40代で不利な条件がある求職者は共感を利用

「何度履歴書類を送ってもお見送りメールが返ってくる」と絶望している40代は非常に多いですね。

「お見送りメール」を出すのであれば、不採用となった理由を教えてほしいと思ったことありますよね?そんな法律作って欲しいと思ったことはありませんか?

私は何度か「次の面接の参考にしたいので、不採用理由を教えて欲しい」と電話で問い合わせしましたよ。当然と言っちゃ当然ですが、1社も教えてもらえたことはありませんでした。

不利な条件の40代でも書類選考を突破できる裏技

AL101_natuin0420140830001_TP_V 40代転職者は必見!書類選考の通過率をグッと上げて面接に繋げる方法

求人活動が本格的に稼働し、実際の応募書類が手元に届き始めると、人事部門ではいったいどんな業務が行われているかご存知ですか?まず、郵便物の受取担当者が受取り履歴書の受付担当者に渡します。受付担当者は書類の封筒を開封し、所定の書類が揃っているかどうか調べます。

次に課の長か責任者が書類を改めて読み、条件に合致するかどうかを判断していきます。この時、書類の体裁がいくら綺麗に出来上がっていたとしても、条件に合致しない要素が含まれている書類は不採用として受付担当者に返送を依頼します。

この時点で、お祈りの文言が含まれた不採用通知が作成後、発送されます。

しかし、このベルトコンベヤー作業の途中で、所定の書類とは違った書類が、しかも心を動かされるフレーズが記載された書類が混ざっていたらどうでしょうか?

少なくとも、受付担当者に返送の依頼をする前にためらいが生じます。

他の書類とは違う特色を持ち、それが読み手側の共感を呼ぶ場合には、担当者レベルでの判断が保留され、より上位の管理者への伺いに変化することが多いですね。そして最終的に、上位管理者の共感が得られれば、応募条件と多少違っていたとしても書類は通過する可能性が高くなります。

これは営業活動のポイント、つまり競合する他の商品とは違った、独自の利点を分かり易く、かつ効果的にアピールすることに置き換えることができます。

電子製品などの購入に際して、購入者はまずカタログでスペックを詳細に確認し、値段に見合ったより高いスペックの製品を選ぼうと行動します。しかし実際に販売店に出向いてみると、売り場担当者が頼まれてもいないのに別の製品の長所を詳しく説明し始めるのはよくある光景。それが納得できる内容であれば、必ず心が揺れ動き、購入という行動に入ります。

行動心理と同様のメカニズムが、応募書類選考時に動きます。繰り返しになりますが、書類選考はデータ戦です。

40代の中高年は共感を利用して書類選考を突破せよ

AL101_natuin0420140830001_TP_V 40代転職者は必見!書類選考の通過率をグッと上げて面接に繋げる方法

年齢条件や経歴などに、他の応募者に比べて劣った特徴がある場合、他の応募者と同様の書類を、どんなに綺麗に作成したとしても採用に至ることはありません。40代は、真っ向からデータ戦に参戦しては勝ち目がありません。

不利なデータをカバーしても余りある特徴を分かり易くアピールして、共感を利用した全く別の戦場に転換していくことが大事です。

具体的に共感を利用するとはどういうことなのでしょうか?

共感とは、履歴書や職務経歴書などの事実中心のデータに対して、自分の思いや考えを述べてデータだけでは伝達しきれない感情を表現し、応募書類を見た担当者の気持ちに直接訴える考え方です。

広告業界では広く一般的に知られた手法の共感を利用

AL101_natuin0420140830001_TP_V 40代転職者は必見!書類選考の通過率をグッと上げて面接に繋げる方法

40代の中高年は、極端に高い倍率の書類選考を突破しなければ話になりません。

履歴書や職務経歴書のデータで勝ち残れるのは極僅か。それを突破するには、データでは表現できない感情的内容を最大限に伝え、会社に貢献できる事実をリアルに伝え、経営者や採用担当者の共感を得ることが必須となってきます。

共感を利用することで、書類通過率を大幅に引き上げることができます。

私自身、転職回数が多く不利な条件が勢ぞろいした履歴書類ですが、共感を利用することにより割と応募者の上位1割に常にランクインすることができました。

共感とはそれほどの破壊力を発揮する、重要な手段です。もっとも、自分の能力や資質をアピールするためには、書類だけでは不十分です。自己PR文と共感を使ったテクニックは、書類選考を通過し、面接まで駒を進めるために行うもの。他とは違った自分の価値を本当にアピールするのに一番大切な本当の主戦場は、面接時です。

40代の転職支援をしている管理人からアドバイス

AL101_natuin0420140830001_TP_V 40代転職者は必見!書類選考の通過率をグッと上げて面接に繋げる方法

企業の立場になって、メリットをちゃんとアピールできれば内定がグッと近くなります。まぁ、企業のメリットなんて、売上げをあげるか経費を抑えることだから、そういうキーワードを絡めてアピールしていくのがいいですよね。

共感を利用して転職活動をするのであれば、待ちの姿勢で転職エージェントにお願いするより転職サイトに登録して、自らガンガン応募先を開拓していくべきです。

もちろん、気になる求人情報を把握しておくだけでも転職という選択肢が増え、私のようにストレスや疲労感が限界に達して鬱病になってしまう前に行動に移せます。

基本的に転職サイトは全て無料ですし、あなたの希望条件に見合った求人や、職歴にマッチした新着求人が届く仕組みになっています。

転職サイトに登録したら、ウザいメールや勧誘が来る躊躇しておられる方が多いですが、それも「メールを受信しない」設定にしておけばいいんですよ。

その他は最新の業界情報を提供してくれるだけなんだから得しかなりません。

しかも、転職エージェントと違って「お仕事を紹介するので面談にお越しください」なんて面倒な電話もかかってこない。一度だけ面倒な職務履歴書類を登録しておくだけで、企業の採用担当者から直接スカウトメールが来るんですよ。本当に完全ほったらかしで、面接確約のスカウトメールが来ちゃう。

その他、無料の性格診断や自己分析ツールが充実していて、使わない手はないんじゃない?適正年収と需要を把握しておけば、転職エージェントやハローワークで「あなたの希望年収に見合う求人はない」なんて言われても全然怖くない。

「あなた達が知らないだけで、探せばいくらでも求人はあるんだぜ。」ってなっちゃうんだから。

あわせて読みたい

当サイトいち押し!
本気モードにスイッチしよう!リクナビNEXTで内定を掴め! AL101_natuin0420140830001_TP_V 40代転職者は必見!書類選考の通過率をグッと上げて面接に繋げる方法

書類選考の通過率をグッと上げて面接に繋げる方法

今回は重要なテクニックをお話ししたので、重要な点ををまとめておきます。

  • 履歴書や職務経歴書などのデータ戦で勝ち残れる人は、ほんの僅か
  • 心が揺れ動くフレーズで採用担当者にアピール
  • 共感とは、担当者の気持ちに直接訴える考え方

共感を利用するテクニックを知ることがなければ、リストラされた40代以降の社員達が転職に成功することは、永遠にありませんでした。

それほど直接郵送応募と共感は強力な武器になり得ます。是非試してみてください。

転職支援をしている斉藤でした。

当サイトいち押し!
同じ苦労を重ねた私だからこそリクナビNEXTをお勧めします AL101_natuin0420140830001_TP_V 40代転職者は必見!書類選考の通過率をグッと上げて面接に繋げる方法
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう