面接時に「 緊張で頭が真っ白になって何も話せなかった 」と後悔している40代の転職者が意外に多いので驚かされます。

何十通、何百通と履歴書類を出して、やっと掴んだ面接というキップ。絶対に逃したくない、絶対に失敗したくないという思いが逆に緊張を生み、頭の中が真っ白になってしまうんですよね。分かっていても、なってしまうものはしょうがない。

実は私も、極度に緊張する人なので、面接の前には手の甲に「 ひとひとひと 」って書いてみたり、面接の前に「 面接官はきゅうり、面接官はかぼちゃ 」とか小学生の時によくやったおまじないをして気を紛らわせていましたよ。

面接は、ある程度の対策をしておけば極度の緊張状態にならないというのが私の持論です。企業について何も調べていなかったり、自分の強みを理解していないから怖いんです。

「 強み 」というと、特別な能力をイメージするかもしれませんが、応募企業から求められる職務能力と共通する職務経験は、まさに40代転職者であるあなたの強みなのです。応募企業が求める職務能力を分析したうえで、これまでの職務経験と合致している強みの部分を箇条書きで書き出して、面接対策をすればよいのです。

40代は生かせる職務経歴を考えて面接に臨む

謙遜しているだけでは、一向に面接官の気持ちは動きません。少しでも求められていると推測できることと共通するものがあれば、積極的にアピールすべきでしょう。

面接で過大な回答をすることで、入社後にできなかったらどうしよう、と心配する方がいらっしゃいますが、採用されなければ何も変わりません。できないと考える前に、どうしたらできるのか?どうしたら求められていることに近づけるのか?を考えて「 できる 」と確信して面接を受けるべきです。

面接時に応募企業で生かせる強みを考えないまま面接を受けてる40代の転職者がいらっしゃいますが、面接官は短い時間の中で、あなたの職務経験から何ができるのかじっくり考える余裕などありません。応募者自ら、生かせる強みをアピールし、面接官に応募企業で活躍する姿をイメージさせることが大切なのです。

例えば「 イベントを開催した経験はありますか? 」と聞かれて「 経験がありません 」と回答すれば、経験がある他の応募者が採用されてしまいます。社外のイベント経験がなくとも、歓送迎会や忘年会の幹事経験があれば「 社内でのイベント経験はあります 」と回答することで「 経験がない 」というよりは、面接官に興味を持ってもらうことができます。

「 社内のイベントとはどのようなイベントですか? 」と問われた時に、ただ単に「 歓送迎会 」ですと回答すれば面接官に呆れられてしまいます。しかし「 新人の歓迎会を含め、新人が定着できるよう既存の社員との交流を図るためのイベントを企画し、毎年好評です 」と答えれば多少なりとも興味を示してくれます。

物は言いようです。私も未だに面接は苦手ですが、採用面接の場数を踏んでいけば自然と言葉を装飾して回答できるようになっていきます。

YOTA85_husaiyou215135819_TP_V 話下手な40代転職者は必ず面接で失敗してしまうのか?

フレキシブルに対応できない40代は面接で失敗する

面接官の言葉からフレキシブルに対応することも必要です。想定していない職務を提示されて動揺していては駄目です。40代の転職者は、これまでの職務経験や、書き出した自分の強みを思い起こし、関連する経験があり、かつ興味のある仕事だという姿勢を示すべきなのです。

また面接は、職種にもよりますが、話が下手だから採用されないのではなく、面接官が知りたい情報を得ることができず自社にふさわしい人材かどうかを見極められないため、採用されないのだと理解すべきです。

面接でうまく話そうと回答を丸暗記する方がいらっしゃいますが、面接では緊張し、せっかく覚えてきたセリフを忘れてしまい、頭の中が真っ白になって失敗するケースが実に多いのです。<また、丸暗記した回答は、応募者自身の言葉として聞こえることはありません。多少、話下手であっても自分の言葉で語るほうが言葉の重みや信頼性が出てくるのです。

以前、書類選考は通るが面接で上手く話せず私のコンサルを受けられた40代後半の男性は、最初は声が小さく話も聞き取りにくかったのですが、模擬面接を何度も行うことで次第に話すことに慣れ、伝えたいポイントを自分の言葉で説明できるようになりました。家族や知人に面接官になってもらい、模擬面接を行うことでも自信がつくでしょう。

YOTA85_husaiyou215135819_TP_V 話下手な40代転職者は必ず面接で失敗してしまうのか?

回答を丸暗記してくる40代は面接で失敗する

面接では、伝えたいことを正確に伝えることに集中するべきです。予想される質問について回答すべきポイントを整理しておくと、整理したポイントが多少前後しようとも伝えることができます。

たとえば、志望動機で「 経理職として求められている決算書作成までの経験があり、短期間で戦力になれる 」「 前職も同業界なので業界知識を既に持っている 」「 扱っている商品を愛用している 」とポイントを3つに絞り込んで面接官に伝えることが大切になってきます。

面接時に緊張してしまい、思うように回答できない場合は「 少し緊張しています、申し訳ございません 」と自ら宣言しまうのも手だと考えます。私はよく使っていました。自分を上手く見せようとする思いが強いと、余計にうまく話せないのです。家族や友人との会話でも上手く話せませんか?会社の同僚と話すときも上手く話せませんか?そんなことは絶対ありえませんよね。

40代の面接は、面接官との会話だと考えてください。

面接されているという受け身の気持ちではなく、あなた自身も自分に合う会社かどうか面接をしているという心持で臨むべきです。話下手で悩んでいるのであれば、面接官に理解してもらうために、親身な姿勢で回答すべきです。話が上手い下手ではなく、応募企業への思いと自分が貢献できることを、心を込めて自分自身の言葉で語ることが採用されるポイントです。


話下手な40代転職者は必ず面接で失敗してしまうのか?についていかがだったでしょうか?
最後に今回の要点についてまとめておきます。

・活かせる職務履歴を箇条書きにしておく
・フレキシブルに対応できない40代は失敗する
・模範解答の丸暗記は通用しないし、心に響かない

私は相当話下手なので、採用面接は本当に苦労しましたが、場数を踏んでいくとレベルアップできますよ。面接ノートを作って、反省点や聞かれた質問を記録していけば、自分だけの面接攻略本ができます。是非試してみてください。転職支援をしている斉藤でした。

スポンサードリンク


YOTA85_husaiyou215135819_TP_V 話下手な40代転職者は必ず面接で失敗してしまうのか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事