「100社応募して全滅でした、私は世の中から必要とされていない」と実感し私の元を訪れる40代の転職者は後を絶ちません。

私も、40代でリストラされて転職活動を開始した当初は、応募できる職種すら見つからず絶望していましたね。

これだけは断言できますが、40代で転職できない方の多くは、転職に費やす活動量があまりにも少なすぎます。

そもそも応募できる求人を見つけられない40代が多い

1ce89d1c5669e5b20aacd8b04219a6d4_m 40代に立ちはだかる最後の困難は内定が出ても転職に踏み切れないこと

40代以降の転職活動において、遭遇する4つの困難さえ超えてしまえば転職回数が増えようが、40代後半になろうが50代になろうが恐れる必要がありません。

現に私達はコツを掴んだので、転職はもう怖くありません。何度でもどこへでも転職できる。しかも驚くべきことに、私の元上司は59歳と10か月で正社員として再就職を果たしましたから。

この4つの困難は互いに強く関連しているため、1つを実践しても上手く内定に至らない可能性があります。そこで一度全体に目を通し、それぞれの障壁の前で何をするべきなのかを理解したうえで、あなた自身の転職活動を見直してください。さらに、不足している行動を補い、効果が十分でない行動は方法そのものを変えてしまうことが必要となってきます。

本当は無数に存在する求人情報を、見つけられていない困難。

残念ながら、多くの方が本当に注目しなければならない求人情報源を見落としているのが現状ですね。

求人情報を丹念に探しているつもりでも、実際は転職サイトと新聞のみだったというように1つか2つの情報源を頼りにして、偏った情報収集を続けていることが多い。そして、多くの情報源を掴んでいても、調べるタイミングがバラバラでは大切な情報を見逃している可能性があります。

求人情報は生ものです。

良い条件の求人は長くて1週間で消えてなくなると考えなければなりません。

また、インターネットを介したWEB応募や転職エージェント経由の応募ではなく、「20代が中心で和気あいあいとした職場」「30代から管理職を目指しませんか?」などといった求人情報を鵜呑みにせず、ゲリラ戦法で応募条件はほとんど無視して応募し、直接企業に自分を採用した場合のメリットをPRすることが肝心。

私は、現代において一般的な転職方法であるインターネットを介したWEB応募や転職エージェント経由の応募を「間接応募」と呼び、応募条件無視のゲリラ戦法を「直接郵送応募」と呼んでいます。これが私の提唱する「非常識内定法」です。

応募書類が面接までたどり着かない40代も非常に多い

1ce89d1c5669e5b20aacd8b04219a6d4_m 40代に立ちはだかる最後の困難は内定が出ても転職に踏み切れないこと

次に乗り越えるべき困難は、応募書類が面接までたどり着かない悩みです。

インターネットが急速に発展を遂げた現代において、書類選考は一般的にデータ戦といっても過言ではありません。良い条件の求人であればあるほど応募者も当然多くなりますよね?

40代の求職者で経験を積んだ実力のある人ほど「年齢条件から外れていても、私の経歴を見れば必要な人材だと分かってくれるはず」と考えますが、実際はそう簡単にはいかないのが現状です。現代において、沢山の応募書類をさばくのは血の通った人間ではなく採用業務を行うITシステム(パソコン)です。

つまり応募書類の年齢などを見て、条件から外れる書類は即座に「お見送りメールフォルダ」に入れられてしまいます。

面接に呼ばれても内定に至らない40代も非常に多い

1ce89d1c5669e5b20aacd8b04219a6d4_m 40代に立ちはだかる最後の困難は内定が出ても転職に踏み切れないこと

次に乗り越えるべき困難は、40代では面接に呼ばれても全然内定に至らない悩みです。

面接の際の準備や想定問題、マナーや態度、服装などを紹介した書籍は多数あります。また、それらの一般的な注意点は大手求人サイトにも詳しく載っていますので参考にしてください。

当サイトでは主に、現代において一般的な転職方法として提唱されているインターネットを介したWEB応募や転職エージェント経由の応募ではなく、「直接郵送応募」を前提にした面接対策について解説しています。

実は、直接郵送応募を行うと面接そのものが大きく違ってきます。

一次面接、2次面接と回数を重ねるごとに、採用の決定権を持つ人たちが次々に現れ面接を担当するのが普通ですが、「直接郵送応募」からの面接では、最初から最終決定権をもつ人事部長や経営者が現れることも珍しくありません。

しかも、信じられないでしょうが、たった1回の面接で内定がでることも珍しくありません。

40代からの転職では内定が出ても転職に踏み切れない

1ce89d1c5669e5b20aacd8b04219a6d4_m 40代に立ちはだかる最後の困難は内定が出ても転職に踏み切れないこと

最後に乗り超えるべき困難は、40代以降の転職活動において内定が出て嬉しい反面、どうしても転職に踏み切れない悩みですね。

内定が決断できないのは、先方から提示された就労条件に不満があるからではないでしょうか?特に年収が希望に満たない場合は辛いですよね?

だからといって、せっかく勝ち取った内定先を諦めてしまうのは、もったいない話でしょう。

では、どうすればいいかというと、内定後に「条件交渉」をして先方に就労条件を変えてくれるよう働きかければいいだけの話です。

基本的に、転職活動において応募から面接までの間先方からどんな条件を出されても全て丸呑み。自分自身の条件を述べることは、極力控えるようにしなければなりません。条件交渉は、立場的に有利になった内定後に行うのがセオリー。

採用を担当していた者として、内定を出す前は「何かあればいつでも落とせる」姿勢を取りますが、内定を出した後は「入社してもらわないと困る」存在に変わっています。正直な話、採用側は内定者に辞退されるのが一番応えます。

「また採用広告を出さなければならない」とか「お見送りメールを出した相手に再度面接の依頼をかけなければならない」とか色々と面倒です。つまるところ、内定を取ってしまえば、その瞬間からあなたの立場は逆転。その立場を利用して、交渉を有利に進めるのが戦略でしょう。

しかし、内定が出たからといって、すぐに条件交渉を始めるのも考えもの。

少しだけ時間を取って、自分自身冷静に交渉に挑めるよう心を落ち着かせなければなりませんね。

40代の転職支援をしている管理人からアドバイス

1ce89d1c5669e5b20aacd8b04219a6d4_m 40代に立ちはだかる最後の困難は内定が出ても転職に踏み切れないこと

40代中高年が、不採用続きなのは自分の市場価値やニーズを把握していないことが大半です。

総務職や企画職など人気職ばかり狙っていませんか?大企業や有名企業ばかり、応募していませんか?中小企業やベンチャー企業にだって、経験値の高い40代が活躍できるフィールドはいくらでも存在します。

人は自分の範疇でないと中々物事を決められない生き物ですから、転職エージェントに登録して色々相談乗ってもらうべきです。

しかし、登録拒否とか門前払いが怖いって先入観だけで、転職エージェントと関りを持たない40代が非常に多いのですが、その行動は完全に間違っています。

理由を付けて、転職エージェントが持つ非公開求人枠を取りにいかないのは転職そのものを諦めるのと同じです。

私自身、某転職エージェントから「転職回数が多いから総務職としての市場価値はない。」と言われた経験を持っています。ムカついたしショックで一週間ばかり、転職活動する気にもなれませんでした。

転職エージェントは、転職サイトと違い無料で色々お世話してくれます。転職エージェントに出向いて面談しなければならないのが唯一のデメリット。それでも、履歴書類作りやブラシアップを手伝ってくれたり、求人検索の時間が短縮できるという点では、他人任せにして転職活動を進めていきたい40代にとっては頼もしい存在と言えます。

私が最もお世話になったJACリクルートメントは、日本の企業にはないリクルートメント・コンサルタント制を取っています。

これは、企業担当者がキャリアコンサルタントを兼任するという形態を取っており、先方の企業風土や採用担当者の年齢だけでなく、性格や好みといった企業情報を詳しく教え、面接対策に威力を発揮します。

さらに、登録から求人の紹介、面接、内定に至る一連の流れが非常に早いのが特徴。

紹介してもらえる求人は、基本的に面接まで進めるためストレスフリー。JACリクルートメントは、キャリアコンサルタントの質が一定ではない、当たり外れがあるといったデメリットがありますが、大手なのでキャリアコンサルタントのチェンジに応じてくれます。

JACリクルートメントから登録拒否されたという話はあまり聞きませんが、登録時に作成するレジュメは空白のないよう心掛けてくくださいね。

当サイトいち押し!
全部コンサルタントに任せたいのならJACリクルートメントがおススメです1ce89d1c5669e5b20aacd8b04219a6d4_m 40代に立ちはだかる最後の困難は内定が出ても転職に踏み切れないこと

40代転職が絶望する前に乗り越えるべき4つの困難

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

  • 40代で応募できる求人は存在する
  • 40代でも工夫すれば面接までたどり着ける
  • 40代でも工夫すれば内定を勝ち取れる
  • 内定に踏み切れない場合は、条件交渉をするべき

今回は非常に重要な戦略の説明をしました。是非4つの壁を乗り越えて内定を勝ち取りましょう!

転職支援をしている斉藤でした。

当サイトいち押し!
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう