「 営業職と違い、事務系の職種って数値で表現できないから不利だよね 」と嘆いておられる40代事務系の転職者の嘆きが聞こえてきます。

事務系のお仕事は、企業ごとに独自のものが多く、専門分野の経験と知識について、苦労したことや改善したことなどをアピールしても分かってもらえないのが現状です。

私自身も、40代でリストラされて転職活動した際、専門分野で苦労したことや改善したことについて積極的にアピールしましたが、なかなか分かってもらえず悔しい思いをしました。今でこそ分かることですが「 企業文化が違い過ぎて分からない 」ことは多々あります。

事務系の面接では、総務、人事、経理、経営企画、商品企画等、専門分野の経験と知識について質問をされることが多いです40代以降の未経験者が正社員として採用されることは、まずあり得ない職種ですが、同一業界としての経験があり、必要なスキルがあれば十分チャンスはあり得ます。

総務や人事のどのような40代の職務履歴が採用に至るのか?

OY151013131157_TP_V 40代の事務系はどのような職務履歴が採用されるのか考えてみた結果

事務系では、新設した会社であれば新規に部門を立ち上げることがあるものの、通常は既存社員の欠員募集が多いため、即戦力として活躍できることを示す必要が出てきます。

面接では、これまでの実務経験を生かすことだけではなく、応募企業の業界や社風について事前に調べておくべきです。1次面接では、求められる職務履歴について見極められますが、面接が進むにつれて、自社の経営方針や社風が求める人材と合致するかが、採否のポイントとなります。

同一業界における経験や期待される職務について経験が豊富であることを、謙遜せずにアピールしていく必要があります。40代以降の転職者では、部下の育成等、管理経験も採否の重要なポイントになるのです。

事務系では、プロパー社員とうまくやっていける人材かどうかも見極められるため、良好な人間関係を構築できることもアピールしていくと良いでしょう。


人事として誇れることは何かありますか?
前職では採用業務から給与計算まで、人事職全般に携わりました。通常、大卒採用では3年間で3割が退職する中で、新卒新入社員の定着率を90%以上に引き上げました。これは私のキャリアで誇れる経験です。また入社後の新入社員研修や配属後も配属部署と連携し、親身にサポートしてきた結果だと考えています。
いくつもの誇れることを示しても、面接官の記憶には残りません。応募企業でも生かせる職種について、自慢話にならない程度にアピールしてください。

商品企画としての強みをアピールしてください。
前職では、食品会社で営業を3年間経験した後、製造部門を経験した後商品企画職に就きました。一見遠回りしたように思われるかもしれませんが、営業と製造部門双方を理解していることで、顧客のニーズに応じられるヒット商品の企画ができたと自負しています。
2次質問として、ヒット商品の売上実績や工夫改善しtことなど、具体的な数値や手法について追い質問されますので、事前に準備しておきましょう。

IT系の40代職務履歴はどうすれば採用されるのか?

OY151013131157_TP_V 40代の事務系はどのような職務履歴が採用されるのか考えてみた結果

一方、技術系も様々な職種がありますが、システムエンジニアやWebデザイナーなどのIT系の転職では、技術力と共に指導力、管理力、監督力といったディレクション経験などの、豊富な経験や管理能力が求められます。

特別な技術力があれば、管理経験がなくても採用されるのですが、20代や30代と変わらない技術力であれば、年齢の若い応募者を採用しますので、積極的にディレクション経験についてアピールしていただきたい。

記述系の研究職では、募集要項に使用する検査機器や研究内容が記載されていますので、関連する経験は強調して説明していきましょう。経験がない場合でも、自ら取得することや関連する職種に携わっている人に確認をしたうえで、面接に挑むべきです。

技術者のなかには、実力があるにもかかわらず謙遜して回答する人がいらっしゃいますが、面接官に伝えなければ、内定に至ることはありません。これまでの成果を職務経歴書とは別の書面で持参する方法も強烈なアピールに繋がります。目標としている技術者としてのビジョンが応募企業で達成できることも併せてアピールしていきましょう。


技術者としての強みは何ですか?
Webデザイナーとして、デザイン業務だけでなく、顧客との打ち合わせやメンバーの指導等のディレクション業務まで経験したことです。前職でもアパレル業界の作品を多く手掛けていますので、貴社におきましても顧客の期待に沿うWebデザインを製作できると考えています。
応募企業で求められている技術者を想定したうえで、関連する経験を生かして戦力になれることをアピールしましょう。ディレクション経験もアピール材料になります。

将来の部門異動についてどのようにお考えですか?
これまでの経験だけでなく、柔軟な姿勢で貢献していきたいと考えております。技術を極めたい気持ちもあるのですが、技術部門だけでなく貴社でお役に立てることでしたら、どんなことでも積極的にチャレンジしていきたいと考えています。
面接官が求めていることを考えたうえで、回答していきましょう。技術者が営業部門へ異動になることも珍しくありませんので、このような質問には、フレキシブルに対応できる記述者として回答していきましょう。

事務系はどのような職務履歴が採用されるのか考えてみた結果まとめ

それでは、最後に今回の要点をまとめておきますね。

 OY151013131157_TP_V 40代の事務系はどのような職務履歴が採用されるのか考えてみた結果 総務や人事などの事務系は良好な人間関係を構築できることをアピール
 OY151013131157_TP_V 40代の事務系はどのような職務履歴が採用されるのか考えてみた結果 IT系は技術力と共に指導力や監督経験など豊富な経験や管理能力が求められる

事務系の職種は「 企業文化の違い 」があるため、なかなか思うように言いたいことが伝わらないと思いますが、必ず共感してくれる企業が現れますよ。自分を信じて前に進むのみです。転職支援をしている斉藤でした。

スポンサードリンク


OY151013131157_TP_V 40代の事務系はどのような職務履歴が採用されるのか考えてみた結果

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事