これからは40代ベテランの転職市場が活発になる時代

「管理職経験がないうえ転職歴も5回と多いのに、何故8社もの内定を勝ち獲ることができたんですか?」質問されます。

巷では、中高年の転職攻略本の多くが、「管理職経験がないと厳しい」とか、「40代で転職回数は4回まで」なんて書かれているため、基準から外れている40代は途方にくれてしまいます。

私自身、ハローワークで「今あなたに紹介できる求人は介護職かタクシーの運転手しかない」と言われ、某転職エージェントでは「管理職経験がなく、転職歴も多いから転職市場における価値はない。転職したければどこか地方に行ってください(原文ママ)」と言い放たれ、希望退職に応じたことを随分後悔したものです。

しかし、実際は、自分本位で転職活動を行ったら8社分の内定を勝ち取ることに成功しました。その過程で感じたことは、ここ数年の人手不足によって企業の採用スタイルは確実に変わってきています。

40代にとって転職は人生のピンチではなくチャンス

yotakaGJ0936_TP_V これからは40代中高年の転職が主流になる時代がやってくる

中高年の方々が転職活動を始めてみると、大抵の場合次のような感想を持ちますね

  • 自分の経歴が活かせる求人情報がない
  • 応募しても年齢で落とされてしまう
  • 年収も希望どころか、最低レベルにさえも届かない
  •     

そして、「このままでは、仕事が決まらない」「仮に仕事が決まっても給料が低くて生活が成り立たない」などと、転職が人生のピンチに思える状況に追い込まれてしまいがちです。

しかし私は「転職はピンチではなく、チャンスです」と声高らかに叫びたいし伝えたい。

40代以降の転職者に「こんな酷い転職市場で、チャンスなんて呑気なこと言ってんじゃない!」とお叱りの声を頂いてきました。私は、中高が置かれている状況もそして雇用する会社側の状況も十分理解しているつもりです。

採用活動は短期間で即戦力になる中途採用にシフトする

yotakaGJ0936_TP_V これからは40代中高年の転職が主流になる時代がやってくる

10年程前まで、企業は新卒採用で採用できなかった人材を補填するために、大学を卒業して3年位までの第二新卒採用を積極的に行っていました。しかし現在、厳しい経済状況のなかで、社員をじっくり育成する余裕がなくなってきており、短期間で即戦力として実績をあげられる、40歳代以降の経験者を採用する傾向に変わってきています。

新卒採用で、内定をもらえない学生が増えてきていることも、プロパー社員をじっぐり育てる傾向から、即戦力となる人材を採用する流れに変わってきている証拠といえます。

20代の転職者は、スキル面や実務面においてまだまだ未熟であり、育てるための時間と膨大な費用がかかってしまうのが現実です。

自社の仕組みを十分理解した人材を育てられるメリットはあるものの、若い世代を育てても一人前になり、戦力として活躍できる時期になると転職してしまうことも、企業が人材を育てることに意欲がなくなってきている要因でもあります。

企業経営が急激に変化していく中で、時代のニーズと合致した短期間で即戦力となる人材をいち早く投入して、順次対応させていくことが企業のメリットに繋がっています。

このような時代だからこそ、これまでの職務経験を活かして即戦力として活躍できる40代の転職者が、まさに求められている所以です。

企業にメリットを与える40代中高年が採用されている

yotakaGJ0936_TP_V これからは40代中高年の転職が主流になる時代がやってくる

最初から転職できないと諦めてしまえば、何もできません。

40代以降の中高年が転職できないという認識は、今日限りで捨ててください。

自分こそ社会で最も活躍できる世代の一人だと考えて、積極的に売り込んでいくことが重要。また、これまでに培ってきた職務経歴は若年層にはないあたなだけの大切な財産ですよね。だからといって傲慢な態度は厳禁ですが、常に謙虚な姿勢で応募先でできることを売り込み、企業に欲しい人材だと思わせることが最も重要です。

これからますます短期間で即戦力となり、社会貢献できる40代中高年の転職が主流になっていきます。

短期間で内定を勝ち取る方法、他の応募者と差別化して「ゲリラ戦法」で行う応募方法、面接に呼ばれやすくなるような職務経歴書、面接対策などの実践的な方法を理解したうえで、「自分を必要とする企業は必ず存在する」と確信して転職活動を行えば、40代以降の転職を必ず成功させることができます。

40代の転職支援をしている管理人からアドバイス

yotakaGJ0936_TP_V これからは40代中高年の転職が主流になる時代がやってくる

40代中高年が、不採用続きなのは自分の市場価値やニーズを把握していないことが大半。総務職や企画職などの人気職ばかり、狙っていませんか?大企業や有名企業ばかり、応募していませんか?中小企業やベンチャー企業にだって、経験値の高い40代が活躍できるフィールドはいくらでも存在します。

人は自分の範疇でないと中々物事を決められない生き物ですから、我々のような有料転職支援会社に相談するべきです。

でも登録拒否とか門前払いが怖いって先入観だけで、転職エージェントと関りを持たない40代が多いのですが、その行動は完全に間違っています。

理由を付けて、転職エージェントが持つ非公開求人枠を取りにいかないのは転職そのものを諦めるのと同じです。

私自身、某転職エージェントから「転職回数が多いから総務職としての市場価値はない。」と言われた経験を持っています。ムカついたしショックで一週間ばかり、転職活動する気にもなれませんでした。

転職エージェントは、転職サイトと違い無料で色々お世話してくれます。転職エージェントに出向いて面談しなければならないのが唯一のデメリット。それでも、履歴書類作りやブラシアップを手伝ってくれたり、求人検索の時間が短縮できるという点では、他人任せにして転職活動を進めていきたい40代にとっては頼もしい存在と言えます。

私が最もお世話になったJACリクルートメントは、日本の企業にはないリクルートメント・コンサルタント制を取っています。

これは、企業担当者がキャリアコンサルタントを兼任するという形態を取っており、先方の企業風土や採用担当者の年齢だけでなく、性格や好みといった企業情報を詳しく教え、面接対策に威力を発揮します。

さらに、登録から求人の紹介、面接、内定に至る一連の流れが非常に早いのが特徴。

紹介してもらえる求人は、基本的に面接まで進めるためストレスフリー。JACリクルートメントは、キャリアコンサルタントの質が一定ではない、当たり外れがあるといったデメリットがありますが、大手なのでキャリアコンサルタントのチェンジに応じてくれます。

JACリクルートメントから登録拒否されたという話はあまり聞きませんが、登録時に作成するレジュメは空白のないよう心掛けてくくださいね。

当サイトいち押し!
全部コンサルタントに任せたいのならJACリクルートメントがおススメですyotakaGJ0936_TP_V これからは40代中高年の転職が主流になる時代がやってくる

これからは40代の転職が主流になる時代がやってくる

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてみてください。

  • 短期間で即戦力になれる中高年が求められている
  • 企業に具体的なメリットを与えられる40代が採用される

40歳代以降の転職活動は確かに易しくはありませんが、計画を立てて正しい戦略で攻略すれば、絶望的でもありません。決して諦めないでください、あなたを必要とする企業は必ず存在します。私も、あなた達と同じく、暗くて孤独な転職活動を戦い抜いてきた一人です。

転職支援をしている斉藤でした。

当サイトいち押し!
同じ苦労を重ねた私だからJACリクルートメントをお勧めしますyotakaGJ0936_TP_V これからは40代中高年の転職が主流になる時代がやってくる
関連キーワード
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう