この厳しい雇用情勢の中で、特に40代中高年は会社を辞めてすぐに転職が上手くいく保証はどこにもありません。在職中であれば、最悪の事態を想定して、できる限り辞めずに転職活動を行うことを強くお勧めします。

在職中の方は、給与所得があるため、生活の不安を抱かず転職活動に集中できるのではないでしょうか?40代以降の中高年は、常に自分に合う企業の求人があるわけではないので、ここぞと思う企業の求人に合わせてじっくり転職活動を行い、妥協せずに取捨選択できる点もメリットといえます。

在職中の40代は隠れて転職活動すべし

不足している知識やスキルを習得しながら長期間に渡り転職活動をしていても、現職の収入があるため、気持ちをクリアに保ったまま、じっくり転職活動に取り組めます。少し乱暴な言い方になってしまいますが、在職中の方であれば、自分に合う会社と出会うことができるまで転職活動ができるといえます。

在職中の方には、このようなメリットがある半面、当然デメリットも存在することを忘れてはなりません。40代中高年の転職希望者は現職で要職に就いていることが多く、休みがとれないため、せっかく書類選考が通過しても面接試験を諦めなければならない状況に陥るケースもあり得ます。

例外の場合を除き、転職活動は職場の同僚や上司にわからないように行ってください。現職場に内緒で転職活動をすることが、職場の同僚や上司を裏切っているような錯覚を覚えストレスに感じる方もいらっしゃいますが、内定前に退職を申し出てしまうと、転職が上手くいくどころか、現職に留まるという最悪の結果に陥ってしまい、社内における信用を失って絶望していきます。

また、希望する時期に退職できず、内定を辞退する人や、直前になって引き留め工作を受け、転職を諦めるケースも珍しくありません。採用担当者は、在職中の40代中高年に対しては、転職の本気度を特に慎重に見極めています。

OY151013510174_TP_V 在職中の40代は転職で本気度をアピールせよ

在職中の40代は入社時期を明確にすべし

面接時に入社時期について曖昧な回答をしているようでは、円満に会社を辞められまいと判断して、優秀な40代であっても採用を躊躇してしまいます。転職すべきか大いに悩んだ結果、転職を決意したのならば、上司の引き留めの言葉に信念が揺れることもありません。

繰り返しになりますが、40代以降の転職は、今後の人生を大きく左右するようなターニングポイントと言っても過言ではありません。

人手不足が叫ばれる昨今では、在職中の求職者に対し、1次および2次面接であれば、平日の夜や土曜日に行えるよう配慮してくれる企業もあります。

転職が叶わず人生に絶望している40代中高年は、いつかは転職と考え、悶々とした気持ちで仕事をする人がいらしゃいますが、いつかは転職という曖昧な気持ちでは現職の仕事が疎かになるだけではなく、そういう方に限って、いつまでたっても転職できないのは明白です。

OY151013510174_TP_V 在職中の40代は転職で本気度をアピールせよ

離職中の40代は自己管理をしっかりと行う

逆に、離職中の40代が転職活動に挑む際は、時間を有効に使えるために転職活動に集中することができ、複数の企業へ応募しても容易に対応できます。すでに退職しているため、応募企業の指定する日に確実に入社できるのもメリットです。ハローワークなどの公的機関で、様々な転職支援サービスを行っていますが、時間に余裕があるため、積極的に参加することもできるのではないでしょうか?

転職エージェントのキャリアアドバイザーなどの第三者の意見やアドバイスを受けて、様々な対策を講じることも可能になります。

離職中の転職活動のデメリットは、必ずしも則転職が決まるわけではないので、離職機関が長引けば、収入面や将来に不安を抱くという事態に陥ってしまう可能性があることです。また、前職を退職してからのブランク期間が長いと、すぐに転職が決まらなかったのではないかということに懸念を抱く採用担当者も少なからずいらっしゃいます。

周囲の人々がどんどん内定を受ける中で、長期離職していることで精神的なストレスを抱えるだけでなく、妥協してしまい、希望しない企業や職種に就くケースや、収入面が絶望的になりアルバイト生活に突入してしまうケースさえ珍しくありません。

離職中の転職活動は、自己管理が最も大切です。

在職中であれば、規則正しい生活ができるのですが、離職中は、自らスケジュールを組まなければなりません。積極的に転職活動を行っていく強い意志がなければ、転職活動がうまくいかないと落ち込んでしまい、活動そのものが滞ってしまうこともあり得ます。また不採用が続いてしまうと、気持ちが滅入ってしまうのですが、行動しなければ絶望的な状況は変えられません。

OY151013510174_TP_V 在職中の40代は転職で本気度をアピールせよ

離職中の40代転職者は一人で悩まず人に相談する

離職中の転職活動は、在職中と同じか、それ以上の意欲をもって朝から行動するスケジュールを組んでください。40代以降の転職では、友人を通して就職先が決まる可能性もあるので、気分転換をするうえでも、週末は友人と会ってモチベーションを高めておくのもよいでしょう。

40代以降の転職においては、同様に家族の理解も絶対必要になってきます。家族に心配をかけたくないという理由で家族に一切説明をしたくないという気持ちも理解できますが、転職活動で悩んでいる姿を黙ってみている家族も同じように辛いと感じています。転職活動がうまくいかないときこそ、家族の温かい応援が何よりも励みになるのではないでしょうか?

うまくいかない時こそ気分転換を図り、転職活動方法は、希望職種について一度リセットをして見直してみる時間も必要です。40代以降の転職では、ただがむしゃらに頑張るだけではうまくいきません。冷静に状況を分析して対策を講じる気持ちの余裕が大切なのです。これまで様々な経験を積み、困難を乗り越えてきた40代中高年であれば、実行できるはずです。


在職中の40代は転職で本気度をアピールせよについてまとめてみましたが、いかがでしたか?
では最後に要点をまとめておきますので、是非参考に頑張ってください。

・在職中の40代は、上司や同僚に隠れて行動する
・在職中の40代は、入社時期を明確にする
・離職中の40代は、自己管理を徹底的に行う
・離職中の40代は、悩まず相談する姿勢が必要

転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

スポンサードリンク


OY151013510174_TP_V 在職中の40代は転職で本気度をアピールせよ
おすすめの記事