「 自分には、アピールできる材料や資格がないので、転職活動がうまくいかない 」と嘆いている40代中高年が実に多いです。

しかし、アピールできるものが全くないというは本当でしょうか?私が転職支援をしていて感じることは、多くの40代が過去の経験は語れても、汎用できる強みとしてアピールできていないという事実です。

40代以降の転職では、実務能力だけではなく、採用担当者を納得させるプレゼン能力が採否のポイントです。履歴書・職経歴書・面接の全てが応募先企業へのプレゼンテーションの場であるということを覚えておかなければ、40代の転職は失敗してしまいます。

40代は、欲しいと思わせるプレゼン技術があればよい

転職活動において、適性検査や筆記試験を行う企業が少しづつ増えてきているものの、未だ多くの企業で点数では表しにくい応募書類や面接で採否の判断を行っているのが現状です。つまり、採用担当者が好感を持つプレゼンテーションを行う技術を覚えてしまえば、採用される可能性がぐっと高まってきます。

転職支援をする中で、これまでの経験を漠然と伝えることしかできなかった方が、応募書類や面接を通じて採用担当者にプレゼンする姿勢を学ぶことによって、今までとは比べ物にならないぐらい良い結果を出されています。

クライアントがぜひ欲しい、自社で取り入れたいとイメージさせる構成で行われる商品や企画のプレゼント同様に、40代以降の転職においても、応募者自身の履歴書、職務経歴書、面接を通じてどのようなプレゼンをしたらいいのかよく考えてみてはどうでしょうか?

40代以降の転職においては、豊富な経験のうち、何を最優先に伝えるべきかを考えておくことも非常に重要です。書類選考においては、まず採用担当者は書かれている内容から応募者の職務経験や人物像をイメージしていきます。また面接時には、応募者の回答や態度、表情から自社にふさわしい人材かどうかをチェックしていきます。

企業が欲しいと考えている人材とマッチングすることを、応募者自身がプレゼンしなければ採用担当者の心は動きません。ゆえに、これまで全ての職務経歴を、採用担当者に伝えればいいというわけではありません。

Green9_flo20141123175723_TP_V 40代転職が成功する鍵は自分自身をプレゼンする技術

40代は、具体的な経験に基づいてプレゼンする

採用担当者の気持ちを引き寄せるためには、企業が必要としているスキルや経験を自分は持っていて、その経験を生かして応募企業に貢献できる、ということを採用担当者にイメージさせなければなりません。

企業にとって採用とは、億単位の商品を購入するのと同じ感覚だということを理解するべきでしょう。年収500万で40歳から65歳まで25年間勤務すれば、1億円以上の人件費になってしまいます。それゆえ、採用担当者にとって採用の失敗は致命傷にもなりかねません。採用後、確実に能力を発揮できるという確証が必要なのです。

採用担当者に間違いのない人物だと確証させるためには、使える人物なのか使えない人物なのかを考えさせるのではなく、応募者が自分自身をプレゼンすることによって、活躍する人物であることを理解してもらうことが重要になってきます。

特に長年勤務してきた方は仕事に大きな変化がなく、自分のスキルや経験について深く考える機会がなかったのかもしれません。しかし、これまで会社から給料をもらい、仕事をしてきたわけですから、誰でも培ってきた職務能力はあるはずでしょう

40代のアピールできる強みは必ず存在する

繰り返しになりますが、40代以降の転職において、応募企業で発揮できる能力を採用担当者に理解してもらえなければ、採用には至ることはあり得ません。自分自身を見つめなおして、他社で通用する仕事の強みを考える必要があるのではないでしょうか?

Green9_flo20141123175723_TP_V 40代転職が成功する鍵は自分自身をプレゼンする技術

アピールできる材料がないと思っている40代は、これまで経験してきた職務経験をただ漠然と伝えるだけであるため、採用担当者が興味を持つことはありません。厳しい言い方になりますが、「 できることなら採用してください 」というスタンスでは一生採用されることはありません。

昨年、私が転職支援をした40代後半の男性は、営業経験一筋でやってこられていましたが、どうしても総務職に就きたいとの希望がおありでした。彼が希望するとある応募先の社団法人では総務職として勉強会の運営スキルが求められていました。

当初は私も彼も経験がないため内定は難しいだろうとあきらめていましたが、彼には社内の勉強会や他社との交流会を開催した経験があり、加えて応募企業のセミナーにも参加したこともあるという事実が判明したため、面接時に是非アピールするべきだとアドバイスしたところ、見事内定をもらうことができました。

他社で汎用できる強みを職務経歴から掘り起こす

40代以降の転職者が、自分の経験なんてたいしたことはないと謙遜していては、絶対に採用されません。40代だからこそ、豊富な職務経験から他社で汎用できる強みを整理して積極的にアピールすることができます。これまでの職務経験をどのように自社で生かせるかを採用担当者にイメージさせるのではなく、応募者自らがこれまでの経験から活かせる部分を掘り出して、積極的に伝えることが必要になってきます。

逆に、応募者がいくら素晴らしい強みだと考えていても、時代や社会に即したものでなければ興味を持ってもらえません。それでは、さまざまな募集要項の歓迎スキルをチェックしてみましょう!これまでの自分の職務経歴と合致すれば、それこそが他社でも汎用性のある職務ということになりますよ。


40代転職が成功する鍵は自分自身をプレゼンする技術についてまとめてみましたが、いかがでしたか?
それでは、最後に要点をまとめておきます。

・欲しいと思わせるプレゼンを身につければ、転職は怖くない
・プレゼンは過去の具体的な出来事に絡めて行う
・誰にでもアピールできる材料は必ずある

それでもアピールできる材料がないと嘆いているコンサル生がたまにいますが、本当にサラリーマン人生の中で何かに打ち込んだ経験はないものでしょうか?新卒で入ったころと今を比べて成長できている点はないのでしょうか?きっとご本人が気づいていないだけで、ネタはいくらでも出てくるものですよ。華々しいものでないくていいんです。是非思い出してみてくださいね。転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

スポンサードリンク


Green9_flo20141123175723_TP_V 40代転職が成功する鍵は自分自身をプレゼンする技術

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事