「 介護離職って最近よく聞くけど、実際に離職している人ってどれぐらいいるんですか? 」と疑問に思っている40代の方は意外に多くいます。自分達の親が60代になりつつあるから他人ごとではないのでしょう。

私自身、約20年前に父親の介護に直面しました。大手造船会社でシステムエンジニアとしてバリバリ働いていた父が原因不明の病気で突然倒れたのです。半身不随になった父を、当時は介護保険制度も始まっていなかったため家族全員で介護しましたが、気丈だった父は自分の置かれている現実に絶望し荒れ始めました。

昼間から飲酒したり、母親に暴力をふるったり、果ては息子たちにも暴言を吐くようになり。私達息子も耐え切れず病人である父親に暴言を吐いたり、介護拒否をしてみたり、いわゆる家庭崩壊って状態に陥りました。正直な話「 早く死んでくれないかな? 」と毎日思っていました。

これらの疑問を解消すべく、無職であるという40~49歳の男女を対象にアンケートを実施しました。

無職になった40代の多くは精神的な理由

PAK25_dotenisuwattemiagerusora_TP_V4 介護離職で仕事を失った40代正社員の悲痛な叫び

その中で「 無職になった理由 」という質問に対し、精神的な病気で辞めた人たちがなんと約46%に上がりました。倒産、リストラ、派遣切りといった会社都合で仕事を失った人が約22%の第2位。

「 何度かの転職後、正社員として総務職として転職したが激務で心身ともに崩れ、遂には自殺未遂を図ってしまいました 」(42歳・男性)、「 もともと高校生の時から精神的に弱かったが、卒業後、正社員の仕事が見つからず職を転々としているうちに、うつ病になってしまった 」(40歳・男性) というような悲痛な声が続々と届きました。

彼らの多くは、根は真面目な人たちばかりなのです。働かなければならないと強く思うほど心の状態を悪化させてしまう人達なのです。また、「 持病のヘルニアが重くてもう働けなかった 」(40歳・女性)、「 交通事故で脊椎損傷。車いすで働く環境がなく自主退社した 」(39歳・男性)といった、病気やケガを理由に挙げる人々も約12%存在しています。

再就職以前に、通常の日常生活を送ることもままならず、うつ病に陥ることも珍しくありません。そして、「 キャリアウーマンの母に代わり、仕事を辞めて父を介護しなければならなくなった 」(45歳女性)、「 父親が病気になり、看病するために仕方なく退職しました 」(40歳男性)のように親の介護を理由に会社を辞める人も約8%いるのです。しかも、「 介護に当たっているから転職することすらできない 」(45歳・男性)などのように介護問題を抱えると仕事への復帰も一筋縄ではいかないようです。

先進国の中でも類をみない少子高齢化時代に突入した日本、介護が必要な人間は増える一方で、減る要素は全く見当たりません。40代という働き盛りの時期に両親の介護問題に直面する人も少なくないのです。これは全世代が直面する社会問題です。

都内の印刷会社に勤めていたUさん(41歳)もその1人です。

介護離職を余儀なくされた40代のリアル

PAK25_dotenisuwattemiagerusora_TP_V4 介護離職で仕事を失った40代正社員の悲痛な叫びUさんに故郷の鹿児島から悲しい知らせが届いたのは、今から1年ほど前のことでした。

「 母親が自転車で転倒して骨折したんです。明らかに状況がおかしかったので病院で調べてもらうと、パーキンソン病と診断されました。私は1人娘で、父が『 自分だけでは面倒が見きれない 』というので、地元に帰って働くことにしました 」こうしてUさんは、短大を卒業後20年もの間勤めていた印刷会社を退職することになったのです。

社交的で面倒見もよく、友人が多かったUさんの母親は、掛け持ちで複数のパートをこなすほどの働き者だったが、病魔はその言動をガラリと変えてしまったようです。

「 飲む薬が毎月変わるのですが、中には副作用がきついものもあって、無気力になったり足のふるえが止まらなかったりするんです。母は料理が好きなのですが、味覚がなくなってしまったことにも落ち込んでいました。そのうち、財布をなくしたり、どこからかトイレットペーパーを勝手に持ってきてしまったりと認知症のような行動が目立ち始めて。目が離せなくなってしまった 」と彼女は言う。

地元に戻ってから、当初は派遣社員として事務職に就いたUさんでしたが、母の介護が原因で遅刻や早退を余儀なくされることも増えていきました。「 ある程度は覚悟していた 」と語るUさんですが、想像を超えていたのは頼りになるはずの父の豹変ぶりだったそうだ。

「 母の介護を巡って私と言い合いになり、ついには暴力を振るうようになりました。突き飛ばされたり、拳で何度も殴られたり、救急車が来て大騒ぎになったほどです。父は比較的大人しい性格だったのに、子供のように怒りっぽくなってしまいました。正直、父の認知症も疑っています 」

結果、不安定な両親の面倒を1人で見ることになったUさんの負担は文字通り倍増していくことになりました。派遣社員として働くことも困難となり、今年に入ってやむなく退職した。無職となった現在、収入は両親が受給する年金のみという悲惨ぶり。貯金を切り崩してなんとか凌いでいるが、先細りは明らかです。

「 先日、具合の良かった母が『 私たちのことはいいから、東京に戻りなさい 』と通帳を渡してきました。2人して泣き崩れました。どん底ですが、やれるところまでは頑張ろうと思っています 」とUさんはそれでも気丈に語ります。

介護離職せずに何とかできる40代は非常に少ない

PAK25_dotenisuwattemiagerusora_TP_V4 介護離職で仕事を失った40代正社員の悲痛な叫び

誰もが「 介護離職せずに何とかならないか? 」と模索します。よもや自分が介護離職することになると思っていた40代は一人もいないでしょう。介護離職に備えて今から対策を考えておくというのも現実的ではないため、非常に難しい社会問題だと言えます。

また介護離職のため職歴にブランク期間がある40代も悲惨です。

「 無職から抜け出せない理由 」について尋ねると、「 ハローワークの窓口に行っても年齢やブランク期間で門前払いされる 」(44歳・男性)と年齢やブランク期間を挙げる人もいれば、「 外に出るのが怖い 」(44歳・女性)とひきこもりに陥った人もいる。彼らに共通して言えるのは、気力の著しい減退的な症状が出ること。これが悪化して「 もういいや 」となってしまうと、社会復帰はさらに遠のいていくのです。

介護離職で仕事を失った40代正社員の悲痛な叫びまとめ

介護離職で仕事を失った40代正社員の悲痛な叫びについてまとめてみましたが、いかがでしたか? 最後に、今回の要点についてまとめておきます。

・介護離職が原因で無職になった40代の人数は第4位(8%)
40代以上で無職になった理由 第1位:精神的な理由(46%) 第2位:会社都合(22%) 第3位:病気やケガ(12%)
・介護離職に備えることは現実的に難しい
・介護離職していた40代もブランク期間があるため、再就職しずらい

転職支援をしている斉藤でした。

スポンサードリンク


PAK25_dotenisuwattemiagerusora_TP_V4 介護離職で仕事を失った40代正社員の悲痛な叫び

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事