40代は今までの経験を生かして転職すると失敗する

「リストラされて年収が下がった40代の中高年は人生の負け組だ」って辛辣なコメントを、ネットの掲示板で見かける度に心が痛みますよね?

年収が下がった事実だけを捉えて、人生の負け組呼ばわりされると本当に辛いものです。

私自身、40代でリストラされ無事再就職することができましたが、最終的に年収は下がりました。

40代が転職すると年収が必ず下がって失敗する噂は、特に中高年の方には公然の事実のように語られています。しかし、私の経験からすればそれは真っ赤なウソです。なぜなら、私を含め私の元同僚やクライアントの皆さんは、ほとんど前職の年収レベルとさほど変わらないか、あるいはそれ以上の年収レベルで転職に成功してい事実があるからです。

40代の転職で年収が下がってしまう理由とは?

BL003-usousocyottomatte20140810_TP_V 転職で年収が下がる本当の理由は年功給部分がリセットされるから

今の職場に未来はないから転職したいが、年収が現状より下がるから我慢しよう経済状況が好転しない限り希望する年収はもらえない、もう少し今の職場で様子を見ようと考える40代の中高年は意外に多いと考えます。

それでは何故40代が転職すると年収が下がると言われるのでしょうか?

この答えは、この日本において転職は一般的に「今までの経験を生かして転職する」ことが有利と考えられていることに起因すると私は考えます。

もちろん、転職に際して今までの経験を下敷きにすることは当然で、それ自体に何ら悪い箇所は見当たりません。しかし、今までと全く同じ働きをするだけでは、40代の転職者は絶対に前職と同等の収入は得られません。

実は「経験を生かす」と言いながら、それを発展するのではなく「前職と同じだけ仕事をこなす」と捉えている40代の中高年が多いように思えます。それゆえに、転職すると年収が下がると言われているのです。厳しい言い方になりますが、はっきり言っておきます。

40代が前職と同じ仕事をこなすだけでは、前職と同レベルの年収確保は厳しいと考えてください。

私はそのような理由で転職に失敗したと感じ絶望していった40代を何人も見てきました。

加えて、退職理由を思い起こしてみてください。

自分の強い意志で退職した40代は別ですが、前職で退職勧告を受けた、希望退職制度に応募した、などの理由で退職したほとんどの40代は会社にとって年収分以上の貢献をしていたとは考えにくいのです。

年収以上の貢献をしている会社員を会社はそう簡単には手放しません。

経験を生かす転職をする40代は年収が下がってしまう

BL003-usousocyottomatte20140810_TP_V 転職で年収が下がる本当の理由は年功給部分がリセットされるから

いくら希望退職制度のさなかでも、貢献度の高い社員には相当強く退職を思い留まらせようと工作するものです。年収のさらなる上積み、昇進なども頻繁に起こり得ます。

つまり、退職してしまったという事実は、会社にとって貢献度が高くはなかったということになります。

残念ながら、これらの事実を踏まえると、前職と同等の年収を確保するのは理屈上不可能です。

つまり、年収分の価値が認められずに退職となった人が、その経験を買われて他社に転職できたとしても前職並みの年収が保証されることはありえない。

また、たとえ年収分の働きをした場合でも、実は年功序列を基礎としている日本企業の年収の枠組みでは、給与制度自体に勤続給を始めとする「年功給」が組み込まれている場合がほとんどではないでしょうか?前職の年収には、いわば「長年のご苦労費」が一定の割合で加算されています。

簡単な例を提示しましょう。

前職年収が800万円だったと仮定した場合、会社にとって600万円が貢献給に該当し、200万円が「長年ご苦労費」に相当すると考えます。そうすると「今までの経験を生かし転職」した場合は、転職先での年収水準は600万円ということになります。

しかし、これまでの収入が3割減って、果たして生活が成り立つでしょうか?

これは、かなり厳しい生活を強いられます。なんとか切り詰めて、2割までなら我慢できたと仮定しましょう。40代年は、面接の選考過程で必ず希望する年収を聞かれます。

この時「600万円はいただきたい」と意思表示してしまうと既に理屈の上では内定は絶対に出ません。このように「今までの経験を生かして転職」すると考えた時点で、年収が下がる事態は避けられません。

40代の転職支援をしている管理人からアドバイス

BL003-usousocyottomatte20140810_TP_V 転職で年収が下がる本当の理由は年功給部分がリセットされるから

40代が、不採用続きなのは自分の市場価値やニーズを把握していないことが大半です。

総務職や企画職などの人気職ばかり、狙っていませんか?大企業や有名企業ばかり、応募していませんか?中小企業やベンチャー企業にだって、経験値の高い40代が活躍できるフィールドはいくらでも存在します。

人は自分の範疇でないと中々物事を決められない生き物ですから、我々のような有料転職支援会社に相談するべき。

登録拒否が怖いからって先入観だけで、転職エージェントと関りを持とうとしない40代が多いのですが、その行動は完全に間違っています。

理由を付けて、転職エージェントが持つ非公開求人枠を取りにいかないのは転職そのものを諦めるのと同じです。

転職エージェントは、転職サイトと違い無料で色々お世話してくれます。転職エージェントに出向いて面談しなければならないのが唯一のデメリット。それでも、履歴書類作りやブラシアップを手伝ってくれたり、求人検索の時間が短縮できるという点では、他人任せにして転職活動を進めていきたい40代にとっては頼もしい存在と言えます。

私が最もお世話になったJACリクルートメントは、日本の企業にはないリクルートメント・コンサルタント制を取っています。

これは、企業担当者がキャリアコンサルタントを兼任する形態を取っており、先方の企業風土や採用担当者の年齢だけでなく、性格や好みといった企業情報を詳しく教え、面接対策に威力を発揮します。

さらに、登録から求人の紹介、面接、内定に至る一連の流れが非常に早いのが特徴。

紹介してもらえる求人は、基本的に面接まで進めるためストレスフリー。JACリクルートメントは、キャリアコンサルタントの質が一定ではない、当たり外れがあるといったデメリットがありますが、大手なのでキャリアコンサルタントのチェンジに応じてくれます。

JACリクルートメントから登録拒否されたという話はあまり聞きませんが、登録時に作成するレジュメは空白のないよう心掛けてくくださいね。

当サイトいち押し!
全部コンサルタントに任せたいのならJACリクルートメントがおススメですBL003-usousocyottomatte20140810_TP_V 転職で年収が下がる本当の理由は年功給部分がリセットされるから

転職で年収が下がる理由は年功給部分がリセットされる

では、最後に今回の要点についてまとめておきます。

  • 前職と同じ仕事量をこなすだけでは、前職と同レベルの年収確保は厳しい
  • 前職の年収には、長年のご苦労費が加算されている事実を知る
  • 今までの経験を生かして転職すると年収が下がって確実に失敗する

40代は面接で、希望の年収を聞かれても答えないのがセオリーです。是非覚えておいてください。

転職支援をしてる斉藤でした。

当サイトいち押し!
同じ苦労を重ねた私だからJACリクルートメントをお勧めしますBL003-usousocyottomatte20140810_TP_V 転職で年収が下がる本当の理由は年功給部分がリセットされるから
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう