40代の孤独死が増えてきているというニュースを耳にしたことはありませんか?これらのケースは、転職に失敗して社会との繋がりが切れてしまった40代以降独身の男女が多いそうです。

私自身、総務職として勤務していた工場で40代後半男性の孤独死を垣間見てしまいました。彼はリーマンショック時にリストラ対象者として犠牲になった工員のうちのひとりでした。18才で入社して金属研磨一筋でやってきた彼には、30年間通い続けた工場だけが唯一帰る場所だったようです。

40代後半での初めての転職は熾烈を極めたようで、転職に失敗して絶望した彼の最後の日記には「 もう死にたい 」とだけ記されていました。

老後への不安から、貯金に勤しんでいる40代のサラリーマンは多いはずです。しかし、老後の幸・不幸を左右するのは当然ながらお金の問題だけではありません。なかでも深刻な社会問題が「 独居老人 」問題でしょう。貧乏、孤独、ボケこの3つのキーワードが揃ったとき、老後が限りなく悲惨なものになるのは疑いのない事実です。30代、40代のうちに危険因子に気づいておけば、軌道修正は可能なのでしょうか?

50歳代からの転職に必要なのは健康と職探しのテクニック

正直なところ、うまく65歳まで会社に残れたにしろ、年金の受給開始がそれより先に延びる可能性は大きいでしょう。そういった状況下においては、転職先を見つけないことには、またも収入ゼロの不安にさらされることになってしまう。

中高年の転職で、間違いなく重要視されるのは「 健康と体力 」です。65歳以上の仕事の半数ほどを占めると言われている清掃、警備員は、特にその傾向が強いと言われています。この2つの職種では週2日、3日などのフルタイムでない募集も多く見られますが、ダブルワークをしてフルタイムくらいの収入を得ることも難しくありません。東京や大阪などの都市中心部に住んでいれば、午前と午後での掛け持ちなども可能です。

それでは、再就職に有利に動く経歴や経験、コツなどはあるのでしょうか?

TAXI0I9A3710_TP_V 増加する40代下流中高年の行く末は孤独死のみなのか?タクシー運転手や運転代行など、運転関連の仕事は中高年の需要も大きいので、運転に慣れている人は二種免許を取得して挑戦しやすいはずです。

また、中高年の仕事で人気のマンション管理や学校の用務員、新聞や税金の徴収員みたいな仕事は、コミュニケーション能力の高さが採用の決め手になるという。そのため、営業職の経験者などが歓迎される場合がほとんどといいます。

その一方で、資格の類いはこれっぽっちも重視されないらしいので、「 資格があれば何とかなるだろう 」と安易に考えている40代は失敗してしまう可能性が高いのです。そして、無視できないのが職探しのテクニックです。

転職経験のない40代以降の中高年が、履歴書の書き方も理解できず、またハローワークも使いこなせずに、職が見つからず「 絶望的だ 」などと言いだすケースが増えています。

反対に、年が若いうちにハローワークに出向いていたような中高年は、効率的な仕事の探し方や面接のコツを幾多の失敗を通じて覚えているので、老後の労働市場では優位に立てます。また、清掃警備などの仕事では、早い時期から経験を積んでいる中高年のほうが、60代・70代のシニアになっても優先して採用されやすい傾向があるようです。

言ってみれば、若い時期にはいわゆる「 負け組 」だった中高年が、老後にはむしろ「 勝ち組 」になる可能性もあり得ます。ふとしたきっかけで簡単に孤立化する負の無限ループは誰にも止められません。

TAXI0I9A3710_TP_V 増加する40代下流中高年の行く末は孤独死のみなのか?

ブラック企業で絶望した40代は転職活動においても絶望していた

「 年収は300万円です。空き時間はあっても友達と飲みに行くお金は全くないです 」そう語るのは、IT企業に勤めるSさん(43歳)大学を出てすぐで入った企業は、毎日終電のブラック企業でした。40歳で体調を壊してしまい、会社を去ったのが失敗の始まりでした。再就職先がなかなか探し出せず、年収を妥協して今の仕事に就いたという。

「 社会に出てからは仕事人間でしたし、いつの間にか学生時代の親友達とも疎遠になっていた。気づけば周りの友人は結婚して家庭を持ち、飲み仲間なんてつくるお金もなくなっていました 」Sさんは、30代後半になって、猛烈な寂しさに襲われるようになったという。

昨今、下流老人が注目を集めているが、その序曲は35~49歳の中年時代から始まっています。給与が横ばいの現役バリバリの年代が今、下流中年化するケースが増えているのだといわれています。そして彼らを下流化させる引き金となるのが、孤立化です。

IT化によって昔から変わらないビジネススキルが通用しなくなる中、今や大量採用の恩恵を受けた40歳代中高年の半数はリストラ対象と言われています。その一方で、転職市場では年収3割減は当たり前の世界で、一度でも非正規になって失敗してしまえば、正社員に戻ることは限りなく難しい現実が待っています。また、パートナーが自立している共働き世帯においては、夫のリストラや両親の介護が離婚に繋がるケースも多く、ある日突然、人間関係が崩壊するリスクが40代に急激に高まるのだと言われています。

そして、下流中年の挙句の果てに待ち構えているのは「 孤独死 」という冷たい現実です。

低年収でも社会と繋がっていれば問題ないのですが、企業が利益至上主義によって労働者の教育を放棄したことで「 挨拶ができない 」など作法の欠乏が深刻化してるのです。その結果、なるべくしてなった孤独死という側面も強くなってきたという。この状態が改善されない以上、社会人として未熟であるにもかかわらず自立できているとの考え方を持ってしまい、孤独死に至るケースが減ることはないと考えている。

介護離職で絶望した40代も転職先で馴染めず絶望

TAXI0I9A3710_TP_V 増加する40代下流中高年の行く末は孤独死のみなのか?

5年前、北海道に住む母親が病に倒れ、介護の為に仕事を辞めて都内を離れたというSさん(41歳)は生まれも育ちも生粋の東京っ子。都内を離れて以来、友人との付き合いはほとんどないという。

彼の父親が定年退職を契機として移住した北海道とは縁もゆかりもなかったという。しかし、父親は移住して間もなく亡くなり、東京のマンションは処分したので戻ることも不可能だという。

Sさんは一人っ子ですし、自分以外に母親の世話をしてくれる人もいなかったため、しかたなく仕事もそれまでのSEの正社員から食品会社工場の契約社員となり、年収は150万円以上ダウンして失敗したなと感じたという。

しかし、それだけではなく辛かったのは、見知らぬ土地での孤独感だったという。「 職場は年配のパートのオバチャンばかりで、数少ない同年代の男性社員も地元生まれの既婚者ばかり。結婚しておらずよそ者の私とは話が合うはずもなく、仕事以外での付き合いはほぼ皆無 」だという。

最近、母親は日常生活を送れるまで回復したらしいが、「 今さら一人にはできない 」と断言する。介護の負担は軽減されたのだが、逆に休日などの時間を持て余すようになってしまった。お金も友達もいないSさんは、それまではやったこともなかったパチンコで時間をつぶして生活する日々だという。


増加する40代下流中高年の行く末は孤独死のみなのか?についていかがだったでしょうか?
私も、同僚の死を垣間見るまでは、孤独死なんて自分には関係のない世界だと考えていましたが、意外にも身近な出来事だったのだと改めて実感しました。私自身、40代でリストラされて転職活動した際、言いようのない絶望感に苛まれました。妻がいなければ、愛する子供たちがいなければ、私も同じように転職できないことに絶望して孤立化していたかもしれません。

私なりの孤立化しないテクニックは、転職に何度も失敗して世の中に絶望していても、可能な限り人との接点を持つことです。昔からの親友や同じく転職活動をしている仲間でもいいと思います。是非試してみてください。転職支援をしている斉藤でした。

スポンサードリンク


TAXI0I9A3710_TP_V 増加する40代下流中高年の行く末は孤独死のみなのか?
おすすめの記事