「 夢を実現するために、ついつい転職を繰り返してしまいます 」と未だ後悔の念に駆られ続けている40代中高年は意外に多いのではないでしょうか?

私も、20代で3回転職してしまいましたが、後で考えてみると「 転職すれば年収が上がる 」という転職神話を信じ込んでいたんだろうと反省しています。

夢追い人達は「 転職神話 」を信じ込み、青い鳥を追い求め「 なんとなく 」転職を繰り返してしまいます。これは、自分が夢追人であると気がついていないことを意味しています。夢追人から抜け出すには、まず、それについて自覚することから始めることが大事です。それでは、どうすれば自覚できるのかを具体的に考えていきましょう!

実は、40代以降の転職における夢追人達の典型的な失敗パターンは、驚くほど共通していて具体的です。もし自分があてはまっている場合、チェックし改善することは可能です。

40代の夢追人達の典型的な失敗パターン

f75f9e49f50e0d7876a427c4ce4ba29d_s 転職すれば嫌なことが全て解消されると考える40代は悲劇を繰り返す

夢追い人達の最大の課題は

  • 自分がやりたいこと
  • 自分にできること

という、いわゆる軸がないことだと前述しました。

軸が不明確である場合、自分が目指す専門性ということについてどうしても曖昧になってしまいます。自分が目指す専門性を理解しただけでなく、職種のやりたいこと、できることを考えていない場合「 広報、人事、総務をやりたい 」という発言になってしまいます。なぜ、この発言が問題なのでしょうか?まず、職種の実態を理解していないのです。これらの職種は、新卒の採用面接でも社内においても人気ナンバーワンの職種です。

しかし会社の中で人気職種に必要な人数は、ごく少数であることがほとんどです。また、これらの職種は一見華やかそうに見えますが、むしろ仕事内容の本質は地道な業務である部分が多いことが実情です。

40代が未経験の職種を希望する場合は注意が必要

f75f9e49f50e0d7876a427c4ce4ba29d_s 転職すれば嫌なことが全て解消されると考える40代は悲劇を繰り返す

ところが、夢追い人達はこうした実態を理解する努力はせず、いま担当している職種と比べてとにかく華やかなことがしたいという理由だけで、特に経験もないのに希望している場合が実に多いという統計が明らかにされています。また、軸が不明確な場合、転職した時点ですぐに利点を追い求めてしまうという傾向に陥りがちです。たとえば高収入、ブランドとして自慢できる超有名企業、残業が少なく、人間関係がよい働きやすい職場などです。

むろん、そのような職場に転職できれば何の問題もありません。

しかし人材紹介会社アドバイザーは、夢追い人達に「 どこでも多かれ少なかれ、上司や人間関係のトラブルを覚悟することは必要です 」と必ずアドバイスするそうなのです。

転職した時点での即座のメリット、働きやすい職場という視点だけで転職するのではなく自分の軸を見据えて転職することが重要だと私は考えます。実は、人材紹介会社アドバイザーが失敗パターンとして最も多く指摘していたのがこの項目でした。これを一言で表わすと「 他責 」ということになります。あるキャリアアドバイザーに言わせると、「 他責のオーラをまとった人は、5分でわかる 」というのです。

それでは、いったい「 他責 」とは何を意味するのでしょうか?

端的にに言えば、職場における現状に不満があるということなのですが、それはすべて環境のせいであって、自分に原因があるとは思っていないという考え方を意味します。さらに人材紹介会社キャリアアドバイザーが共通に指摘することは、「 他責 」の人は転職しても必ず「 他責 」になる傾向がありまた転職先の環境について文句を言うので、同じことの繰り返しになってしまうとのことなのです。

40代転職において資格取得は有効なのか?

f75f9e49f50e0d7876a427c4ce4ba29d_s 転職すれば嫌なことが全て解消されると考える40代は悲劇を繰り返す

また、資格取得にこだわりすぎると、かえってうまくいかないことが多いのが現実です。なぜなら、企業がキャリア採用の際に専門性として評価する内容は業務そのものや実務そのもので、どのような経験を積んできたのかという面を見るからなのです。それでも、資格を取得するのであれば、まず自分の専門性の裏づけとなる経験、スキル、能力を理解することが望ましいと私は考えています。

自分の専門性の方向性とは関係なくやみくもに資格を取得しても、企業から見れば無計画に勉強しているように見えるので、むしろ不利な要素になりかねません。転職エージェントのキャリアカウンセラーがもっとも頭を悩ますことは外見上の情報だけを信じて転職の意思決定をしてしまう人の存在なのです。

たとえば、新聞報道やテレビのニュース、あとはせいぜい企業のホームページくらいの外見上の情報に頼ってしまうことになる。言い換えるなら、彼らはほとんど努力しなくても集められる情報しか収集していないのが現状なのです。情報がなければ、環境を客観的な目線で判別できないわけですから、認識力が弱くなるという観点で「 他責 」になってしまうことにつながる原因とも言えるでしょう。

典型的な失敗パターンの場合、転職理由はどんどん変化していきます。

そんなとき、転職エージェントのキャリアカウンセラーは、「 そもそも、転職理由が最初とズレているのだから、今回の転職は思いとどまったほうがいいのではないですか? 」とアドバイスをすると聞きました。しかし、多く夢追人達はアドバイスを聞き入れることなく、そのまま転職してしまうことが多いそうなのです。意思決定がブレる理由は、軸が不明確なため、どのような優先順位をつけていいのかわからなくなってしまうためと思われています。

その一方で、軸の絞込みすぎということもあります。

つまり、自分にはこれしかないという風に思い込んでしまって、極めて狭い分野だけで転職を探してしまう。例をあげるなら、「 2年間必死にこの資格を勉強したのだから、絶対、この資格を活かした仕事がしたい 」というように、資格を使わないとならないという思考が強迫観念のようになってしまっているのです。

「 もともと仕事に活かすために資格を取得したのに、資格を活かすために仕事をするということは本末転倒ではないですか? 」と多くの転職エージェントキャリアカウンセラー達が助言するわけなのですが、一旦強迫観念を抱いてしまった40代の転職者たちはなかなか気持ちを切り替えることはできないようなのです。

40代の夢追人達は果たして変われるのか?

f75f9e49f50e0d7876a427c4ce4ba29d_s 転職すれば嫌なことが全て解消されると考える40代は悲劇を繰り返す

夢追い人達が追い求める青い鳥とは、具体的にいうと自分の力が最大限に発揮できる職場や環境のことを指します。

一般的に夢追い人達は、自分の力が最大限に発揮できないのは周囲の環境が整っていないからだと考える傾向にあります。そして、チャンスさえもらえれば、自分はもっとやれるはずだと思い込んでいる傾向が強いのです。

ここまで、40からの転職が失敗する具体的な8つのパターンについて述べてきました。では、夢追人達は変わることはできるのでしょうか?

実は、転職エージェントのキャリアカウンセラーは、夢追人だと思った場合、その人が自分を見直すためのカウンセリング的なことを試みることが多いようなのです。しかし、あくまで夢追人が人材紹介会社と接触するのは、転職先の開拓が目的ですので悲しいことに、そうしたアドバイスを受け入れてもらえることはほとんどないのが現実なのです。

夢追い人が自ら変わろうとすることは、現時点では転職活動を諦めることを意味し根本的に自分のあり方を考え、その現状を見直すことだと言えます。これは、たとえば面接のテクニックをマスターするのとは違い、かなり時間を要することになります。ですが、もしここで、今までの自分のキャリアを真剣に振り返り、そこからの気づきをもとに現状の業務での成果発揮に取り組めば、その後のよりよいキャリアにつながっていくものと私は考えています。転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

転職すれば嫌なことが全て解消されると考える40代まとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

 夢追い人達の典型的な特徴
 f75f9e49f50e0d7876a427c4ce4ba29d_s 転職すれば嫌なことが全て解消されると考える40代は悲劇を繰り返す 自分がやりたいこと・自分にできることを持っていない
 f75f9e49f50e0d7876a427c4ce4ba29d_s 転職すれば嫌なことが全て解消されると考える40代は悲劇を繰り返す 努力せず、華やかな職種に就きたがる
 f75f9e49f50e0d7876a427c4ce4ba29d_s 転職すれば嫌なことが全て解消されると考える40代は悲劇を繰り返す 経験がないのに、資格取得しても上手くいかない
 f75f9e49f50e0d7876a427c4ce4ba29d_s 転職すれば嫌なことが全て解消されると考える40代は悲劇を繰り返す 自分の力が発揮できないのは、周囲の環境が整っていないからと考えている

転職支援をしている斎藤でした。

スポンサードリンク


f75f9e49f50e0d7876a427c4ce4ba29d_s 転職すれば嫌なことが全て解消されると考える40代は悲劇を繰り返す

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事