「 転職エージェントで門前払いされた挙句、『 あなたに紹介できる求人はない 』から正社員での転職は諦めてください 」と辛辣なコメントを受けちまったよと嘆いている40代の転職者は世の中に溢れています。

本当に、転職エージェントのキャリアカウンセラーは傲慢ですよね。「 あなた何様ですか? 」って直接会って言ってやりたいけど、会ってもくれないし、言われ損じゃん!どこのどんな奴が登録できて、実際仕事の紹介を受けてるのか教えてよって疑問で溢れています。

私も、40代でリストラされて転職活動した際、某転職エージェントのキャリアカウンセラーに「 あなたに市場価値はない。総務職として転職したければ、どこか地方に行ってくだい 」と言われて絶望したり、他エージェントに「 正社員として再就職は絶対無理だから、派遣でのお仕事を紹介してあげます 」と傲慢な態度を取られ、しばらく活動できなくなった辛い思い出があります。

転職エージェントやハローワークが言うところの「 市場価値がないから転職できない 」というのは、それぞれのビジネスモデルから考えるといた仕方がない事実です。しかし、もっと優しい言い方はないものでしょうかね。

40代転職は市場価値を知ることから始めるべし

yotakaIMGL5301_TP_V 40代の転職は自分の市場価値を知ることから始めよう

40代以降の転職者は一家の大黒柱として家族を養っている人も多く、転職を通して希望に見合う年収を得られるか否かとても不安に感じるかと思います。もちろん40代以降の転職そのものが成功するかどうか心配している方も多いことでしょう。

この厳しい雇用情勢下においては、なかなか自分の思うような企業への転職ができないケースもあるかと考えがちですが、悩んでいるだけでは何も解決はできません。

前述しましたが、40代以降の転職においては、短期間で即戦力としてこれまでの経験やスキルを発揮することが大前提になるため、原則としてこれまでの経験を強みとして、自分自身の転職市場価値を分析していきましょう。

なかなか自分自身では転職市場価値を測ることはできないと思いますが、ご自分の転職市場価値を知るためには、実際の募集状況を転職サイトで確認してみる方法が一般的ではないでしょうか?希望する職種の求人募集要項を閲覧することで、給与や労働条件をチェックできます。

40代以降の転職においては、現職や前職と比較して提示されている年収が低い場合は、今より高い希望年収を提示してもまず採用されることはないと考えてください。

転職市場価値を調べるもう1つの方法として、転職エージェントに相談してみるのも手だと考えます。転職エージェントの中には、非公開の求人案件を大量に保有しており、場合によっては好条件の会社を紹介してもらえることがあります。また場合によっては、紹介してもらえる案件が一切ないという状況も考えられます。

市場価値を理解してから希望条件を考慮する

yotakaIMGL5301_TP_V 40代の転職は自分の市場価値を知ることから始めよう企業は生き物であり、日々進化しています。5年前は引く手あまたであった職種も、雇用情勢が厳しい現在においては市場価値が下がってしまい、転職が厳しい状況になっているケースもあり得ます。逆に、それほど高い価値がないと考えられていた職種が、高く評価されることもあり得ます。

特別なスキルや経験を必要とする職種は募集をしてもなかなか人員が集まりにくいため、転職事情における価値が高くなりますが、求めているスキルや経験に多くの応募者が殺到する場合には、転職市場価値が下がってしまいます。転職市場価値は、企業が必要とする人材とそれに見合う人材のパイで決まってくるのです。

必要としながら該当する人材が少なければ、ハイレベルな待遇であっても採用したいと当然に考えますし、募集をかければ平均よりも低い賃金でも採用できる場合は、転職市場は下がっていきます。40代以降の転職では、最新の転職市場を分析し、現実を直視たうえで、企業が求める人材に一歩でも近づくことが重要になってくるのです。

転職は自分の市場価値を知ることから始めようまとめ

40代の転職は自分の市場価値を知ることから始めようについてまとめてみましたが、いかがでしたか?
最後に今回の要点についてまとめておきますね。

・転職サイトや転職エージェントの求人から、市場価値を知るべし
・転職市場での価値を理解したうえで、希望条件の対策を講じるべし

日々、Yahoo知恵袋などでも「 管理職経験者でないと転職できない 」とか「 40代以降は介護職と運転手しか求人がない 」なんて辛辣なコメントが相次いでいますが、気にすることはないですよ。転職をしたこともない暇人や、自称人事職が回答者なので、真実を答えられるはずもありません。

転職エージェントやハローワークでの辛辣なコメントは参考程度に聞いておくのがよいでしょう。己を信じ、自ら市場価値を調査したうえで、答えを導き出してください。前向きに行動していると、決して悲観するほどでないとすぐに分かりますよ。転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

スポンサードリンク


yotakaIMGL5301_TP_V 40代の転職は自分の市場価値を知ることから始めよう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事