40代は不安に打ち勝つために積極的に行動すべし

「転職が思っていたほど上手くいかず失敗だ」と嘆いている40代が、実に多いのにはいつも驚かされます。

転職活動は、新卒の就職活動と違い同じ仲間もおらず不安でいっぱい。たった一人で行う転職活動は、日々不安に押しつぶされそうな錯覚と戦いながらで不安で仕方ありません。ですが、転職が思っていたほど上手くいかず嘆いている40代の多くは、行動力が足りていないのが現状です。

行動をためらう気持ちも分かりますし、転職者特集の不安が原因になっていることも理解できます。しかし、人生に絶望して無職になり生活保護を受ける事態は、絶対に避けなければなりません。しかも不安の解消はそう難しくないのですから。

40代転職者は不安の原因が分からず行動できない

OY151013290444_TP_V 転職計画を立てない40代は原因が分からず不安で押しつぶされる

40代が転職活動を行うと様々な不安が胸をよぎるのではないでしょうか?

孤独感と共に、様々な不安にさいなまれるのが転職活動の苦しさです。

これは、味わった者にしか分からない感情です。

その苦しみから逃れるためには、相談相手になるパートナーや友人を持つこ等の不安を解消する手段が必要です。転職活動における不安は様々ですが、仮にそれらに原因を求めるのなら、それは「不安」です。「不安」すなわち分からないという事態が心を不安定にさせます。

何が不明なのかと言えば、次の4つに大別できます。

  1. 自身の不安
    自分自身の希望とその具体的な理由がはっきりしないことによる不安。
    これに悩む40代の中高年は意外に多い。自分自身の存在に対する疑問や自信喪失という深刻な悩みに陥る場合もあり得ます。
  2. 見通しの不安
    いつ転職できるか分からないことによる不安。
    経済的な問題や家庭や周囲の見る目の厳しさなど、日々の苦しさを抱える多くの40代転職者が持っている不安。
    OY151013290444_TP_V 転職計画を立てない40代は原因が分からず不安で押しつぶされる
  3. 手段の不安
    どんな応募書類を作成すればよいのか?など転職活動のための手段が分からないことによる不安。
  4. 面接の不安
    これは主に面接で何をアピールして、どんな受け答えができるのか?などの不安。

自分自身の不安を解消するには第三者目線が必要

OY151013290444_TP_V 転職計画を立てない40代は原因が分からず不安で押しつぶされる

これらの不安は、40代転職者の前向きな活動を妨げます。

行動する意欲が不安によって抑え込まれてしまうことが原因です。

転職には、前向きで勢力的な活動がどうしても必要。不安はできるだけ早期に、解消しなければなりません。自分の不明を解消するためには、自己価値を発見するプロセスを取って本当の自分の興味や関心に気が付けば、そもそもこの不明が消えるため不安に感じることはありません。

自分のやりたいことが分からない場合は、本当に率直に意見を言ってくれる転職エージェントのキャリアカウンセラーや、コンサルティング的な第三者から本当のやりたいことを引き出してもらうのがベストだと考えます。

また苦言も辞さない友人やパートナーなどにロングインタビューをお願いしたり、自分で自分のことや企業のことを紙に書き出してみることが有効な手段になり得ます。これらの過程を経れば、自分のやりたいことや、できることが見えてきます。しかし、自分で自分自身の真の姿を正確につかむためには、実はなかなか難しいところです。

絶対的な確信を持つためには、やはり自分でこうだと思った姿を第三者に伝えた上で、意見をもらう必要があります。

いつ転職できるか分からない不安は計画を立てて解消

OY151013290444_TP_V 転職計画を立てない40代は原因が分からず不安で押しつぶされる

  • そもそも条件に合う求人が少なく、応募できない
  • 応募しても書類選考で落とされる
  • なんとか面接までいったが、面接で落とされる

このようなことが長期間、幾度も続けば誰だってモチベーションが下がって、自分は世間から見捨てられてたのではないか?という錯覚に陥ります。

そんな気持ちを抑えて先の見通しを立てるには、やはりまず計画を立ることから始めるべき。繰り返しますが、40代向けの求人は必ず存在します。管理職経験がなくとも、転職回数が5回以上あろうとも求人は存在します。

求人が見つからない人は、自分の求人情報の探し方をよくチェックしてみてください。新聞は何紙?転職サイトはいくつ登録しましたか?駅のフリーペーパーはチェックしましたか?様々な情報手段を活用して精密な情報収集を行ってください。

第一志望の職種だけで週20件以上応募していくわけですが、時間が経つにつれ応募できる求人が低減するのはお分かりですね。応募の優先順位を考えたうえで、第一志望の職種だけでは応募数が足らなければ第二志望、第三志望の職種へと応募先を広げてください。

それでも足りなければ、求人条件を無視してでも、応募していきましょう。

週20社以上の応募を繰り返し、応募書類には必ず自己PRを付けて的確に採用担当者の目に届くようにすれば、不思議なもので1~2週間後には複数の会社から面接の通知が舞い込んできます。一定の応募件数をキープしていれば、書類選考は自ずと通過することを理解しておきましょう。

面接においては、単に相手が聞いてくることに対して回答するばかりでなく、こちらから逆質問をしつつ自己PRすべきです。これらのテクニックは、面接の回数をこなさなければ身に付きません。見通しの不明は数値目標を掲げ、応募先を確保した時点でかなり解消でき、何をどれだけ行動すれば良いのか自分自身で理解できるようになります。

そして1~2週間後には、跡形なく解消しているはず。計画通り行動できていれば、不思議とその頃に面接の通知が次々に舞い込んできます。

応募活動をノルマと考えて行動することで、来週の月曜日には自分はどこで何をしているか、スケジュールがはっきりと分かってくるようになります。この日とこの日は面接、その合間に翌週分の応募を行いつつ、転職エージェントに定期連絡ををしてという具体的な予定が立つようになります。

不思議なもので、行動していれば内定日の予想すらできるようになります。このような予定が組めるようになった時点で、見通しの不安は解消です。

何をアピールすれば良いか分からない不安は読書で解消

OY151013290444_TP_V 転職計画を立てない40代は原因が分からず不安で押しつぶされる

面接に挑むための不安を解消するためには、書店に数多く並んでいる「履歴書や職務経歴書の書き方」・「40代から始める面接必勝法」等のHOW TO本を参考にするのが良いでしょう。しかし、面接という人と人との対面でのやり取りは、必ずしも定型的に行われるとは限らず、臨機応変な対応が求められます。

こればかりは書籍などの情報だけではどうすることもできません。場数を踏んで「慣れる」しかありません。

もちろん、転職エージェントの無料面接シュミレーションや、有料の転職支援サービスの中にある「面接対策プログラム」を利用するのもあり。特に、有料の転職支援サービスが提供している「面接対策プログラム」は、面接のシュミレーションを行うのは当然のことながら、実際にその様子をビデオ撮影し、転職者と共にチェックし改善点を修正していくトレーニングが繰り返されます。

これは非常に効果的だと私は考えています。

同様のトレーニングは、自宅で家族とと共に、面接シュミレーションする様子をビデオ撮影することで代用することができるので、是非試してみてください。自分自身の姿勢や話すクセを客観的に見る機会は、そうそうないので最初は自分の姿に驚かれます。

私自身、リストラされた面々とレンタルスペースを借りて、集団でビデオ撮影を行いました。姿勢や話すクセは矯正すると、必ず自信も付いてきます。当時の映像は未だ残っていて、本当に恥ずかしい限りですが…。

夫が転職できずに不安だというパートナーからの相談

OY151013290444_TP_V 転職計画を立てない40代は原因が分からず不安で押しつぶされる

転職支援をする中で、転職活動中の本人からだけでなくパートナーからの相談も急増しています。

「40代の夫が突然リストラされて行く当てもない。もう100通以上応募しているが、どうすればいいのか?」とか、「夫の勤め先が倒産したんですが、これを機に独立開業すると言い出した。止めて欲しい」といったものが多いですね。

私自身、40代でリストラされて転職活動をした際は、妻から「失業保険が切れて無収入になったとしても私が稼ぐから安心して活動してください」と言われ涙がこぼれ落ちたのを今でも覚えています。

当時は気丈な女性と感心していましたが、私の知らないところで声をあげて泣いていたそうです。(私がこの事実を知ったのはだいぶ後のことでした…)

転職活動は不安との闘いであり、相当な精神力が必要です。ですから、どうすることもできないような話題で責め立てるのは得策ではありません。

基本的な接し方は以下のとおり

  • とにかく感情を否定しない
  • 早く転職して欲しいなどという無茶ぶりをしかけない
  • 年収が下がったら生活できないとプレッシャーをかけない
  • 嫁ブロックしない

40代の転職支援をしている管理人からアドバイス

OY151013290444_TP_V 転職計画を立てない40代は原因が分からず不安で押しつぶされる

40代が不採用続きなのは、自分の市場価値やニーズを把握していないことが大半。総務職や企画職などの人気職ばかり狙っていませんか?大企業や有名企業ばかり、応募していませんか?中小企業やベンチャー企業にだって、経験値の高い40代が活躍できるフィールドはいくらでも存在します。

人は自分の範疇でないと中々物事を決められない生き物ですから、我々のような有料転職支援会社に相談するべきです。

登録拒否が怖いからってだけで、転職エージェントと関りを持とうとしない40代が多いのですがその行動は完全に間違っています。

理由を付けて、転職エージェントが持つ非公開求人枠を取りにいかないのは転職そのものを諦めるのと同じです。

転職エージェントは、転職サイトと違い無料で色々お世話してくれます。転職エージェントに出向いて面談しなければならないのが唯一のデメリット。それでも、履歴書類作りやブラシアップを手伝ってくれたり、求人検索の時間が短縮できるという点では、他人任せにして転職活動を進めていきたい40代にとっては頼もしい存在と言えます。

私が最もお世話になったJACリクルートメントは、日本の企業にはないリクルートメント・コンサルタント制を取っています。

これは、企業担当者がキャリアコンサルタントを兼任する形態を取っており、先方の企業風土や採用担当者の年齢だけでなく、性格や好みといった企業情報を詳しく教え、面接対策に威力を発揮します。

さらに、登録から求人の紹介、面接、内定に至る一連の流れが非常に早いのが特徴。

紹介してもらえる求人は、基本的に面接まで進めるためストレスフリー。JACリクルートメントは、キャリアコンサルタントの質が一定ではない、当たり外れがあるといったデメリットがありますが、大手なのでキャリアコンサルタントのチェンジに応じてくれます。

JACリクルートメントから登録拒否されたという話はあまり聞きませんが、登録時に作成するレジュメは空白のないよう心掛けてくくださいね。

当サイトいち押し!
全部コンサルタントに任せたいのならJACリクルートメントがおススメですOY151013290444_TP_V 転職計画を立てない40代は原因が分からず不安で押しつぶされる

計画を立てない40代は不安で押しつぶされるまとめ

では、最後に今回の要点をまとめておきますので参考にしてください。

  • 不安の種類は、自身・見通し・手段・面接の4つ
  • 4つの不安は、転職者の行動を鈍らせる
  • 行動する意欲は不安によって抑え込まれてしまう
  • パートナーが失業してもプレッシャーをかけない

私も不安で押しつぶされて、転職活動ができなくなった時期があります。行動する前に、色々考えるのが原因だったんでしょうね。

家族や友人たちには迷惑をかけてしまいました。でも、人間ダメな時は人に頼ることも必要ですよ。

転職支援をしている斉藤でした。

当サイトいち押し!
同じ苦労を重ねた私だからJACリクルートメントをお勧めしますOY151013290444_TP_V 転職計画を立てない40代は原因が分からず不安で押しつぶされる
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう