「 ハローワークの窓口で『 40代に紹介できる求人はありません 』と言われたが何だあの対応は? 」と憤慨しておられる転職者は実際かなりの数いらっしゃいます。特に40代になって初めて転職活動する中高年の方は、そっけない対応に驚いてしまいます。

私も40代でリストラされてハローワークに赴いた際に、あまりにものずさんさに面食らいました。ハローワークの端末で調べて出力した求人情報を窓口に持って行くと「 この求人は既に終了しています 」と何度も言われました。また、ハローワークからの「 応募依頼 」ハガキを持ってドキドキしながら窓口に行くと「 この求人は存在しません 」と言われ呆れかえってしまいました。

ハローワークは公的に企業と求職者を結び付けてくれる貴重な存在なのですが、必ずしも求職者の立場に立って支援してくれるわけではありません。そのため40代転職者の多くが「 自分の希望する求人はない 」と勘違いしてしまいます。

そもそも人材紹介サービスとは何なのか?

40歳代以降の転職において、どうしても外せない情報源が人材紹介サービスです。しかし、その特徴と問題点を理解していない40代中高年は、活動自体が長引いて絶望してしまいます。企業からの求人情報を入手し、それを求職者に合理的に伝える仕組みとして、人材紹介サービスがあります。

人材紹介とは企業側の視点から見た用語ですが、実際には紹介してもらう求職者がいて初めて成り立つサービスです。逆に求職者の視点から言えば求人情報提供サービスということになります。

ハローワークを除き、営利目的でこの種のサービスを行っている企業は、全国に数千社あると言われており、全国的に展開している企業もあれば、地域的な情報ばかりを扱う企業もあります。また、求人側、求職側どちらからもサービスの対価を取らず、完全に無償でサービスを行う公的機関も存在します。

GREEN_NO20140125_TP_V 40代は転職市場におけるハローワークの実態を知るべき

そもそもハローワークはどんなところ?

公的機関の代表的なものがハローワークとして知られている職業安定所です。ハローワークは1日約20万人が利用する国民に最も身近な行政機関のひとつではないでしょうか。

ハローワークは、民間の職業紹介事業等では就職へ結びつけることが難しい就職困難者を中心に支援する最後のセーフティーネットとしての役割を担っています。転職先が決まらない状態で会社を辞めた40代は、例外を除き、ハローワークに何度が足を運ばなければなりません。雇用保険の給付を受けるためには、郵送での対応はしてもらえず直接最寄りのハローワークに出向くのがルールです。

GREEN_NO20140125_TP_V 40代は転職市場におけるハローワークの実態を知るべき全国にあるハローワークの設置数は544か所(本局:437、出張所:94所、分室:13室)あります。また、ハローワークの職員数は約1万1千人、相談員数は1万7千人いると言われています。

国民の税金で運用されているため、無償でサービスを受けられることと、失業したときには何度か通わざるを得ないこともあって、人材紹介サービスのなかでハローワークの知名度は抜群です。

また、インターネットで就職や転職について調べたとき、ハローワークというキーワードの利用される率が他のキーワードに比べて断然に多いことでもお分かりかと思います。

その人気ぶりを実感できるのは、何といっても実際にハローワークに出向いた時でしょう。まず、窓口に来ている人の多さに驚きます。

その人たちのほとんどは、別に雇用保険給付に関する手続きだけに来ているわけではありません。ハローワークに備えられている求人ファイルをチェックし、適切な求人があれば紹介してもらおうと思って来ている失業者達なのです。

40代は積極的にハローワークを利用すべきか?

求人ファイルは最近ではパソコンで検索するのが一般的ですが、ファイルやパソコンは場所にもよりますが奪い合い状態になっています。時間さえ気にしなければ情報は手に入りますが、苦労してファイルを見ても、40代の転職者の希望条件に見合う求人がほとんどないのが現実です。

GREEN_NO20140125_TP_V 40代は転職市場におけるハローワークの実態を知るべきハローワークでは、企業から提出される求人票をもとに情報を整理して開示するという機械的な流れ作業が行われています。

ここでも、情報サイトなどの場合と同様に、企業の表向きの情報しかありません。

また、ハローワークには就職相談を受け付ける機能もあるため、相談員がいつも求職者と話をしています。

しかし40代中高年の求職者にとっては、その相談もときに辛辣に感じることが多いのではないでしょうか?

なにしろ、職を探しにきたのに、開口一番「 あなたの年齢では紹介できる仕事はありません 」と言われるのですから。

相談員の方も別に意地悪で言っているわけではなく、求人状況を踏まえて客観的に話をしようとしているのでしょうが、実際には相談窓口でさらに自信を失ってしまったという40代の中高年がいるのも現実です。

ハローワークは公的に企業と求職者を結び付ける貴重な機関なのですが、必ずしも求職者の立場に立って支援してくれるわけではありません。公務員が決められた仕事を淡々とこなしているのがハローワークに代表される公的な人材紹介サービスのよさであり、また限界であると私は考えています。

ハローワークの求人で本当に就職できるのか?

ハローワーク経由の応募は、転職サイトや転職エージェント経由の応募に比べて比較的簡単に内定が取れてしましますが、一般的に求人の質は低いと言われています。その理由は主に3つ考えられます。

GREEN_NO20140125_TP_V 40代は転職市場におけるハローワークの実態を知るべき1つ目の理由は、国の公共機関であるため採用企業は広告代を支払う必要が一切ないため、求人の掲載料が全くかからないことがあげられます。

それゆえに、積極的に採用するつもりはないが、優秀な人材があらわれた時のために、求人広告を出しておく。採用のための予算を取らずに採用したいので、とりあえずハローワークで求人を出しておこうといった企業が非常に多い現実があります。

本気で能力の高い人材を手に入れたいと考える採用側は、費用をかけてでも転職サイトや転職エージェントに求人広告を掲載して、スキルのある人を探そうと努力しています。

これは採用側だけではなく、ハローワークの利用者も同様の動きを見せます。

良質でハイレベルな企業に就職したいと願う求職者は、転職サイトや転職エージェントを利用しますが、それらの手段が全くといっていいほど上手くいかない求職者は、比較的採用率の高いハローワークを利用する傾向にあります。

すなわち、求人の質というよりも転職できるか否かということに重点を置く採用企業と求職者が利用するのがハローワークです。よって質が低いと言われるのも当然の結果と言えるのです。

GREEN_NO20140125_TP_V 40代は転職市場におけるハローワークの実態を知るべき2つ目の理由として、ハローワークの求人は、運転手・介護職・作業員、飲食業や建築業のように誰でもできるような求人、未経験でもやれるような職種が多く見られることがあげられます。しかし当然のことながら、一般的に考えて特別な能力が必要ない職種は賃金が低いことがほとんどです。わかりやすく言うと、どんな人でもできる仕事は高額な賃金を期待しにくいということになります。

3つ目の理由は、求人票の内容と実際の仕事内容や待遇面が全く違うケースが非常に多いことが考えられます。ハローワークは職業を紹介する公的機関ですから、求人広告の真偽をシビアな目で精査しているわけではありません。どこまで行っても求人の内容を判断するのは、立場の弱い求職者に任されています。そのため実際は、求人広告よりも賃金が安い、残業が多いといった問題が発生しているのです。転職後にめんどうなことが発生してもハローワークは一切対応してくれない傾向が高いため、自分自身で転職先の情報を調べておくべきです。

ハローワーク職員が非正規社員化している現実

ハローワーク職員の非正規社員化が止まらない、そんなニュースが流れたのは今から2年前のことです。窓口職員のおおそそ9割が非正規社員だというのだから驚きです。

GREEN_NO20140125_TP_V 40代は転職市場におけるハローワークの実態を知るべき本来、求職を支援する側であるハローワーク非正規社員が、3年おきに行われるという公募制度によって混乱しています。

これは、ハローワークの非常勤職員は、3年たったら公募で選びなおすというルールが人事院から2010年に通知されたのが直接の原因です。

ハローワークの相談員は、就職支援、職業訓練、雇用保険の手続きなど労働関係の広い範囲にわたる業務を引き受け、専門の知識ばかりではなく求職者の適職やメンタル的な悩みに関するカウンセリング力、労働者の受け容れ先など関係機関との交渉能力というような幅広い力が必要されます。

そのための色々なケースに接するための経験も大切で、3年間経験を積んで一人前と言われる中、3年経ったら実力があろうが、仕事ができようが総替えされてしまう厳しい現実が待っているのです。実際、私がハローワークで「 求人データの扱いが杜撰だな 」と感じたのは、この大混乱の影響で人手不足が原因ではないかと考えています。

ゆっくりカウンセリングを受けたい40代はしごとセンターへ

自治体によって呼び方が違いますが、しごとセンターはぜひ利用したい公的機関のひとつです。各自治体の転職支援事業を推進する機関ですが、運営は民間の事業所に委託されている場合が多いです。

しごとセンターは、就職に関する一連のサービスが提供されており、若者から中高年・シニア層までの転職者の適性や希望に合わせたキャリアカウンセリングを受けることができます。ハローワーク窓口でのそっけない対応が苦手な方は、しごとセンターに通うことをオススメします。求人情報自体は、ハローワークと共通のデータを使用します。

東京しごとセンターを例にとると、東京都の転職支援事業でありながら、東京在住者だけでなく、東京在勤予定の人も利用することができます。そのため、実質誰でも利用することが可能です。

GREEN_NO20140125_TP_V 40代は転職市場におけるハローワークの実態を知るべき

もちろん利用は無料で、窓口で登録を済ませた後は、専任のコンサルタントが付いてくれ、カウンセリングを受けながら求人の紹介を受けることができます。また、転職のためのセミナーや企業との交流会も開かれているので、転職エージェントに登録拒否されてしまった方は最後の砦となるので、是非にとも活用すべき機関です。

東京しごとセンター(https://www.tokyoshigoto.jp/)
OSAKAしごとフィールド(http://shigotofield.jp/)

40代が利用すべきその他の公的機関

ハローワークが、公的な人材紹介サービスとして最も広範囲でかつ充実したサービスを行っていますが、そのほかにも求人情報を提供している公的な機関が存在します。

これらの公的機関による各種サービスは、求人情報の収集については基本的に無償で受けられます。ただし、各機関の性質上からハローワークと同様に多数の利用者が殺到しがちであること、求職者に対して機械的な対応が行われがちであることには一定の注意が必要です。
GREEN_NO20140125_TP_V 40代は転職市場におけるハローワークの実態を知るべき

  • 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
    2011年9月末に曲折の末、廃止となった独立行政法人 雇用・能力開発機構が元機構。新たに発足した独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構は、雇用開発と職業能力開発を目的とし、企業と勤労者、転職希望者に向け様々な情報提供や相談、セミナー、教育セミナー各種を提供しています。

  • 財団法人 産業雇用安定センター
    各都道府県にサテライト拠点を持つ同センターは、在職者の出向と移籍の専門機関。人材の受け入れ企業および送り出し企業の双方から人材情報が登録される仕組みで、人材情報の提供と紹介を企業向けに行うのが主な役割ですが、転職希望者についても職業相談や職業紹介を行っています。

  • 公益社団法人 全国求人情報協会
    1985年(昭和60年)2月、厚生労働大臣の許可を得て設立されました。2012年(平成24年)4月1日に、「 公益社団法人 」への移行を果たしました。主な活動内容は、求人メディアが読者・ユーザーの職業の選択と安定した職業生活に役立つものとなるよう活動しています。
    全国の求人メディアを検索できるポータルサイトでもあります。(68サイトを掲載中。2018年5月現在)

  • 一般社団法人 日本人材紹介事業協会

    通称・人材協は2000年(平成12年)5月に発足しました。厚生労働大臣の許可を得て、主にホワイトカラーの職業紹介を行う、人材紹介会社を会員とする業界団体。全国の転職エージェント(人材紹介会社)を検索できるポータルサイトでもあります。(303事業所を掲載中。2018年5月現在)

  • 中央職業能力開発協会(JAVADA)
    キャリア形成の他、技能の振興や企業における人材育成の支援を通じて、豊かな勤労者生活の実現と活力ある経済社会の発展に貢献しています。また、国の職業能力開発施策の発展も寄与しています。

40代は転職市場におけるハローワークの実態を知るべきまとめ

40代は転職市場におけるハローワークの実態を知るべきついてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?では最後に、今回の要点をまとめておきます。

ハローワークの特徴について
・企業から提出された求人情報を整理して開示するという機械的な流れ作業が行われている場所
・企業と求職者を結びつけてくれるが、求職者の立場に立って支援してくれるわけではない

40代以降の転職は、なかなか厳しい状況ですが、ハローワーク案件の中にもお宝級の求人が眠っていることがあります。見逃さないよう気を付けてください。転職エージェントに登録拒否されたからといって諦める必要はありませんよ。転職活動をするのが辛くなったら独りで悩まず、まずは誰かに相談してみてください。誰かに話して上手くモチベーションを保ちましょう!転職支援をしている斉藤でした。

スポンサードリンク


GREEN_NO20140125_TP_V 40代は転職市場におけるハローワークの実態を知るべき

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事