「 今日も転職エージェントから登録お断りのメールをもらっちまったよ。転職歴が多いし、管理職でもないし、こんな40代のおっさんを登録させてくれる転職エージェントはないんかなぁ? 」と嘆いておられる40代の中高年の方は意外に多いのではないでしょうか?

そもそも転職エージェントってどういう人が登録できるんですか?転職歴が多い40代は登録させてもらえないって聞いたけど、本当なんですか?管理職経験者でない40代は相手にもされないって聞いたけど本当ですか?何の取り得もない俺は無理なのか?

私も40代でリストラされて再就職活動を開始した当初は、同じような疑問を持っていました。転職エージェントからの「 登録しませんか? 」とのお誘いメールを受け、いざ登録に行っても「 紹介できる案件がありません 」と言われ続ける日々。何のために電車賃を使って、わざわざ転職エージェントまで赴いたのか理解できませんでした。

紹介してくれないのであれば、最初から言ってくださいよ、マジ無駄足ですやんって思っていました。

人材バンクネットは40代の転職者に最適な集合型転職サイト

私は、転職エージェントのビジネスモデルを知ってからは、それらの疑問が消えました。

建前上、転職希望者は年齢や性別を問わず登録可能なのですが、転職エージェントによってビジネスモデルが異なっており、当然対象にしている年齢層も違います。それゆえ、いくらターゲットが40代ではない転職エージェントを相手にしても時間の無駄だと思います。体力は温存しておいて、40代でも相手にしてくれる転職エージェントを使ってみませんか?

人材バンクネットはいわゆる人材紹介会社の集合型サイトの代表格です。他にもイーキャリアFAen-Japanなどが有名です。人材紹介会社集合型サイトはいわゆる名簿屋の役割を果たしています。年収1,000万円などのダミー案件が混じっているのも特徴の一つです。

人材紹介会社集合型は、他に得意分野や特徴で紹介会社を分類しており、希望職種に強い紹介会社を探すのに最も使える転職サイトのひとつです。それゆえに、登録して直接求人案件を探すという手段には向いていません。人材紹介会社の登録会社数を確実に増やす際に使う転職サイトです。

人材バンクネットの最大の特徴は、キャリアカウンセラーを直接指名して登録できるという点です。キャリアカウンセラーを指名してしまえば、断られることはまずあり得ません。

他の転職エージェントに断られ続けた40代の転職者であっても、この方法なら100%登録が可能です。私の元同僚も断られた40代は一人もいません。

AL201_nomikai1120140830190740_TP_V 他エージェントで断られた40代は人材バンクネットで転職せよ

プロが教える人材バンクネットの登録法

まずはネットから無料登録を始めましょう。メールアドレスを入力すれば、アドレス宛に登録URLが送られてきますので、指示に従って登録していきます。人材バンクネット仮登録の良い点は、登録までの手順が非常に簡単であるという点です。

卒業年数等の入力も最小限で行え、レジュメに空白箇所があってもサクサク前へ進むことができるので、非常に便利です。

無料登録が終わるとメイン画面に入れます。焦る気持ちを抑えつつキャリアシート入力率を90%以上に上げてください。転職エージェントのキャリアカウンセラー指名での登録は100%に近いものだと申し上げましたが、適当なレジュメの登録は、断られる最大の原因の1つです。絶対に転職するとの思いを込めて最高の状態に保って挑んでください。

プロが教える人材バンクネットの活用法

繰り返しになりますが、人材バンクネットは求人情報ではなく、転職エージェントのキャリアカウンセラーを検索するのに活用すべきです。人材紹介会社集合サイトは使いものにならないとおっしゃる方が多いのですが、根本的な使い方を間違っているだけです。

試しにコンサルタント検索画面コンサルタントをエリアで探すから関西を選んでみました。すると90人ものキャリアカウンセラーがヒットしました。

同じ転職エージェントのキャリアカウンセラーの場合、コンサルタントを断られる可能性がありますが、基本的に、上から順番にコンサルタントに相談ていくのが良いでしょう。なお、コンサルの依頼をする時に「 求人の紹介をしてほしい 」という理由であれば万が一断られる恐れがあるため「 職務履歴書のブラシアップをしてほしい 」という理由を使うのがベストです。

人材紹介会社検索からでも、コンサルタント依頼をかけることができますが、かなり成功率は下がってしまいます。


他エージェントで断られた40代は人材バンクネットで転職せよはいかがでしたか?
各種転職サイトの活用方法は様々です。それらのビジネスモデルを理解せずに使ってしまうと「 使えないサイト 」と誤認してしまいます。40代からの転職において、「 使えないサイト 」との思い込みで「 本当は使えるサイト 」を切り捨ててしまうのは非常に勿体ない行為です。是非にとも肝に銘じていただきたいそれでは、今回の要点をまとめておきます。

・人材バンクネットはキャリアカウンセラーの指名が可能
・プロが教える人材バンクネットの登録方法について
・人材バンクネットは転職エージェントの登録申請で大活躍

これまで他の転職エージェントに門前払いされた、登録さえしてもらえなかったと嘆いておられる40代の転職者でも簡単に登録できることが理解できたのではないでしょうか?私も人材バンクネットの真の活用法を見出してからは、転職エージェントの登録社数が一気に跳ね上がりました。

私が100社以上の転職エージェントと総当たりできたのも人材バンクネットのおかげなのです。転職支援をしている斉藤でした。

スポンサードリンク


AL201_nomikai1120140830190740_TP_V 他エージェントで断られた40代は人材バンクネットで転職せよ
おすすめの記事