「 俺には華々しい経歴もないし、何をアピールしろってんだよ 」と半ば自虐的になっている40代の中高年をインターネットの掲示板上で。よく見かけます。

確かに、履歴書類を作るだけでも一苦労なのに、その上自己PRだの志望動機だの、考えるだけでいくら時間があっても足りません。

40代以降の転職においては、自社で求める経験やスキルがあるかどうかが採否のポイントになってきます。採用担当者はそれらを職務履歴書から見極めます。特に、40代以降の転職者は長い職務経験があるため、職務履歴書を作成するうえで、どこを強調してアピールすべきか考える必要があります。

職務履歴書は差別化できる貴重な書類

職務履歴書は、応募企業から指定がない限り、記載方法にはっきりした決まりは存在しません。それゆえ、アピール内容によっては他の応募者と差別化ができる貴重な書類です。職務履歴書は、これまで携わってきた職経験を単に羅列すればいいと考える40代が実に多いがただ単に羅列するだけでは、採用担当者は応募者の強みを理解することはありません。

採用担当者は、職務経歴書から、自社でも求める職務能力や経験があるかを見極めていきます。たとえ前職が一流企業であったとしても、応募企業や職種に関係のない職務経験では、興味を持たれることはありません。40代以降の転職では、これまでの実務経験が特に重視されますので、応募企業ではっきできる職務能力や経験を中心にアピールしてください。

TRTM9713_TP_V 採用担当者は40代職務経歴書のどこに注目するのか?

職務履歴だけでなく志望動機や自己PRも重要なポイント

また、採用担当者が見ているのは職務経験だけではありません。志望動機や自己PRなどから、仕事への熱意やスタンスを読み取ることができるのです。特に、技術職の転職者は、これまで携わっていた職務を延々と羅列する方が多いのですが、その中でも工夫したことや改善できたことをなど、実際に活躍する姿がイメージできる内容にすることで、興味を持ってもらえます。

職務経歴書から見極めていることの一つに、組織適応能力があります。特に、40代において自己都合で退職した場合は「 人間関係が嫌だから 」退職したのではなく、「 〇〇がやりたいから 」退職したというポジティブな退職理由を記載するよう心がけてください。

前職を辞めた理由が、同僚や上司とうまくいかないなどの人間関係によるものであれば、自社においても同様の問題が起きるのではないかと考えてしまうのは当然でしょう。

採用担当者は、職務履歴書からどのように貢献できる人材化を見極めるため、40代中高年は貴社で発揮できる強みを示す根拠を記載してください。発揮できる強みが思い浮かばなければ、応募してみてもよい結果には至らないと考えるべきです。職務経歴書を作成するうえで、常に発揮できる強みを意識して記載していくことを強くお勧めします。

採用担当者は、職務履歴書から多くの内容を読み取っています。熱意を示すために長文で長々と書いてきたり、詳しく記載しすぎないように注意しなければなりません。多くの職務経歴書を読まなければならない採用担当者の立場になって記載することが最も大切です。

TRTM9713_TP_V 採用担当者は40代職務経歴書のどこに注目するのか?

40代以降は職務経歴書が3枚以上になると絶望的

40代になると、どうしても職務履歴が多くなってしまいますが、職務履歴書は通常2枚以内に収めるのがベストだと考えています。ごく稀に、職務履歴書を4枚、5枚と提出される40代がいらっしゃいます。採用されたいがあまり、20年余りのサラリーマン人生の全てを詳細にアピールされる方がいらっしゃいますが、はっきりいって逆効果です。

応募企業にアピールしたい職務経験を強調し、そうでない部分は簡潔に記載するようにしましょう。見出しなどを使うのも有効です。1つの見出しにつき、100文字から150文字程度にまとめるようにしてください。内容はもちろん大切ですが、採用担当者が読みやすい文字数や見せ方を工夫することが大切です。

技術職の40代で研究内容などを詳細に記載するため、職務経歴書の枚数が増えてしまう場合は、別紙で添付するべきでしょう。作品や制作物は面接時に持参し、提出することも可能ですので、職務経歴書が膨大な枚数にならないように心がけてください。

TRTM9713_TP_V 採用担当者は40代職務経歴書のどこに注目するのか?

職務経歴書をカスタマイズせず使いまわす40代も絶望的

職務履歴書を修正せず、使いまわしている中高年がいらっしゃいますが、応募企業ごとに求められている職務能力は微妙に違います。それぞれの応募企業が求めている職務能力を分析したうえで、これまでの職務経験と合致する部分を強調して記載しなければ、採用担当者の興味を引くことはできないと考えてください。

職務経歴書は応募企業ごとにカスタマイズして作成すべきでしょう。

社会人として当然のことになりますが、職務経歴書は企業に提出する正式文書です。偽りの内容を記載するのはもっての外です。

誤字脱字はもちろんのこと、入社・退社年月日に注意してください。短期間で辞めた会社を記載したくないという中高年がいらっしゃいますが、職務履歴書に書く書かないは本人の自由です。試用期間内での退職について、基本的に3か月以内の退職であれば、職務経歴書に記載する必要はないと、私は考えています。

ただし、ブランク期間について面接で質問を受け、偽りの回答をすれば偽称に該当しますので、原則としては正直に記載すべきですね。


採用担当者は40代職務経歴書のどこに注目するのか?についてまとめてみましたが、いかがでしたか?
では最後に今回の要点をまとめておきますので、参考にしてください。

・職務履歴書は差別化できる重要な書類
・志望動機や自己PRも重要なポイント
・職務履歴書を使いまわす40代は絶望的

履歴書類の作成は、気合を入れても1時間2時間とかかってしまうので、ついつい手抜きしたくなりますよね。ですが、そこはグッと堪えて、まだ見ぬ次の職場像を描きながら頑張ってみてください。転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

スポンサードリンク


TRTM9713_TP_V 採用担当者は40代職務経歴書のどこに注目するのか?
おすすめの記事