「 何100通もの履歴書類を送っても、どこからも相手にもしてもらえない! 」とお嘆きのそこのあなた!

20代や30代と同じ履歴書で戦おうと思っていませんか?条件の良い他の応募者と同じ土俵で戦おうなどと思っていませんか?年齢条件や経歴などの不利な条件をかかえる中高年はゲリラ戦法で転職活動すべきって知らなかったというんですか?

私自身、40代でリストラされて転職活動を開始した当初は、それはもう惨憺たる結果に終わりましたよ。ええ、私もごく一般的な40代以降の転職マニュアルに従って行動していたのですから。ハローワークに行けば「 紹介できる総務職はない 」と言われ、転職エージェントに登録しようものなら「 転職歴が多すぎる! 」と馬鹿にされ、頼みの綱の転職サイトも「 お見送りメール 」が怒涛の如く返ってくる有様。

繰り返しになってしまいますが、40代以降の転職においては、これまでの職務経歴を詳細に羅列しただけでは、採用担当者へのアピールにはなりません。40代の転職では、長期に渡る職務経歴があります。そのなかから応募企業へのアピール材料を見つけるために、職務経歴の棚卸をしっかりと行うべきです。

失敗事例を含んだ経歴書はアピールできる

職務経歴の棚卸では、直接携わった職務経歴だけではなく、実績や評価なども併せて記載してください。私の経験から、成功した事例よりも、失敗した事例のほうが、その時の対応や解決方法などについて面接での強いアピール材料となります。

いつの時代になっても、人は汗や涙といった感情に感動を覚えてしまいます。それを利用し戦うことなく前に進めばよいのです。これはデータでは伝達しきれない感情を表現して書類突破を狙っていこうという考えです。

書類選考は一般的に見て「 データ戦 」です。年齢条件や経歴などで、他の応募者に比べて劣っている場合には、条件の良い他の応募者と同様の書類を、いかに美しくプレゼンできるよう作成したとしても採用に結びつくことはありません。このデータ戦に真っ向から挑んでも勝ち目がない場合、データの悪さをカバーしても足りるほどの特徴をアピールして「 共感 」を利用した別次元の戦いに変えていけばいいだけの話です。

これまでに培った職務経験が、あなたの財産であり、応募企業でアピールできる材料です。あなたの売りとなる強みを見つけるために、職務の棚卸は手間暇を惜しまず、じっくり行っていただきたい。職務履歴の棚卸をしっかり行うことで、応募企業ごとにアピールする材料を棚卸したものから正確に抽出することができます。

そうすることによって、それぞれの応募企業が求める人材と合致する職務経歴書を作成することができるんです。

48ef371654f38aba007707b7e7e8c620_s 40代中高年は職務履歴の棚卸で20代に差をつけろ!

職務履歴書はあなた自身のカタログだと自覚すること

職務経歴書が、あなた自身の職務経歴をアピールするためのカタログだと考えてみると、書類作成に身が入るのではないでしょうか?採用担当者とういう顧客に、職務経歴書と言うカタログで、あなたという商品を売り込むのです。我々が普段目にするカタログは、顧客が興味を持ち、商品を購入するよう工夫されていますよね?

職務履歴書もカタログと同様に、採用担当者に欲しい人材だと思わせることが大切なのです。しっかりと棚卸をした内容を職務経歴書に落し込むための、ワークシートをあわせて活用し、あなたの強みを売り込むための職務経歴書を作成していただきたい。

まず、職務経歴書の先頭に、200字から300字位の文字数で経歴要約をアピールしてください。いきなり、職務経歴を羅列していくのではなく、これまでの職務経験のなかから応募企業で特に発揮できる強みを抽出して、記載してみてください。

一般的に、採用担当者は先頭から職務経歴書を読んでいきます。それゆえに、先頭に最も興味を引くキャッチフレーズが記載されていれば、この人物の詳細について、実際に会ってもっと知りたいと思ってもらえます。職務要約はこれまで携わった経歴を記載するのではなく、企業が欲しがる職務経験をアピールして記載するように心がけてください。

職務要約は、いわば雑誌の見出しの部分に該当します。読者に見出しで興味を持たせて、本文に引き込むのと同様に、経歴要約で採用担当者に自社で求める人物と合致するとイメージを持たせることが大切です。職務経歴書で是非会ってみたいと思わせることができなければ、面接に進むことは絶望的になるでしょう。


40代中高年は職務履歴の棚卸で20代に差をつけろ!についてまとめてみましたが、いかがでしたか?
では最後に今回の要点をまとめておきますね。

・失敗事例を交えた履歴書類で感情に訴える
・職務履歴書は、自分自身のカタログ

我々なんの取り得もないリストラされた中高年が、次々と転職できていったのは、「 差別化 」を覚えてしまったからです。世間に浸透されていない手法を使えば基本的に、差別化を図れます。今まで悩んでいたのが嘘のように面接に進めるようになりますから、是非試してみてください。転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

スポンサードリンク


48ef371654f38aba007707b7e7e8c620_s 40代中高年は職務履歴の棚卸で20代に差をつけろ!
おすすめの記事