「何度面接に挑んでもお見送りになってしまいます」と疑心暗鬼に陥っている40代は実に多いですよね。

転職なんて人生の中でもそう経験するものでないから、経験値が貯まらず何をどうすれば上手くいくのか分からないもの。

私は、幸運なことに総務人事課の職員として10年以上採用面接の場に立ち会ってくることができました。

その過程の中で見えてきたのは、転職者には2通りの人間しかいない事実。本当に多いのは、ひたすら過去の栄光をアピールしまくる40代。その手のタイプは要点がどこにあるのか分からず、更に話が長い。

ごく少数ですが、我々の利益を絡めてアピールするタイプの転職者と遭遇すると、「こいつはデキるな」って直感していまいます。

面接を提案営業に例えて実行すると上手くいく

OY151013249932_TP_V 採用側の利益を考えてPRすると40代でも面接は上手くいくという話

面接は営業活動に例えるならば、対面版売に似ていますが実際にはそこですぐに商品が売れるわけではありません。2度、3度と面接を繰り返し、その度に本当に会社にとって適切な人材なのかどうかが査定されていきます。

むしろこれは、企業が資材調達などをする場合に、何度か繰り返される商談のプロセスに似ているのではないでしょうか?

現在、多くの企業が商談を合理的かつ着実に進めるために行っている営業手法が、提案営業。

これは相手先が抱えている課題に対し、当社ではこのような提案ができると提案活動を行い販売に結びつける種類の営業手法です。企業は、自社の抱える課題は何かを明確に理解していない場合が多く、その解決策についても漠然としたイメージを持った状態です。

そこに客観的な目線で課題を分析して、的確な解決を確信させるような提案が行われたとしたら、商談成立の可能性が高くなると思いませんか?

商品力そのものは他と横並びであったとしても、顧客企業での活用法を加えて提案し、効果を約束することにより、提案をしない他の競合商品よりも優先的に検討されることになるでしょう。

転職における面接は自分をアピールできる最大のチャンス

OY151013249932_TP_V 採用側の利益を考えてPRすると40代でも面接は上手くいくという話

ビジネスの世界においては、大企業の情報システム部門などには絶えず複数の提案が持ち込まれており、提案能力がない場合はほとんど契約まで至ることができません。

しかし、転職市場の場合は、求職の時点で提案を行う応募者はごくまれで、ほとんどの40代以降の転職者はそのような活動方法は想像すらしたことがありません。

私は、総務人事をやっていた経験から、面接の機会は求職者・企業側共に、お互いに相手を知ることができる大切な機会だと考えてきました。

多くの求職者の方は、面接を自分を知ってもらう場として認識しています。しかし、私が提唱していることは、その場を利用して企業側に2つの逆質問を行います。

それは

  • 今回はどのような人物を採用する予定なのでしょうか?
  • そう思う根拠は何故でしょうか?

という質問です。

この2つの質問に企業側の担当者が答えてくれたのなら、大きなチャンスが到来したと考えてよいでしょう。

40代は逆質問も最大限活用してアピール

OY151013249932_TP_V 採用側の利益を考えてPRすると40代でも面接は上手くいくという話

1つ目のメリットは、その答えに関連して次々に質問していくことで、その場であなたの専門性や能力、考え方のアピールができる場を作り出すことができます

転職本や転職エージェントなどが発行している転職必勝マニュアルにはこのような手法が記載されておらず、通常面接を行う時に企業側はこのような質問が行われることを想定していませんですから、意外性と共に興味を惹かれることが多いと言えます。

2つ目のメリットは、質疑応答の中から企業の本音の求人の狙いが見えてくる可能性。求人の狙いは当然のことながらビジネス上の課題と結びついています。40代は豊富な経験を持っているため、その企業が抱える課題が明確になれば、その課題に対する自分なりの解決策が考えられるのではなでしょうか?

これらの課題は当然のことながら、瞬時に考えて代案を提案するには無理があります。営業活動のなかで商談の際にその場で解決できない課題が出てきたら、案件を持ち帰って検討してから企画書なり提案書という形で再度の商談を持ち込むのが通例。

それと同様に、求人企業の課題を把握したら、面接終了後に企画書の提出を申し込むテクニックもあることを覚えておいてください。

採用側の利益をPRできる40代は上手くいく話まとめ

今回も最後に要点をまとめますので参考にしてください。

  • 客観的な目線で課題を分析して、的確な解決策を提言
  • 企業の本音を探る
  • さりげなく自己アピール

転職支援をしている斉藤でした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう