「 コネがある奴はいいよな?失業しても転職先を探すことはないんだもん。俺もコネが欲しいよ 」って転職活動の時だけコネや人との繋がりを欲している40代以降の中高年は非常に多いです。だってコネがあれば能力がなくったって管理職の椅子に座れるんだぜ?コネがあれば年収も特別ルートだろ?

私自身、コネや縁故と呼ばれるものは一切持ち合わせていませんでしたし、40代でリストラされた際には「 もっと人脈広げとけばよかったのに 」と後悔したものです。まぁ、持っていた人脈もそこで切れてしまいましたがね。友人と思っていた人達もリストラされた瞬間、赤の他人になってしまったとういう…。

我々40代以降の中高年は、今まさに旬なエグゼクティブあるいはその候補生です。では中高年のエグゼクティブの魅力とはどのようなものなのでしょうか?企業が我々を採用する魅力はどこにあるのでしょうか?

知識や経験、専門的なスキルがあることは当然です。

しかしもっとも魅力的なことは、その人が持つ「 人脈 」です

転職者ひとりの能力でできることにはおのずと限界があります。それゆえに40代の中高年は良質な人脈を持っていることイコールその人の能力と言われます。

40代は退職前にコネを築いておくべき

Green20_yuukyu20141123122037_TP_V 40代が楽して転職するとっておきの方法?!コネを作れば怖くない

20代・30代の若年層は、仕事に打ち込む中で得られる人脈もないわけではありませんが、現場での仕事に没頭しているため、人脈つくりどころではありません。40代中高年の皆様はもっと強力な人脈を作ることを意識することを考えておくべきです。私がコンサルを通してお会いする管理職の方々は40歳代以降がほとんどですが、人脈の多い人は会話の中身が広くて深いですし、どんな話題でもついてきてくれます。

どうか想像してみてください。あまり人と会わないような仕事で、係長、課長、部長と昇進してきた人、ずっと社内だけに居た40代が、いざ転職して新しい雰囲気の中でうまくやっていけると思いますか?そういう中高年を採用してしまった会社は、果たして新しいビジネスチャンスをものにできるでしょうか?

かの有名なドラッカーの名言の一つに「 会社とは、社外の資源を取り入れて、社外に販売することで利益を上げるプロセスである 」というものがあります。

社内でいくらコスト改善しようが、社内の組織改革をしたとしても、それだけで会社は発展することはありません。

社外からあらゆる資源、あらゆるビジネスちゃんを持ってくる必要があります

総務であろうと人事であろうと、サラリーマンとして働く以上は誰もが社外の資源を会社の中に持ち込まなくてはならないのです。その会社にとって有利なビジネスチャンスを持ってくるのに、もっとも重要でかつ手っ取り早いのは人脈です。

これは決して営業マンだけの話しではありません。

すべての職種の方に対して、人脈は要求されていると肝に銘じてください。

40代はやっぱりコネを利用した転職がいちばん楽

Green20_yuukyu20141123122037_TP_V 40代が楽して転職するとっておきの方法?!コネを作れば怖くない

もうひとつ重要なことは、コネを利用した転職が一番有利で楽だという事実です。

そういう意味でも人脈は必須項目です。さらに言わせてもらうならば「 縁 」は転職において大事な要素といえます。しかし、どこにそんな良縁が落ちているのでしょうか?

普段の仕事と同じで、人脈つくりも出来る限り多くの人に接する機会を設けて、様々なジャンルの話題を聞いて、万人に対して丁寧な態度で応対する必要があります。

食品業界の人が、同じ食品業界で仕事上の人脈を作る行為も、即効性という観点からは有用です。しかし40代以降の中高年は業界の枠を超えて、まったく異業種・異職種の人達と積極的に人脈を構築してビジネス感覚や時代感覚を磨くべきです。

結局、そういう前向きな人達がこの厳しい世の中を生き抜いていく事実を知るべきです。

余談になりますが、転職支援業をしている中で、中小企業の個性的な社長さんにお目にかかる機会が増えてきました。社長という身分の方はやはり持っている情報量がケタ外れに違いますし、勉強量もパンパないです。それには情報の供給源としての素晴らしいネットワークがあるからなしえることなのです。

同様に、富裕層の方たちも同じ層のネットワークをお持ちのようです。社長も富裕層も同じように、知らず知らずのうちに人脈から情報を得て、自分の財産にしています。40代の転職者や求職者は、人脈つくりを意識しておけば、今後の人生が全く違ったものになってきます。

40代では、自腹を切ってでも異種交流会やセミナーに足を運び、あるいは友人の紹介などで積極的に人脈つくりをするのが賢明です。欲を言ってしまえば、やみくもに人に会うのではなく。自分の目指す方向性を決めたうえで、その目標に近づくような人脈を構築していくべきといえます。

40代は「 コネノート 」を作って知人の輪を広げよう

Green20_yuukyu20141123122037_TP_V 40代が楽して転職するとっておきの方法?!コネを作れば怖くない

40代が人脈を広げるにあたり心掛けておくことは、面倒でも「 コネノート 」を手帳なりに作っておくことです。

例えば、どこの会社のどんな役職の人なのか、どんな分野に秀でているのか、最後に会ったのはいつかなどを備忘録として記録しておくのです。営業職の方ならいざ知らず、我々のような事務職が、いきなり100人作れと言われたら現実的に厳しいので、10人あるいは20人を目標にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

10人、20人とリストアップするのは誰にでもできると思いますが、コネは時間がたてば薄くなり、やがては自然消滅していきます。

また、自分の利益にならないこと以外考えていなかったり、「 あわよくば仕事を紹介してくれ 」というギラギラした考えを持っていたり、下心丸出しの人と誰が付き合いたいと思うでしょうか?

私の元上司のAは、総務人事職として40年間サラリーマンをやってこられた人物ですが、彼は若いころから人脈を大切にしてきたようです。取引先の人間だろうが、外注先の人間だろうが、はたまた飲み屋の女将だろうが、仕事に関係なくても自分の友人として人脈を形成し、時間やお金をかけてきました。

彼の人脈は仕事に直接関係ないからこそ、長年人脈として多くの方々とお付き合いができたのでしょうね。

インターネットの急速な発展によって、年賀状すら出さない世知がない世の中になってしまいましたが、40代中高年はコネ作り = 自分の価値形成と捉えて、薄い関係であってもまめに連絡をすることが将来的に大きな財産となることは間違いありません。

もちろん、コネ作りにはコミュニケーション能力は必要不可欠ですから、頼みごとがある時だけとか、何か困って助けてほしい時だけ連絡を取るのではなく、「 最近どうしてる? 」などのやり取りができる関係を形成を意識してコネ作りに励んでいきましょう。

40代がコネで楽して転職するとっておきの方法?!まとめ

最後に今回の要点についてまとめておきます。

 Green20_yuukyu20141123122037_TP_V 40代が楽して転職するとっておきの方法?!コネを作れば怖くない 40代は在職中に人脈を築いておくと、後が楽
 Green20_yuukyu20141123122037_TP_V 40代が楽して転職するとっておきの方法?!コネを作れば怖くない 人脈を利用した転職が一番有利

作ろうと思えば、人脈は即興でも作れてしまうものです。地域の会合に出てみるとか、母校の同窓会に出てみるとか、方法は色々ですが、私は幸運なことに、即興で人脈を広げることに成功しました。そんな人脈からお誘いがあったりして「 世の中捨てたもんじゃないな 」と感動してしまいました。思いは伝わります。しばらく会わなかった友人に、仕事への熱い思いをぶちまけてみるのもいいですよ。

転職支援をしている斉藤でした。

スポンサードリンク


Green20_yuukyu20141123122037_TP_V 40代が楽して転職するとっておきの方法?!コネを作れば怖くない

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事