40歳代の我々は 「 頑張ってあたりまえ 」と世間から思われがちだ。もちろん自分自身も、今が働き盛りと思っているから否定するつもりもない。

うつ病は、現代社会においておおよそ10人にひとりがかかるといういうデータがある。中でも、勤め先や家庭での責任が重くのしかかる40歳代からから50歳代のサラリーマンにとって、ごく身近にある脅威として浸透しているようだ。しかしながら、実際にうつ病は脅威なのだろうか?

総務職についていると社内でうつ病にかかった社員を預かる、いわゆる「 総務預かり 」という建て前を何度も経験してきた。もちろん自分自身、うつ病は経験済だ。どうしても周りの雰囲気に敏感な私は、幾度となくこの病気と闘ってきた。最近はひどい「 転職うつ 」に悩まされた。

ケガなどの外傷と違って、本人の意思に関係なくなってしまうのが怖いところ。私が最も恐ろしいと感じるところは、治したくてもなかなか治らないということだ。

うつ病は経験した人間にしか分からない

うつ病を経験し、そこから無事に復帰した人達は「 今日までがむしゃらに働いてきたけれど、うつ病によって立ち止まってしまうことで、人生をがらりと変えることができた 」と共通してそんな風に語る。誰もいない席に座り、外の風景を眺めていれば、「 今日は職場に行かず冒険に出てみよう 」とか、「 この駅で降りて散策してみよう 」というような気持ちになることもあるであろう。

うつ病は人生を考え直す、1つのキッカケになりうるとも言えてしまう。

言うまでも無く、時に死に至ることもあるうつ病は、決して馬鹿にしてはならない病気です。だからと言って、うつ病を乗り越え、それから何かしらを吸収することは出来るのではないか。<うつ病を契機として社会との繋がりを見直し、脱サラを成し遂げた友だちに話を聞いてみた。

刈谷君43歳は、どちらかと言うとおっとりしている感じの友人だ。高校・大学時代からの間柄だが、朗らかで頼り甲斐があって、仲間内でもリーダー的な存在でした。そんな訳で、その彼から「 うつ病らしき症状で悩んできた 」と明らかにされたときは、正直どうしていいのか分からなかった。

最初に現われた症状は不眠だったという。うつ病の人に必ずと言っていいほど現れる不調だ。なかなか眠れない入眠障害と、夜中に目覚めたりして安眠感を得られない安眠障害、寝ている途中で夢から覚めてしまう早朝覚醒が代表格だ。うつ病では特に入眠障害と安眠障害が多いと言われている。

67c7774099088531a074c527091fd764_s 43歳の私がうつ病になって仕事を辞めたリアルを正直に話します

自分は必要とされていないと錯覚してしまう

さらに刈谷君の場合、寝付けない夜中に苦しみ悶えるうち、別に理由もなく「 自分なんて世の中から消えてしまったほうがいいのではないか 」と考えるようになってしまったという。専門家はそうしたロジックを自殺念慮と呼び、うつ病の人が持ちやすいと警鐘を鳴らす。

そのほかメンタル的に、行く末に絶望したり、無駄に罪の意識を持ったり、怒りがこみ上げてきたり、または思考力ややる気を失ったり、といった症状がよくあるパターン。

実は、それ程深刻な状況ではなかったという。辛かったのはほんの1ヵ月くらで、休職に至った訳でもない。彼はあっけらかんと言うが、言い換えればと、その当時の状態はそれほど容易ではなかったことがわかってきた。病の原因は、どうやらもっと奥深いところにあるようなのです。

刈谷君は私と同い年の43歳。2児のパパだ。地元の私立大学を卒業後、大手アパレルメーカーで働いてきた。「 仕事はやりがいがあったよ。斉藤と同じで総務人事や経理部門といった、事務畑を大方経験してきたことで人、モノ、カネの流れが確実に見えてきたからね 」

営業として海外に出て、バリバリ交渉事をしているときは、世界中を駆け巡るまるで映画の主人公のような興奮を覚えることもあったという。ずっと関わりを持ってきたプロジェクトが形になったときの達成感が今での忘れられないという。俺は時代の一番先にいる、そんなプライドやまわりとの連帯感は、未来へのエネルギーにつながっていたという。

けれども、いつ頃からか何かが音を立てて崩れ去ってしまった、と彼はいう。

67c7774099088531a074c527091fd764_s 43歳の私がうつ病になって仕事を辞めたリアルを正直に話します

キッカケはほんの些細な出来事

思い返せば、これらの引き金は2005年だった。今でも忘れることがないJR福知山線脱線事故の年、賞与が一気に減少してしまったのだという。夏のボーナスで90万円弱という、破格な額面を得て一緒に大喜びしたのは、ちょうどその前年のことだった。それは彼のサラリーマン人生において最高の賞与額だった。さすがに、給与まで削られることはなかったが、賞与の激減は生活を直撃してしまった。

それまでは同僚達と、週末ともなればちょっと一杯やっていくかと三宮の街へ繰り出していたという。それが、そんな雰囲気もいつのまにかなくなってしまい、みんな声もかけずに我先へと帰宅するようになっていった。「 同僚はみんなローンなんかで台所事情が厳しかったと思うけど、飲み会は普段のウサを晴らすための大事な場だからね。そういう場がなくなってしまったのは悲しいことだったよ 」

それから3年後、大規模な人員削減が始まった。2008年9月アメリカでリーマンショックが発生すると、それまで羽振りがよかったアパレルメーカーは大規模なリストラを始めたという。初回の早期退職者募集で、同期入社仲間が何人か辞めていったという。もちろん優秀な社員達も含まれていたという。2回目、3回目も同様だったという。

残された従業員で会社を支えようとすれば、仕事は自ずからできる社員に集中してしまう。人一倍責任感のつよかった刈谷君は、犠牲者の一人だった。

そんなとき何よりもきついのは、上司がまったく当てにならないことだ。中間管理職がほとんど姿を消し、間近に上長がいなくなるという非常事態。或いは、上長自身、仕事を抱えすぎて、部下の面倒まで見切れなくなってしまう。そうでなければ、定年まで会社に寄生するだけの「 やる気のない上司 」に変貌していく。

こういった場合、上長の仕事や責任まで部下が引き受けることになり、実はそれが極悪パターンだったりする。

たった2、3年前まで確かにあった、社内の絆が消えていく。誰よりも、人情を大切にする刈谷にとって、それはあまりに寂しい現実だったと断言できる。

67c7774099088531a074c527091fd764_s 43歳の私がうつ病になって仕事を辞めたリアルを正直に話します

2010年、人員不足の東京本社への辞令が下りたのは、まさにそんな頃であった。妻子を神戸に残し、単身で都会のど真ん中のマンション暮らしを始めた彼は、最初の不調を自覚した。「 ベットに入ると何故か考えごとをしてしまう。誰にも相談できず一人で抱え込んでいる仕事のことなんかが、ぐるぐる頭の中で回り出す。

同じ考えが永遠頭の中を駆け巡って、『 ヤバイ、このままじゃ眠れない 』って軽いパニック状態になって本当に眠れない 」

誰もいない部屋の中で、因果関係不明な思考はどんどん膨らんでいく。最終的に脳裏に浮かんだのは「 なんでも俺が責任を負わなければならないのか。こんなに苦しいんだったら、いっそ死んでしまおう 」と考えてしまったという。思考は自分の死後のことにまで及んでいったという。

俺が死んだら、家のローンはどうなるんだろう、チャラになるのか?2人の可愛いわが子はどうなってしまうのか?食欲もパタリと止まったという。体重がたった1か月で10キロも激減した。久しぶりに会った刈谷は、今までの自分とは明らかに何かが違うと怯えていた。(続く)


43歳の私がうつ病になって仕事を辞めたリアルを正直に話しますについてまとめてみましたがいかがでしたか?
うつ病は未だ解明されていない部分が多いため、社内で発症者が出ると腫れ物に触るかのような扱いを受け、最終的には転職を余儀なくされてしまいます。うつ病にならないに越したことはありませんが、現代社会においてストレスをため込まないようにするのは至難の業です。

私が預かった4人全員が退職(うち1名は死亡)してしまいました。うつ病が一体どういったものなのか、分からないが故の不当な扱いも見てきました。

今自分自身が同じ状況に置かれて、少し分かったような気がしています。転職支援をしている斉藤でした。

スポンサードリンク


67c7774099088531a074c527091fd764_s 43歳の私がうつ病になって仕事を辞めたリアルを正直に話します
おすすめの記事