「 ちくしょー、団体面接で30代の奴らがヤル気を猛烈アピールしていきやがったよ。あんなことされたら勝てるわけないやん 」と自分に自信がなくなってしまった40代の転職者が、飲み屋で愚痴っていました。

私も長年面接官させてもらっていますが、40代以降の中高年でも未経験の職種面接で「 経験はアリマセンガ、ヤル気は若い者にマケマセン! 」って来ちゃう。ある意味、この人スゲーなって思ってしまいますが、我々中高年は気合で乗り越えられる適齢期をとっくに過ぎてます。

40代以降の中高年の課題は、20代30代にヤル気で勝ることですか?体力も気力も衰え始めて、気合で勝てるような相手じゃないですよね。

採用過程において、応募企業が求めるスキルや経験を満たしている同等レベルの応募者が多数いた場合、採用される人はどういう人物かお分かりでしょうか?

年齢がより低い方や転職回数が少ない方が選ばれると思いますか?

答えはいかなる場合においても、採用され続ける人は、企業側のメリットを考えることができ、企業側の立場に立って応募書類や面接に対応できる人物です。

採用されない40代は自己主張が強い

YUSEI_9V9A5379_TP_V 40代以降の転職で全く採用されない人の特徴とは?

40代以降の転職者の中には、これまでの経験を積極的にアピールするもの、企業が求めている人材についてあまり考えないタイプの方もいらっしゃいます。

少し言葉が悪くなってしまいますが、空気を読めず( いわゆるKY )自己主張ばかりする傾向のある方を指します。

そのような40代転職者は、いくら優秀であっても組織に適応できない人材だと判断されてしまいます。

その一方で、どんな状況下にあろうとも、内定を勝ち取り続けられる方の傾向は、自分のこれまでの職務経歴の強みをアピールするものの、応募書類や面接で求められる人物像を確認しながら、フレキシブルに企業の要望に対応しようと試みてみましょう。

言い換えれば、自分に有利なアピールばかりではなく、企業の立場で回答をするのが上手い方は、どんな状況下にあろうとも内定を勝ち取ることができてしまいます。

採用される40代は企業メリットをアピール

YUSEI_9V9A5379_TP_V 40代以降の転職で全く採用されない人の特徴とは?

採用担当者は、企業の立場に立って考えられないKYな応募者に対しては、自社への入社意欲を疑ってしまいます

採用担当者は、自己中心的な応募書類や面接における回答から、40代の転職者が応募している多くの企業のうちの一つに過ぎないという印象をもってしまいます。

また40代以降の転職者の多くは真面目に仕事に取り組んできた人が多いのですが、それゆえ慎重なアピールになってしまう方も少なくなりません。

場合によっては、その慎重さゆえに、意欲のなさと採用担当者に受け取られてしまうことがあり得ます。40代以降の転職者の強みは、豊富な経験があるからこそ企業の切実な要望にマッチングできるという事実を覚えておいてください。

「 経験が足らないから自信がない 」と回答するのではなく「 経験があるので短期間で即戦力として活躍できる 」という姿勢を示す必要が出てきます。

さらに言ってしまえば、明るさがない40代の応募者も、覇気が感じられず組織に適応できないと判断されてしまいます。転職が長引いて絶望のあまり明るい笑顔が作れない場合や、もう自分は若くないという気持ちがあり、いまさら元気に明るく振舞えないと感じてしまう場合があり得ます。

しかし、会社組織は年齢に関係なく、覇気があって常に前向きな人材を求めています。

私自身、自信がなく覇気が感じられなかった時期は何をやっても駄目でしたが、上手く自信を取り戻してからはある程度順調に物事が進むようになりました。

20代のような若さをアピールできないまでも、仕事への前向きな姿勢や物事に動じない力強さは、40代以降の転職者だからこその強みとなります。

40代で突然リストラされた管理人からアドバイス

企業の立場になって、メリットをちゃんとアピールできれば、内定がグッと近づきます。

まぁ、企業のメリットなんて、売り上げをあげることか経費を抑えることだから、そういうワードを絡めてアピールしていくのがいいですね。

40代以降のミドル層は、今すぐ転職する気がなくても万が一の場合に備えて、転職サイトに登録して、企業が求めるメリットはどんなものか研究しておくべきです。

気になる求人情報を把握しておくだけでも転職という選択肢が増え、私のようにストレスや疲労感が限界に達して鬱病になってしまう前に行動に移せます。

基本的に転職サイトは全て無料ですし、あなたの希望条件に見合った求人や、職歴にマッチした新着求人が届く仕組みになっています。

転職サイトに登録したら、ウザいメールや勧誘が来ると思って躊躇しておられる方が多いですが、それも「 メールを受信しない 」設定にしておけばいいんです。その他は最新の業界情報を提供してくれるだけなんだから得しかなりません。

しかも、転職エージェントと違って「 お仕事を紹介するので面談にお越しください 」なんて面倒な電話もかかってこない。

一度だけ面倒な職務履歴書類を登録しておくだけで、企業の採用担当者から直接スカウトメールが来るんですよ。本当に完全ほったらかしで、面接確約のスカウトメールが来ちゃう。

その他、無料の性格診断や自己分析ツールが充実していて、使わない手はないんじゃない?適正年収と需要を把握しておけば、転職エージェントやハローワークで「 あなたの希望年収に見合う求人はない 」なんて言われても全然怖くない。

「 あんたらは知らないだけで、探せばいくらでもあるんだぜ。 」ってなっちゃう。実際40代の求人も充実してますリクナビNEXT YUSEI_9V9A5379_TP_V 40代以降の転職で全く採用されない人の特徴とは?

全く採用されない40代の特徴まとめ

40代以降の転職で全く採用されない人の特徴とは?についてまとめてみましたが、いかがでしたか? では最後に、今回の要点についてまとめておきますね。

YUSEI_9V9A5379_TP_V 40代以降の転職で全く採用されない人の特徴とは? 採用されない40代は、自己主張ばかりしている
YUSEI_9V9A5379_TP_V 40代以降の転職で全く採用されない人の特徴とは? 採用される40代は、企業側のメリットをアピールできる

企業側のメリットをどんぴしゃりと的中させるのは至難の業ですが、ある程度推測してアピールすることは難しくありません。

営業職であれば、売上を2倍にする。事務職であれば、コストを10%カットできるなんて文言を具体例を交えてアピールしてみてください。ホンマこれだけ♪

「 生産効率化を行い、コストダウンを図る経験と自信があります! 」と自己PRしたり、「 長年業務を通じて、仕組み作りやシステム設計に力を注いできた経験があります 」とアピールして来ましたよ。人それぞれ積んできた経験が違いますが、企業としての仕組みが未完成な中小企業にとって、あなたの経験やスキルは、「 喉から手が出るほど欲しいもの 」です。

自信を持って前に進んでいきましょう。あなたの新しい門出を陰ながら祈っております。

転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

グッドポイント診断は当たりますリクナビNEXT

スポンサードリンク


YUSEI_9V9A5379_TP_V 40代以降の転職で全く採用されない人の特徴とは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事