「 今度の職場は年下が上司なんだけど、毎日偉そうでさ。失敗したかな?この転職 」って年下の上司にいびられて凹んでいる40代中高年は多いですね。

私自身が40代でリストラされて再就職した先は、人生初の年下が上司いる職場でした。最初は向こうも気を遣ってくれてたと思うのですが、お互い素が出始めると「 気に入らねぇ 」って感情が先行してしまうようになりましたよ。お互い慣れるまでの1年程は本当にやりにくかったですね。

40代以降の転職が難しい理由は応募先の企業により様々ですが「 数年前に転職した時はうまくいったのに 」嘆いても何も変えられませんしかし40代になったあなた自身が採用されない根本的な理由を理解し、採用担当者の懸念を払拭すれば何ら問題もありません。

40代以降の転職者が採用されるためには、以下のような負のイメージを持たれていることを覚悟したうえで、払拭できるだけの貢献ができることを応募書類や面接において具体的に示す必要が出てきます。

年収が高いという負のイメージ

20代・30代前半の若年層は、実務経験が乏しくても、経験を積むことで戦力になる得ると考えられます。年功序列の賃金体系であったなら、年収も40代以降の転職者達よりもずっと安い賃金で雇用できるでしょう。

その一方で、40代以降の転職では、前職や現職の年収が高くなっている場合、いくら実績があっても実力がはっきり分からない状況においては、どうしても企業は慎重にならざるを得ません。40代以降の転職においては、前職の年収から一旦ダウンすることも考慮しなければなりません。

一般的に40代以降の転職者は、社内において良好な人間関係を築くことが難しいと判断されています。たとえ年齢が高くても、いち転職者として入社すれば、20代と同じ新入社員です。私の場合がそうであったように、上司となる社員が、転職者よりも年齢が若いことも珍しくありません。

このような状況では、転職者自身は何ら問題はないと考えていても、受け入れる側の上司が扱いにくいと考えてしまえば、採用に至ることは稀です。採用面接においては、人物評価を行うのですが、組織に溶け込めない人物と判断されれば、いくら優秀な人材であっても自社での採用は難しいと考えられます。

TSURU17623A014_TP_V 40代以降の転職が失敗してしまう負のイメージとは?

組織に溶け込めないという負のイメージ

中高年になると年齢が増すごとに意固地になってしまい、周囲の空気が読めずに、プロパー社員と馴染めないケースは実に多く報告されています。20代や30代前半の社員が中心に活躍している企業においては、40代以降の転職者を受け入れにくいと考えるところもあります。応募者本人は何ら問題はないと主張しても、既存の社員が好まない環境においては、残念ながら採用の見込はないでしょう。

40代以降の転職者は、新しい環境に馴染み意欲的にチャレンジしていく姿勢が弱いと受け取られることが実に多いです。40代中高年は保守的で、柔軟な発想で仕事ができないというイメージを持たれています。

もちろん過去の経験や実績は採否の判断材料になり得ますが、それ以上にこれから自社でどのような貢献ができるかが、採否における最大のポイントとなってきます。

40代からの転職者の中には、過去の実績を自慢話のように話すだけで、応募企業で何ができるか具体的に語れない方が多いのも事実です。入社後においても、過去の実績をアピールするだけで、実績をあげられないことは、企業の体制が悪いなどという言い訳をしていては、会社批判を去れることを嫌い、採用を躊躇されることもあり得ます。

現実を理解して、応募書類や面接を通して企業が欲しいと思う人物像に近づくことで、採用担当者の懸念を払拭していくのが得策です。

採用担当者の不安は応募書類で払拭する

希望給与が高いという問題は、当然生活面もあり、一概に希望年収を下げることは難しいかもしれません。しかしながら、40代以降の転職において、理想ばかりを追いかけてしまうと、転職が長引いて結果的に転職そのものを諦めざるを得ない状況に陥ることも珍しくありません。目の前の現実をきっちり理解することも必要です

家庭をお持ちの方は、パートナーと相談をして今後について検討する必要があるのではないでしょうか?

40代以降の転職者が、組織に溶け込めないという採用担当者の懸念を払拭するためには、応募書類や面接で良好な人間関係を構築してきたことを表現するだけではなく、面接における答弁においても、表情や態度を意識することが重要になってきます。組織適応力は、厳しい質問の答弁や前職の退職理由などからも見極められてしまいます。

TSURU17623A014_TP_V 40代以降の転職が失敗してしまう負のイメージとは?

保守的な姿勢については、過去をリセットし、新たな気持ちで応募企業のために誠心誠意尽くすことと、これまでのやり方にこだわらず、新しい知識やスキルを積極的にチャレンジしていくことを応募書類や口頭でアピールしていってください。そのためには、応募企業の企業研究を積極的に行い、企業が求めている人物像を把握して自分をプレゼンすることが大切です。

また、過去の実績を自慢話のように話しても、好意を持たれることはありません。過去の実績や成果はあくまでも信ぴょう性を示す裏付けに過ぎず、応募企業で発揮できる職務能力を具体的にアピールする必要があります。

健康面については、40代転職者の方で過去に病気や休職をした経験がある方は、現在は業務にまったく支障がないことをはっきりと伝えることが大事です。「 こうやって応募しているのだから、健康面に問題がないことぐらい分かるだろう 」という自分本位な考えでは、採用担当者に伝わりません。

万が一、アピールすべき実務能力が劣っているという場合、40代以降の転職者が入社後教えてもらおうというスタンスで転職は成功しないと考えてください。不足しているのであれば今から努力をして、入社後に周囲に迷惑をかけないことを採用担当者に示す必要があります。採用担当者の不安を払拭し、求めている人物像に応募者自らが歩み寄ることが、40代以降の転職成功のポイントです。


40代以降の転職が失敗してしまう負のイメージとは?についてまとめてみましたが、いかがでしたか?
では最後に要点をまとめておきますので、参考にしてみてください。

・40代は、年収が高いという負のイメージがある
・40代は、組織に溶け込めないという負のイメージがある
・負のイメージは応募書類で払拭する
・理想ばかり追いかけると転職に失敗する

転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

スポンサードリンク


TSURU17623A014_TP_V 40代以降の転職が失敗してしまう負のイメージとは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事