「 あの二代目バカ社長をどうにかしてくれぇ~ 」なんて声は方々からよく聞こえてきます。

私自身も同族会社は経験済でして、ワンマンな社長だけでなく、いわゆる二代目バカ専務がやりたい放題していました。製造業なのに、飲食業部門を立ち上げると言い出して聞かない二代目バカ専務。そんな稟議が通るわけがないと高を括っていたら、3か月後には店舗がオープンするというミラクル。

何のノウハウもないのに立ち上げた飲食部門は、もちろん閑古鳥。出入りするのは従業員のみという典型的なパターンで、ボーナスをカットして替わりに二代目の店舗の割引クーポンを支給し始めるという始末。当然の如く、私はこの時点でおさらばさせてもらいました。

ワンマン社長に合わせて仕事するのは心底疲れます。

40代後半の営業部長が転職を強いられたワケ

00_PP43_PP_TP_V 部長の俺がまさかの契約社員に!年収が400万円ダウンした悪夢の転職

近藤さんは40代後半で、化粧品会社で営業部長として働いて来られました。海外製品をこれから日本に持ってきて販売するという大きな目標を持っている会社でした。

しかし、社長の夢のような営業戦略を実現する力は彼にはなく、地道に商品を育てる製作プランを企画しましたが、一発でヒット商品を当てたいという社長の大風呂敷な計画と合う訳がありませんでした。

いつしか「 いつ売ってくれるんだ、経費使うだけか 」と彼を追い込むようになりました。かといって、実質マーケティングがいない会社なので、商品見本やパンフレットもまともに作れず、いくらプレゼンしても、「 この商品をメインで売る 」というはっきりした社長の決定がないので動くに動けなかったのが現状です。

退職前、最後に彼は日本上陸の初回商品として「 これならローコストローリスクで売れるだろう 」と考えていた商品のプレゼンをしました。社長の回答は「 それは大手の考え方だね 」というものでした。

社長のやりたい方向は薄々見えてはいましたが、現実的ではなく、実行とするとかなりのコストがかかる上、消費者の知名度を上げるのに時間がかかるというものでした。この最後のプレゼンを機に私は退職を決意し、転職することにしました。動機としてはネガティブなものになりますが、この社長とは組んでもろくなことがないと確信したからです。

転職の手段は「 リクナビNEXT 」「 マイナビ転職 」「 ハローワーク 」をメインに使っていました。ですが結局は、半年くらい経った頃、知人が声をかけてくれ彼の紹介で転職に至りました。

40代後半で転職するにあたり心配だったこと

00_PP43_PP_TP_V 部長の俺がまさかの契約社員に!年収が400万円ダウンした悪夢の転職

転職は何度か経験があり、キャリアにも自信がありましたので、転職は楽勝でできるだろうと思っていました。しかも、何の実績やキャリアもない50代よりはアドバンテージがあるし、「 次もまた部長職だよな 」なんて甘い考えで活動を開始しました。

転職するにあたって心配だったことは、在職期間が短かったので雇用保険がでないことでした。翌月から収入がなくなり、わずかな貯金と妻の稼ぎで暮らしていかなければならなかったことです。ほとんど妻の給料で生活していたので肩身が狭く、子供が小さかったのでそれほどアルバイトにもいかず、転職活動に専念していました。

顔の広い知人にも恥を忍んでいろいろ声をかけましたが、そうそうすぐには人材募集をしているところはなく、長く辛い転職活動期間でした。転職した会社は化粧品会社でしたが、企業発足から10年足らずのベンチャー企業でした。

新しい転職先では給料も場所も保証されているわけではなく、業務委託契約として契約しました。あまり細かく業務については決めていなかったので、契約社員みたいな感じで働いていました。業務委託なので毎日出社したり、残業もする必要もなかったのですが、ほぼ毎日出社し10時~18時の勤務にしていました。

仕事はそれまでのキャリアが丸々活かせる営業部でしたので、初めのうちは楽しく仕事をしていました。今まで誰も手をつけていないような手間をかければ売れるだろうという小売部門との交渉でした。会社は手をかければまだ売れる、と思っていたようでしたが、一回ヒットした商品の寿命は長くても5年くらいです。すでにその商品のブームは去っていたのです。 最初のうちは気の合う上司と少しずつ少しずつ詰めていったのですが、ある程度まで話がまとまると「あとは正社員が責任を持ってやる」といいとこどりをしてしまうのです。また、ベンチャー企業は気が短いので、「金を払ってでもドラスティックに改善する」という方法を取り、金だけ払ってうまく元を取れないということも続きました。結局売上は下がっていき、後日その会社自体が買収されることになります。

40代転職で激減した収入は400万円

00_PP43_PP_TP_V 部長の俺がまさかの契約社員に!年収が400万円ダウンした悪夢の転職

転職前の年収は年俸制でしてだいたい780万円くらいの収入がありました。

次に転職した先では、業務委託契約のお試し期間として( どれくらい使えるのかを見極められる期間 )月20万円で契約しました。この額で「 正社員登用あり 」の給料です。3ヶ月ほどして結果を出し、「 使える 」と認めてくれたのか、月給は30万円に上がりました。

それでも前職と比べるとマイナス400万円の差が出てしまいました。

転職で100万円給料を上げることは凄く難しいですが、400万下がるのは楽勝だなと思いました。

それでも正社員に登用されればもう少し給料が上がるのではないかと思って頑張っていました。 年収が激減して困ったことは、家賃を払うと手取りの給料が全部なくなってしまうことです。

わずかな貯金を少しずつ吐き出して、生活費は妻の稼ぎに頼るということになり、毎日肩身の狭い思いをしていました。また、国民健康保険と地方税も重くのしかかってきました。前年度の方が稼いでいるので、稼ぎが低くなっているのに税金は高くなるという最悪のパターンです。

また、自営業の場合、サラリーマンと違って控除がないので、かなり高い額になり、おどろきました。 業務委託契約で契約しているので、形式としては自営業になり、確定申告をしなければなりません。確定申告の時にはある程度の必要経費は申告しますが、経費が全部落ちるというわけではなく、あくまで控除の対象になるというだけなので、家計としては焼け石に水でした。

40代で転職すべきでなかったと後悔していること

00_PP43_PP_TP_V 部長の俺がまさかの契約社員に!年収が400万円ダウンした悪夢の転職

知人の紹介でもあり、「 正社員登用予定 」で契約しましたので、おそらく半年後には正社員になれるだろうとタカをくくっていたのですが、人は増やしたものの売上は頭打ちで、結局正社員には登用されませんでした。

また、中途採用者を採用してもすぐに辞めてしまうという社風だったので、「 この会社も長くは持たないな 」と感じていました。契約社員や派遣社員として働いていても正社員に登用されることはなかなかありませんので、業務委託契約の業者が正社員登用ありと言われて採用されたのはただの「 そういうケースもある 」程度だったのだろうと思います。

また、業績が年々下がっていくことも人件費カットの要因になっていたのだと思います。 今は正社員でも終身雇用が保障されているわけではありませんが、契約社員やアルバイトよりはかなり優遇されています。「 正社員 」にこだわるのであれば、初めから正社員で雇ってもらうことが一番の近道だったと、やってみてからわかりました。

大手の契約社員より、中小企業の正社員の方が安定しています。

わたしとしては非正社員、業務委託契約として転職しても、正社員になれる自信はあったのですが、配属された営業部は20代と30代前半しかおらず、50代の私がなじめなかったというところが問題であったかと考えています。また、業務委託で契約したためにレギュラーの仕事を任されず、イレギュラーの仕事ばかりをこなしていたのも馴染めなかった一因だと思っています。

委託された業務自体はうまくいくのですが、うまくいきはじめると正社員が担当して、私はまた別の仕事をさせられるという何でも屋みたいな扱いにされたところが評価されなかったのかと考えています。

40代50代で転職する場合は、ベンチャー企業のように若い子が多いところは難しいかもしれません。古くからある会社であれば、40代50代はゴロゴロしていますので、そういった会社を探すべきだったと思っています。

実はその後、再々就職し、40代が中心の会社に入社することができました。社員はみんな大人なので、口のきき方や指導の仕方など、社会人としてきちんと接してくれるので、大変やりやすく仕事をしています。

また機会があればその転職のお話もさせていただければと思っています。

まさか契約社員に!年収400万円ダウンの転職まとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

 00_PP43_PP_TP_V 部長の俺がまさかの契約社員に!年収が400万円ダウンした悪夢の転職 ワンマン社長についていけず転職を決意
 00_PP43_PP_TP_V 部長の俺がまさかの契約社員に!年収が400万円ダウンした悪夢の転職 当初は転職サイトやハローワークを活用したが、なかなか見つからなかった
 00_PP43_PP_TP_V 部長の俺がまさかの契約社員に!年収が400万円ダウンした悪夢の転職 結局友人のコネで採用されるに至った
 00_PP43_PP_TP_V 部長の俺がまさかの契約社員に!年収が400万円ダウンした悪夢の転職 頑張れば正社員を目指せる契約社員として採用された
 00_PP43_PP_TP_V 部長の俺がまさかの契約社員に!年収が400万円ダウンした悪夢の転職 年収が780万円から360万円に下がってしまった
 00_PP43_PP_TP_V 部長の俺がまさかの契約社員に!年収が400万円ダウンした悪夢の転職 コネ入社する際は慎重に!!  

コネ入社は非常に楽ですが、待遇に違和感を感じても断りずづらいのが唯一の難点ですね。彼の二の舞にならないように慎重に選んでみてはいかがですか?

転職支援をしている斎藤でした。

スポンサードリンク


00_PP43_PP_TP_V 部長の俺がまさかの契約社員に!年収が400万円ダウンした悪夢の転職

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事