40代転職は攻めの姿勢で成功する

「困ったなぁ、担当のキャリアコンサルタントが全然動かない。俺が社長ならクビだよね」なんて息巻いてる40代がいますが、正直見苦しい限りです。

キャリアコンサルタント任せで、「あなたに合う求人が来たらすぐに紹介」という言葉を鵜呑みにして、1年ほど無駄にした40代も数えきれないぐらい見てきた。人を信じるのは一向に構いませんが、そこまで他人任せにできるのもある意味根性座ってると思う限り。

40代の転職が上手くいかない原因は、転職エージェント任せにして自ら動こうとしないケースがほとんどです。

40代の転職はスカウトを待つだけでは成功しない

MKJ_ryoutedemeishiwowatasu_TP_V 40代転職は自分本位の攻める姿勢でガンガン応募することが成功のキモ

相当の実力があり引く手あまたの人材であれば、転職エージェントや人材紹介会社へ任せっきりにしても転職は可能でしょうが、求人を行えば多くの応募者が集まるような状況において、受け身では何も解決ていきません。

転職エージェントを活用しつつ、自ら積極的に求人情報をチェックし直接郵送応募を行ってください。

転職サイトは、20代を中心とした求人しかないとの思い込みから一切チェックしない40代が必ずいらっしゃいます。若い世代と比べ絶対数は多くありませんが、中には40代を対象とした求人案件が掲載されています。

改正雇用対策法の施行により、原則として募集年齢を掲載できないので、これまでの経験を生かせる企業であれば積極的に応募してみる。ただし、歓迎するスキルや人材が第二新卒歓迎と記載されていたりモデル賃金が20代のものであれば、中高年を求めていない求人だと客観的に見て判断できます。

転職サイトの中には、キャリアシートのWEB履歴書を登録しておくと、企業からグローズドオファーが来る機能がありますよね?

スカウトが来るのは、経験のない不動産の営業職やバスやタクシーの運転手ばかりだと嘆いている40代がいらっしゃいます。しかし、本気で取り組めば未経験でも、活躍できる可能性があるからこそプライベートオファーが届くことを忘れないでください。

40代の転職者は、20代や30代に比べて、経験や年齢の重みがあり営業担当者として信頼性があるということも強みの一つとなり得ます。

最初からできない合わないと考えるのではなく、興味を持ってくれる企業があれば、話を聞く姿勢を持っていても損にはなりません。不採用になるのが嫌で応募を躊躇する方がいらっしゃいますが、いくら待っても良い結果は生まれません。厳しい雇用情勢であれば、不採用になるのは、あなただけではありません。

不採用になった原因を考えて、対策を講じることは大切。しかし、企業が求める人材とマッチングしないケースはいくらでもあります。

自ら企業を見つけて応募する攻めの転職活動が必要

MKJ_ryoutedemeishiwowatasu_TP_V 40代転職は自分本位の攻める姿勢でガンガン応募することが成功のキモ

不採用になることを恐れず、前に突き進んでください。

私の元を訪れる40代中高年は、転職活動が上手くいかず、毎日転職サイトをただ見てるだけが目的となってしまった。ハローワークに毎日通っているが、求人を閲覧することなく通うことが日課になってしまったというケースさえ珍しくありません。

落ち込む気持ちは理解できますが、見ているだけ通っているだけでは何も変わりません。

待ちの姿勢ではなく、あきらめず攻めの転職活動を行うことが、あなたを必要とする会社を見つける唯一の方法。これだと思う企業との出会いが、転職活動のスタートライン。多くの求人情報の中から、自分に合う会社かどうかを見極めていきましょう。

求人情報を小まめにチェックすることはもちろんですが、漠然とした気持ちではなく、「なるべき自分」を見出せるかという視点で読むと、自分に合う会社が見えてきます。

転職サイトの情報をこまめにチェックしてみる

MKJ_ryoutedemeishiwowatasu_TP_V 40代転職は自分本位の攻める姿勢でガンガン応募することが成功のキモ

まずは、転職サイトの情報をチェックしてみましょう。

リクナビNEXTやマイナビ転職、DODAなどの転職サイトに登録し、興味があり自分に合う企業情報を見つけ出して、躊躇せず応募しまくってください。

転職サイトの特徴は、キャリアシートと呼ばれるWEB履歴書を作成してしまえば、在職中の方でも時間帯に関係なくWEB上から応募でき非常に便利。応募企業ごとにWEB履歴書を見直す必要があるものの、一度作成して登録しておけば、新たに作成し直す必要もありませんの。

興味ある複数の企業へ容易に応募可能ですね。

また転職サイトの中には、中高年を積極採用する企業の特集が組まれることがあったり、キャリアシートに興味を持った企業からスカウトを受ける機能も備わっています。

またインターネット上で「40代 転職」と検索すると、40代向けの求人情報や中高年に強い転職サイトを見つけることができます。

40代の転職支援をしている管理人からアドバイス

MKJ_ryoutedemeishiwowatasu_TP_V 40代転職は自分本位の攻める姿勢でガンガン応募することが成功のキモ

企業の立場になって、メリットをちゃんとアピールできれば内定がグッと近くなりますね。まぁ、企業のメリットなんて、売上げをあげることか経費を抑えることだから、そういうキーワードを絡めてアピールしていくのがいいですよね。

40代は、今すぐ転職する気がなくても万が一の場合に備えて、転職サイトに登録して、企業が求めるメリットはどんなものか研究しておくべきです。

気になる求人情報を把握しておくだけでも転職という選択肢が増え、私のようにストレスや疲労感が限界に達して鬱病になってしまう前に行動に移せます。

基本的に転職サイトは全て無料ですし、あなたの希望条件に見合った求人や、職歴にマッチした新着求人が届く仕組みになっています。

転職サイトに登録したら、ウザいメールや勧誘が来る躊躇しておられる方が多いですが、それも「メールを受信しない」設定にしておけばいいんですよ。

その他は最新の業界情報を提供してくれるだけなんだから得しかなりません。

しかも、転職エージェントと違って「お仕事を紹介するので面談にお越しください」なんて面倒な電話もかかってこない。一度だけ面倒な職務履歴書類を登録しておくだけで、企業の採用担当者から直接スカウトメールが来るんですよ。本当に完全ほったらかしで、面接確約のスカウトメールが来ちゃう。

その他、無料の性格診断や自己分析ツールが充実していて、使わない手はないんじゃない?適正年収と需要を把握しておけば、転職エージェントやハローワークで「あなたの希望年収に見合う求人はない」なんて言われても全然怖くない。

「あなた達が知らないだけで、探せばいくらでも求人はあるんだぜ。」ってなっちゃう。

あわせて読みたい

転職は攻める姿勢で行うことが成功への第一歩

では、最後に今回の要点をまとめておきます。

  • 紹介や転職サイトのスカウトを待っているだけではダメ
  • 自ら企業を見つけ出し直接応募する

自分に合いそうな求人を見つけたら、迷うことなく応募してみてください。ダメで元々です、自分を信じ前を向いて進みましょう。

転職支援をしている斉藤でした。

当サイトいち押し!
同じ苦労を重ねたか私だからこそリクナビNEXTをお勧めします MKJ_ryoutedemeishiwowatasu_TP_V 40代転職は自分本位の攻める姿勢でガンガン応募することが成功のキモ
関連キーワード
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう