどこでもやっていけると言っていた同僚がいましたが、私も同感です。

楽な仕事を探す前に、そもそも万人が考える「 楽な仕事 」とはどういうものか考えておくべきでしょう。

  • 人間関係が険悪でない仕事
  • 営業ノルマがない仕事
  • 残業・早出残業がない仕事
  • 休日出勤がない仕事
  • 責任感を必要としない仕事
  • 社外からクレームを受けない仕事
  • 3K( キツイ・汚い・危険 )でない仕事

贅沢を言ってもいいのならば、給料もそこそこ貰えてて楽な仕事があればいいんでしょうが、世の中そんなに甘いものでもないですからね。

40代必見!精神的に楽な仕事3選

人によって何が精神的にキツイのか楽なのかという概念は違ってきますし、業務的には楽であっても、収入が少なければ家族を養っていくこともできません。また平社員の時は精神的に苦痛であった仕事で、管理職になった途端苦痛から解放されたという話もよく耳にしますし、その逆もあり得ます。

私は目の前にある課題から逃げるため楽な仕事を短絡的に選ぶよりも、長期的な視点から収入と生活のバランスを保っていくのが良いと考えています。中には正社員として就職するのが難しい職種もありますが、精神的に楽な仕事と呼ばれる仕事を3つ紹介しておきます。

amaG0I9A8314045135013_TP_V 出世レースに敗れた40代は楽な仕事に転職すればいいという話誰にでもできる仕事

単純に考えて、挙げられるのが誰であっても簡単にできる仕事です。考えながら行動する仕事ではなく、マニュアルに従って体を動かせばいいような仕事が多いと言えます。それゆえに、精神的にキツイといった声が聞こえてくることはほとんどありません。

具体的な例を挙げるとするならば、工場のライン工、倉庫のピッキング作業員、工場の入出荷作業員等です。
amaG0I9A8314045135013_TP_V 出世レースに敗れた40代は楽な仕事に転職すればいいという話

amaG0I9A8314045135013_TP_V 出世レースに敗れた40代は楽な仕事に転職すればいいという話普段ひまな仕事

次に考えられるのは、ふだん暇な仕事です。常に時間に追われるでもなく、一日中せわしく動き回るのが大変だという40代は手持ち無沙汰でひまな仕事が向いているのかもしれませんね。私は時間が過ぎるのが早く感じるため、責任感があって忙しい仕事が向いています。一日中手持ち無沙汰な仕事は苦痛ですし苦手ですね。

具体的な例を挙げるとするならば、セルフ式のガソリンスタンド監視員、マンション管理人、ビルメンテナンス、工場の設備担当等です。

amaG0I9A8314045135013_TP_V 出世レースに敗れた40代は楽な仕事に転職すればいいという話成果を求められない仕事
普段我々40代に求められているのは、何かしらの成果を出して査定を挙げてもらうことがミッションです。営業マンであれば、営業成績で合ったり、我々のような総務職であれば、改善効率化をしただの、離職率を下げる活動をしただの色々あります。以前従事していた倉庫作業員でさえ、安全在庫率を極限までに下げるというミッションを課せられていました。このような成果を出すことに対しても多くのサラリーマンがストレスに感じてしまっているようです。

このようなストレスは、心理的にも負担になるでしょうし、「 人生一生勉強 」と言われるとおり常に向上心を持って勉強なくてはなりません。しかしながら、自分は仕事にために生きているのではない、アフター5は自分のために使いたい、可能であれば休日は身も心も仕事から解放されたいと思うタイプの方は勉強ほど無駄なものはありませんね。

具体的な例を挙げるとするならば、ルートセールス、オペレーター、工場の品質チェック員等です。
amaG0I9A8314045135013_TP_V 出世レースに敗れた40代は楽な仕事に転職すればいいという話

40代にお勧めできる精神的に楽な仕事3選

上記を踏まえたうえで、40代以降の中高年にお勧めできる精神的に楽な職種を3つ紹介しておきます。

amaG0I9A8314045135013_TP_V 出世レースに敗れた40代は楽な仕事に転職すればいいという話施設警備員

退屈で気楽な働き方をしたい40代の転職者に特にお薦めするは、施設警備員。

施設警備員は他業種からの転職はまったく問題がない業種です。夜勤時には、実際かなりのスキマ時間を得ることができます。勤務している同僚も転職組がほとんどで割と年代も高いから、40代だからと言って年を意識する必要性はまるでないのも嬉しいですね。

施設警備員は資格を身に付けるほどに月収がアップしていく仕組です。シフト勤務制の職場が多く、拘束時間が多少長いものの、慣れてしまえばさほど精神的にキツイわけではないと、元同僚が言っていました。 また彼が言うには、「 色々なビルや商業施設の裏側を見ることができるので、毎回楽しみにしている 」と独自の楽しみを見つけているようでした。

系統が似ている交通整理警備員は、立ち仕事で非常にキツイ仕事ですから間違えないよう気をつけてください。
amaG0I9A8314045135013_TP_V 出世レースに敗れた40代は楽な仕事に転職すればいいという話

amaG0I9A8314045135013_TP_V 出世レースに敗れた40代は楽な仕事に転職すればいいという話ビルメンテナンス業

第2位は、ビルメンテナンス業です。 ビルのメンテナンス職は、他業種からの転職においても受け入れ易い業種のひとつです。休日もかなり多く、仕事内容も意外と楽ですし、資格を取得するほど月収がアップしていく仕組みです。施設警備員同様、スキマ時間も結構あるので、時間を有効利用していけば本当に楽な仕事と言えるでしょう。

amaG0I9A8314045135013_TP_V 出世レースに敗れた40代は楽な仕事に転職すればいいという話

amaG0I9A8314045135013_TP_V 出世レースに敗れた40代は楽な仕事に転職すればいいという話トラックドライバー

第3位は、トラックドライバーです。 ドライバーは長距離ドライバー、単距離ドライバー、ルート配送等様々な種類がありますが、これら全て男性女性共に悪くはないと考えています。ルート配送の場合では、「 いつもの日程、いつもの経路、いつもの送付先 」に輸送することが仕事ですので、経験を重ねれば重ねると楽になれます。トラックドライバーは、職場を出てしまいさえすれば人間関係もなく、車内における自由な時間を堪能できます。

トラックの積荷も、フォークリフトによる積み下ろしを行なう企業がほとんどですから、40代以降の中高年でも体力的な心配はまるでないといえるでしょう。

また業界的に見ても人手不足ですから、短期間で就職しなければならない40代のミドル層にとっては格好の職種と言えます。

40代は覚えておけ!キツイ仕事はうつ病への第一歩

amaG0I9A8314045135013_TP_V 出世レースに敗れた40代は楽な仕事に転職すればいいという話

40代の転職において、人手不足で誰でも採用されやすい職種は多々あります。辛くて長い転職活動から逃げたいがために、そのような職種に就いてしまうと逃げ出せなくなるばかりか、うつ病への第一歩であることを忘れてはなりません。

特に

  • 転職先の上司がパワハラであったり粘着質である
  • 同僚や部下のいじめが陰湿である
  • 無理ゲーなノルマがある
  • 自社製品の強制的な買取がある
  • 宗教への勧誘または強要がある

などの問題は40代転職あるあるです。これらが原因でうつ病になったり、最悪の場合ひきこもってしまう大人たちは実に多いです。40代でいわゆるニートになってしまうと家族だけでなく色んな人に迷惑をかけてしまうことになります。

40代になっても、実家に住んで親の年金をあてに生きていくのなら親が死ぬまでは安泰ですね。

しかし結婚して家庭を持っている中高年は地獄ですよ?私がリストラされて転職活動した際、同僚の一人は買ったばかりのマンションを手放す羽目に陥りました。たった6か月収入が途絶えただけでそんな悲劇が待っています。

ですから、そんな地獄絵図になってしまう前に、給料が多少安くても精神的に楽な仕事に転職してしまう選択肢もありだと思います。

中高年のプライドが邪魔するから、そんなの無理だと言い出す方もいらっしゃるかと思います。しかしながら、一旦うつ病になると本当に転職すらできなくなって再起不能になります。辛いですよ、働きたくても心が持たなくてジョブホッパーになってしまうのは。

1か月やそこらで退職しても、この日本にはまだまだ精神的に楽な仕事が存在しています。無理だけは禁物ですよ。

40代は楽な仕事に転職すればいいという話まとめ

出世レースに敗れた40代は楽な仕事に転職すればいいという話についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
最後に今回の要点をまとめておきます。是非参考にしてみてください。

・楽な仕事とは、人間関係が良好な仕事、営業ノルマがない仕事、残業・休日出勤がない仕事 である
・精神的に楽な仕事は、誰にでもできる仕事、普段ひまな仕事、成果を求められない仕事 である
・精神的に楽な職種は、施設警備員、ビルメンテナンス、トラックドライバー である
・キツイ仕事は、うつ病になりやすい。
 うつ病になってしまうと再起不能で地獄を見るので、早めに対処することが大切

精神的に楽だという概念は人それぞれ違いますが、家族を養えないほどの薄給でなければ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?これから定年まで残り20年以上あります。人生のんびり過ごしてみるのも大切かもしれませんよ。転職支援をしている斉藤でした。

スポンサードリンク


amaG0I9A8314045135013_TP_V 出世レースに敗れた40代は楽な仕事に転職すればいいという話

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事