先日法事で実家に集まった時に「 うちの会社では使えない40代のオヤジばっかりで困るんだよな~ 」と弟がぼやいていました。何でも同じ部署のオヤジ達が仕事をしないせいで、弟はいつも休日出勤をしているそうです。

世間でも同じように「 40代以上は使えない 」と思っている20代や30代が多いのは実にショッキングな事実です。

下っ端のままでマネジメントスキルが身に付かない40代

718d54efa82e174866b13fe79d3d1668_s 40代の転職者は使えない?今どきの中高年リアル事情とは?

私も前職で大手鉄鋼会社の総務部に所属していた時、6人中4人が部長以上の役職付き者という異様な雰囲気で10年間頑張ってきました。総務部長と人事部長、親会社から放り出されてきた50代の総務部長代理、うつで入退院を繰り返している50代営業部長(総務預かり)と40代後半お局社員と私という構成。

月末月初の勤怠計算業務や原価計算業務はパソコンができないため、当然役には立たないので、お局と私で分担。一応エリート街道を走ってきた方々で、プライドだけは高く口だけは出してくる。ウザいので、いつも会議室に鍵をかけて仕事していました。口を出すなら手を動かしてくれよと何度お願いしたことか…

現在、40代サラリーマンの後輩不足が深刻な社会問題となりつつあります。40歳過ぎてもコピーやお茶出し、上司のお世話をしなければならないという絶望的な現実。雑用に追われ、仕事のスキルが身につかず、転職もロクにできない職場の実情を紹介していきましょう。

「 毎年新入社員は採用しているはずなのに、即戦力にならないのと、育てる余裕すらないほど忙しいので自分の部署には配属されてくることがない。その結果いつまでたっても後輩不足が解消されないという悪循環なんです 」と嘆くのは、情報システム系大手企業の子会社でSEとして働くUさん(41歳)。20人いる部署に20代は1人もいないという現実。30代の後輩が2人いるが、私を含めひと括りに下っ端3人として扱われ、雑用をこなすのだという。

「 コピーやお茶出しは、本来事務職のおばさんの仕事だと思いますが、40代後半のお局正社員なので正直頼みにくい。日中は客先でシステムのメンテナンスなどをして、夕方帰社してから先輩や上司の案件の見積書、社内の打ち合わせ用のちょっとした資料作りなどを行うので、残業も増える一方 」

今は残業代が出るからまだいいが、いつ打ち切られるか予想できない。現場の仕事だけでなく、プロジェクトを束ねるマネジメントスキルがないと業界での転職は厳しいのが実情なので、今の会社にしがみついていこうと覚悟しているそうだ。

ダメな同僚のマネジメントで残業時間がハンパない40代の現実

718d54efa82e174866b13fe79d3d1668_s 40代の転職者は使えない?今どきの中高年リアル事情とは?中堅ゼネコンの系列会社である住宅設備会社に勤めるTさん(40歳)。中途採用で全9人の今の部署にやって来たが、自分以外の正社員がすべて役付きという異様な状況だという。

「 1人が異動してもすぐに親会社から出向してきますから、いつまでたっても私が一番下っぱ。書類運びや契約書の清書から掃除、来客へのお茶出しまで、すべての雑用が回ってきちゃうんです。歓送迎会で渡すプレゼントや花束を選ぶのも慣れたもので、すっかり幹事慣れしている自分に時々ウンザリしてしまいます。また、雑用だけならまだいいのですが、年齢的にマネジメントの仕事も求められるのが辛いです 」

それに加えてTさんの頭を悩ませるのが、定年退職後の再雇用制度で雇われた同僚の契約社員Dさん。同僚とは言うものの、年齢は高橋さんよりふた回り近くも上だという。「 自分よりふた回り以上ということもあり、基本的に仕事を頼みにくい。会社が自身を簡単に切れないことをよく知っているから、とにかくやる気がなく邪魔でならない。仕事をやらせようにも手取り足取り教えないといけませんので、『 だったら自分でやったほうが早い 』となってしまう 」

雑務に加えて、ダメ同僚のマネジメントでパンパンに膨れ上がった仕事量は一向に減る気配などない。雑務とマネジメントの両方を抱えて過労状態になる典型的な例だといえるでしょう。「 あと一歩辛抱すれば課長の肩書を手に入れられるから、それまでの辛抱と思って必死にしがみ付いているのです。でも、そうなるとDさんが部下になるわけで、ますますやりにくくなるだけかもしれませんね 」

仕事をしない上司だらけの職場で絶望する40代の現実

718d54efa82e174866b13fe79d3d1668_s 40代の転職者は使えない?今どきの中高年リアル事情とは?

「 ウチの会社では40歳を過ぎるとプロデューサーという肩書がつくのはいいが、それを悪用して仕事をサボる50代上司が続出しているのです。苦労して部下を育てようという意識なんてまったくなく、新卒採用もこの5年ありません 」中堅おもちゃメーカー勤務12年目のSさんは憤慨します。

所属する開発部の正社員は40代のプロデューサーが9人に対し、30代は2人、20代は1人と極端に少数である。

「 クライアントとの大事なミーティングも『 応援しているアイドルの握手会があるから 』 『 阪神の試合があるから 』と平気ですっぽかす上司達。ろくにプロジェクトに関わってないくせに、失敗したら『 部下が悪い 』、成功したら『 自分のプロデュースのおかげ 』と、これみよがしにアピールする上司。もう、やってられませんよ 」

少しでも上に意見を言えば優秀でも即クビというのが職場のルールだという。今はバイトと社長のイエスマンだけで「 後輩を育てるなんて夢のまた夢 」だという。

お茶出しやコピーに追われる中高年のリアルまとめ

40代なのにお茶出しやコピーに追われる中高年のリアルについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

私はブラインドタッチもろくにできない上司たちと10年間過ごしてきましたので、色々なスキルが身についてしまい、今は逆に感謝したいぐらいです。

EXCELを教えてくれと毎回言われてウザかったので、ボタン一つで動くEXCELを作ってあげた。その結果、VBAのスキルが異常に上がってしまった。基幹システムの導入に何度も失敗していたので、データベースで業務管理ソフトを作ってあげたら、自分のパソコンスキルが異様に上達していった。当時、iPhoneを持っていなかったが、設定は全て私がやったので、スマホに詳しくなってしまった…etc.本当に感謝しています。

皆さんも、ネガティブに考えずに、是非進んでダメ上司の仕事を奪ってみてください。10年後にはきっと見違えるぐらい自分のスキルが上達して、転職に有利になっていますから。転職支援をしている斉藤でした。

スポンサードリンク


718d54efa82e174866b13fe79d3d1668_s 40代の転職者は使えない?今どきの中高年リアル事情とは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事