パソナキャリア

職務履歴書に自信がない40代なら断然オススメ
・女性の転職を強力にサポート
・業界・職種別のチーム体制で転職者をサポート
・初めての転職を丁寧にサポート

「 職務履歴書の書き方って色々あるけれど、どれが正解なのか誰か教えてよ 」って真剣に悩んでいる40代の転職者はほんとうに多いです。オーソドックスに編年体なのか?それとも逆編年体?職能式ってのもあるけれど、自分の場合どれが一番ベストなのか、書類選考を通過するにはどれがイイのか、そこを教えてくれるサイトや書籍は案外少ないものです。

分からないまま転職活動を続けると大変な結果に…

中高年の転職市場において、「 書類さえも通らない 」となげく声をよく聞きます。書類が通らない理由を少しだけ説明しましょう。

ご存知の通り、転職活動には履歴書と職務経歴書と呼ばれる書類が必要です。これらはもちろん転職者の「 主観 」で書くわけですが、中高年サラリーマンは「 どんな会社で、何の仕事をするのか 」に合わせて、履歴書や職務経歴書を調整していないから書類審査に通らないのです。

もうひとつ書類関係で誤解している人が多いのですが、客観性がまったくない事項を書き連ねることです。「 私は意外と若く見られます 」「 趣味はマラソンで体力もあります 」などが具体例です。主観的過ぎて、根拠に乏しい事項ばかり書いてある履歴書は、他人からしたら見苦しいものです。

さらに失敗してしまう具体例を挙げておきますが

・小学生のときに獲った賞を堂々とアピール
・土日は少年野球のコーチをしていますと堂々とアピール
「 転勤不可 」「 通勤1時間以内 」と堂々とアピール

上記に加え、誤字脱字、和暦と西暦が混同しているなど、結構こういう40代が多いですね。幹部候補としての採用を検討中なのに、これででは落されても文句は言えません。

YKAKU6599_TP_V パソナキャリア

40代の転職エージェント攻略!今すぐ始めよう!3つの対策

転職エージェントを攻略して内定を勝ち取るため最も重要なことは、当労苦者であるあなたの存在が埋もれてしまうことを全力で阻止しなければならないことです。その他

・マンツーマンで内定後までサポートしてもらえるエージェント
・求人の紹介から、面接、選考、合否判定までがスピーディなエージェント
・40代以降の中高年もサポート対象としているエージェント

なのかを見極める必要があります。

私がリクルートエージェントの次におすすめしたいのが、パソナキャリアです。転職支援実績は累計25万件以上、業界トップクラスの豊富な求人は常時30,000件以上あり、日本で第2位をキープし続けています。また創業40周年を迎えるパソナグループでは、創業時から女性の就労支援をおこなってきたため、女性の転職に非常に強いエージェントです。

女性の転職支援実績はリクルートエージェントよりも多いのではないでしょうか?

長期的に活躍していきたい方、専門スキルを伸ばしていきたい方、これから管理職に挑戦していきたい方など、自立したい働き方を実現できるキャリアパスを一緒に探してくれます。実際に転職した方からの情報も含め、求人票だけではわからない有益な情報を提供してくれます。

業界・職種別のチーム体制で転職者を強力にバックアップ

転職活動の第一関門は書類選考を通過することです。そのためには、採用担当者に「 会いたい 」と思わせる応募書類を作成しなければならないのですが、それがなかなかできないから40代の転職者は挫折して絶望しまうものです。

パソナキャリアは1976年当初から人材派遣事業を展開してきたノウハウと実績があるため、履歴書や職務履歴書のブラシアップには定評があります。応募書類は、転職者と企業が最初に接点を持つツールです。複数の候補者が応募してくることも想定したうえで、採用企業のニーズに合った応募書類をマンツーマンで作成していきましょう。

また、初めての転職ならではの不安や疑問を解消できるように、転職活動のやり方や自己PRの仕方などを、40代であっても丁寧にサポートしてくれます。無料登録して面談に行った際には、転職活動のノウハウがつまった「 転職必須ガイドブック 」がもらえます。

YKAKU6599_TP_V パソナキャリア

キャリアアドバイザーと良好な関係を築くことが最大のキモ

転職エージェントから求人情報を大量に入手するためには、普段からキャリアアドバイザーと良好な関係を築いておくことを強くオススメします。無料登録したら必ず直接会って名刺をもらってください。そして直接思いをぶつけてみるべです。会ってくれたキャリアアドバイザーは、その日からもう顔なじみです。

キャリアアドバイザーとの良好な関係を保つためには、求人紹介の連絡がなくても1週間に1度はこちらから連絡を入れるべきです。

直接話したことがある登録者は印象が違うらしく、求人企業の希望とは少し異なる人物像でも、案件が発生すれば「 あの人に挑戦してもらう 」という気になると言います。

実際、40代向けの求人案件が入ったら強力に後押ししてくれます。それまであまり気乗りしない様子だったとしてもです。私は、キャリアアドバイザーに「 4月まで絶対入社したい! 」との思いをぶつけ、関西にある中小企業に入社することができました。

YKAKU6599_TP_V パソナキャリア YKAKU6599_TP_V パソナキャリア YKAKU6599_TP_V パソナキャリア

スポンサードリンク


YKAKU6599_TP_V パソナキャリア

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事