「 面接の手ごたえはバッチりだったのに、また内定もらえなかったよ。失業保険切れる前に何とかしなければ… 」と焦りまくっている40代のお父さんは意外に多いのではないでしょうか?

私自身、40代でリストラされて転職活動をした際、最終的な転職先に落ち着くまで1年と15日かかってしまいました。1年と14日の間に、総務職として4件を含め8件もの内定を勝ち取っていましたが、結果的に出たり入ったりを繰り返してしまい、失業保険も当然の如く切れてしまい…

結論から申し上げますと、「 応募資格を満たしているのに全く内定を貰えない 」という状況はなくなりません。原因は、その他の不確定要素が多すぎるからです。

有効求人倍率は1倍を超えたが40代の状況は変わらない

厚生労働省が発表した2017年3月の有効求人倍率は、1.45倍。2017年9月の正社員の有効求人倍率は1.02倍。これは、バブル期のピークである1992年1月以降の高水準となっています。

この有効求人倍率は「 求職者1人当たりの求人件数 」を指していますが、リーマンショックで求人が激減した6年前の実に2倍以上という好況ぶりです。そんな環境の中でも、40代の転職者は依然「 応募資格を満たしているのに何度も不採用になってしまう 」という状況は変わっていません。しかも、不採用になった理由が、求職者に伝わることは稀です。

むしろ、無機質なお祈りメールが届くだけ、場合によってはそれすら届かないことも多いのではないでしょうか?不採用通知が届かない理由は、採用側や人材紹介会社の人員が不足して手が回らず、そのまま放置されているケースや候補者が多数いたりする場合に選考が長引いて、そのまま保留扱いになり時間が経過してしまっているケースも多いのが事実です。

いずれの場合も書類提出や面接をしてから、数週間経っても返事がない場合、最終的に内定に至るケースは極めて低いですし仮に採用となったとしても、求職者が求人企業の姿勢に不信感を募らせて辞退に至るケースも多々あります。以下、人事担当経験者として不採用が生まれるケースには大きく3つのパターンがあることを述べていきたいと思います。

YOTA93_minogasanai15133536_TP_V4 40代転職における不採用理由の真相をあなたはご存知ですか?

40代の不採用理由その1.スペック不足

「 応募資格を満たしているのに何度も不採用になってしまう 」現象のほとんどが、ご想像の通り「 採用側が求める要件に足りなかった 」というスペック不足です。具体的に説明すると

・課長候補として、経験10年前後の主任クラスを募集してきたが、今一歩経験が足りなかった
・官公庁向けの営業職を探してきたが、ほかの応募者のほうがより長く経験してきていた
・月次決算・年次決算ができて、できれば総会関係も任せたかったが、総会業務を経験していなかった

YOTA93_minogasanai15133536_TP_V4 40代転職における不採用理由の真相をあなたはご存知ですか?など、いずれも募集の裏で求める要件に少し不足があるか、他の応募者との相対評価で残念ながら劣勢に立ってしまったケースです。1件の求人には、おおよそ50人の応募者がいることが一般的ですが、残念ながらその募集タイミングでほかにどんな応募者が集まってきているかという運にも左右されてしまいます。

あえて対策をあげるとすれば、公開されている募集要項は「 応募に必要な最低条件でしかない 」ということを念頭に置いて、応募する求人の精度を上げていく方法があります。

しかし、実際には自分が興味をもった1件の募集を狙う表には現れない別のライバルたちはたくさんいるので、精度を絞って応募件数を減らすよりかは、少しでも機会を増やすために、あまり自分の中で期待せず、まずは多くの求人に募集してみることを強くお勧めします。

40代の不採用理由その2.スペック超過

採用担当側から見た際に、意外に多いのは「 応募資格を遥かに上回っていて、給与などの条件があわない 」あるいは「 力量レベルがあまりにも高すぎて、今回の募集部署の若手課長では扱いきれないだろう 」などと思われて不採用となるケースです。求める要件を遥かに上回っていても、レベルが違う過ぎるという事態が起こります。

比較的人気がある業種や職種の場合には、この手の不採用が応募者の3割を超えることも多々あります。ある意味嬉しい不採用理由こそ、あとで教えてもらえれば、その後の転職活動に自信をもっていけるのですが、残念ながらこういうケースほど保留扱いにされて、白黒がつかないまま放置されるのです。

こういうケースはなかなか裏付けが取れないので、あらためて募集要件と自分の実力との距離感を測ってみて「 自分はこの企業にとってはスペック超過だったんだ 」と思うようにしてください。

YOTA93_minogasanai15133536_TP_V4 40代転職における不採用理由の真相をあなたはご存知ですか?

40代の不採用理由その3.スペックに関係のない不条理な理由

「 出身大学を大事にするので、それ以外の大学出身者は採用しない 」などという、あまりにも特殊な独自の採用基準で合否を決める企業が、まれにではありますが存在します。いわゆる不条理型の不採用です。

YOTA93_minogasanai15133536_TP_V4 40代転職における不採用理由の真相をあなたはご存知ですか?私も40代前半での転職活動時に、何度かこのタイプの不採用に遭遇しました。「 わざわざ不採用にするのに、何故ゆえ自分が面接に呼ばれたのか? 」と不思議で仕方ありませんでした。

当然、このようなケースでは、応募者に正直に不採用理由を伝えると訴訟問題に発展することは明白ですし、たいていの場合、応募者への対応も誠実ではありません。求職者側には何の落ち度もありませんので、なぜ不採用になったのかと悩む必要もなく、逆に「 不採用になってよかった 」程度に思ったほうがよいでしょう。

このようなケースへの対策としては、「 転職会議 」などのクチコミサイトで事前情報を集めることで回避可能です。是非参考にしてみてください。

40代転職における不採用理由の真相をご存知ですか?まとめ

40代転職における不採用理由の真相をあなたはご存知ですか?についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
不採用通知は誰しも目にしたくないものですが、転職活動をする上でどうしても避けることはできません。しかし「 何故自分は採用されなかったのだろう? 」と昼夜問わず悩み続けるのは、精神衛生上よろしくありません。

不採用になる理由は3パターンのみ
・スペック不足
・スペック超過
・不条理な理由

私も面接で手ごたえがあった企業から「 お見送りメール 」が来たときは、「 あんなに面接で意気投合したのになんでやろ~ 」と思い、正直凹みました。ですが「 あの企業さんとは縁がなかったのだ 」と自分に言い聞かすようにしてきました。皆さんも辛いでしょうが、自分を納得させる方法を見つけてみてくださいね。転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

スポンサードリンク


YOTA93_minogasanai15133536_TP_V4 40代転職における不採用理由の真相をあなたはご存知ですか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事