「 今日も転職エージェントに登録拒否されたけど、俺達は登録すらさせてもらえないのか? 」と悩む40代転職者は実際多いですね。

私も40代でリストラされて転職活動した際は、数えきれないほどの転職エージェントに登録拒否されて、悲しい気持ちになりましたよ。

今はこうして無事再就職していますが、某大手転職エージェントに「 斉藤さんには転職市場における価値はない 」とハッキリ言われたこともあります。正直、「お前に俺の何が分かるねん!」ってムカつきましたね。

ところで、この登録拒否、実は法令違反なんです。転職エージェントが送ってくるこのお祈りメール、なんだか表現が遠回し過ぎて、結局のところ何が言いたいのか分からない、なんて考えている40代も多いのではないでしょうか?

でも、そこにとらわれ過ぎて無駄に時間を消耗するのも、精神衛生上あまりよろしくありません。

今回は、登録拒否された40代が取るべき次の一手を紹介していきます。

転職エージェントの登録拒否行為は法令違反と認識

TRTM9709_TP_V 40代が転職エージェントに登録拒否された場合は迷わず他社へ挑むべし

「 転職エージェント 」・「 登録拒否 」で検索すると、サイト運営者のほとんどが

  • 現在紹介できる案件がない
  • 転職エージェントのサポートを利用できない
  • 実質的には、登録拒否である

と多くの人が誤認しているのがその証拠です。

ではなぜ「 実質的 」には登録拒否であっても、転職得エージェントは面と向かって「 あなたは絶対に登録できません 」と言ってこないのかお分かりですか?

実は、この日本には、登録希望者を拒否してはならないという法律があります。

それゆえ、明らかな登録拒否をしてしまっては法令違反になってしまう。だから、転職エージェントは登録拒否にならないようギリギリのラインで攻めてきます。

その結果、送られてくるメールが、どうしても分かったような分からないような遠回しの表現になってしまいます。

40代転職者は登録拒否が職業安定法違反と認識すべし

TRTM9709_TP_V 40代が転職エージェントに登録拒否された場合は迷わず他社へ挑むべし

職業安定法とは「 特に、職業紹介事業に関する基本的なルールについて定めたもの 」で、その中の第5条の6には

公共職業安定所、特定地方公共団体及び職業紹介事業は、求職の申し込みは全て受理しなければならない。ただし、その申し込みの内容が法令に違反するときは、これを受理しないことができるとあります。

私も総務職を長年していましたが、知りませんでした。

情けない。

ほとんどの転職者は、この事実を知ることはありません。40代や50代であっても法律的には、登録拒否できなません。

門前払いされたのは、自分の実力がなかったからだと多くの転職者は精神的に落ち込んでしまいます。では何故転職エージェントは法令違反を犯してまで、登録拒否という暴挙に出るのでしょうか?

それは転職エージェントもいち企業であり利益を追求しなければならないというのが理由です。

転職エージェントの法令違反を理由に再登録を迫る

TRTM9709_TP_V 40代が転職エージェントに登録拒否された場合は迷わず他社へ挑むべし

法令違反だからと再登録を迫るのも「 あり 」だと私は考えますが、果たして、それは転職者にとって効率の良い行為なのでしょうか?

もちろん、日本の労働者は職業安定法で守られているわけですから、再登録を迫るのも労働者の権利と考えて間違いありません。

しかし、登録を拒否されたのは、こちら側のスペックが転職エージェントの求めるスペックに、達していなかった可能性もあり得ます。

それぞれの転職エージェントには、ビジネスモデルがあります。20代や30代の若年層を主ターゲットとしているエージェント、40代や50代のミドル層を主ターゲットにしているエージェント。

それゆえに、仕事を紹介してもらえなかったからといって、一方的に転職エージェントを責めるのは見当違いです。

リクルートエージェントとリクナビNEXTが、40代以降の転職者も含めてターゲティングしているのに対して、マイナビエージェントとマイナビ転職は20代から30代を主にターゲットとしているのが良い例でしょう。

また、厚生労働省発表の平成27年度職業紹介事業報告書を見る限り、有料職業紹介事業所数は全国に約18,000社存在します。

その内訳は、東京都で全体の30%で5,400社、大阪府で10%の1,800社、残りの60%が他府県にあると言われています。

それゆえに、たった1社か2社に断られた程度で「 自分には市場価値がない 」と決めつけるのは時期尚早です。

無駄に消耗せず登録拒否されないエージェントを選択

転職エージェントに登録拒否されることほど、腹立たしいことはありません。

まだ会ったこともない他人に、自分を完全否定された気持ちになりますよね?はらわたが煮えくり返るとは、このことを言うのでしょう。

しかし、そこで無駄に消耗していては時間の無駄。

さっさと見切りをつけて、別の転職エージェントに応募していきましょう!

私は、なりふり構わず100社ほどに登録敢行しましたが、正直そういう戦略のないやり方はお勧めできません。相手のビジネスモデルを考えずに行動すると、傷つく回数が無駄に増えるだけですから…。

絶対、登録拒否されたくないとお悩みの40代には、以下の2社をおススメしています。

特に、当サイトでお勧めしているTRTM9709_TP_V 40代が転職エージェントに登録拒否された場合は迷わず他社へ挑むべしJAC リクルートメントは登録拒否されたという事例を聞くことはありませんし、1日も早く再就職する必要のある40代には最適のエージェントです。

また、こちらからキャリアカウンセラーを逆指名して、アプローチする人材バンクネットも登録拒否される恐れがないため、好評です。今後、人材バンクネットのような逆指名型の転職エージェントは、ますます増える傾向にあります。

転職エージェントに登録拒否された場合の対処法まとめ

最後に今回の要点をまとめておきましょう。

TRTM9709_TP_V 40代が転職エージェントに登録拒否された場合は迷わず他社へ挑むべし 登録拒否は実質的には法令違反
TRTM9709_TP_V 40代が転職エージェントに登録拒否された場合は迷わず他社へ挑むべし 法令違反だと訴えれば登録してもらえるが決して効率的ではない
TRTM9709_TP_V 40代が転職エージェントに登録拒否された場合は迷わず他社へ挑むべし 40代転職者が、1社や2社登録拒否されるのは当たり前

登録拒否されて、少しばかりショックを受けたのは、紛れもない事実ですよね?

私も何度ショックを受けて「 転職活動辞めたいなぁ~ 」ってネガティブな気分になりましたが、法令違反だと分かっただけで少しホッとした経験があります。

40代だけでなく、20代や30代でも登録拒否は、実際起こっています。

それぞれの転職エージェントが、様々なビジネスモデルを持っていることに起因しますので、気にせずに別の転職エージェントにトライしていきましょう。

転職支援をしている斉藤でした。

特に、当サイトで一押しのTRTM9709_TP_V 40代が転職エージェントに登録拒否された場合は迷わず他社へ挑むべしJAC リクルートメントは1日も早く再就職する必要のある40代には最適のエージェント。

こちらからキャリアカウンセラーを逆指名して、アプローチする人材バンクネットも登録拒否される恐れほぼナシの優良サイト

スポンサードリンク


TRTM9709_TP_V 40代が転職エージェントに登録拒否された場合は迷わず他社へ挑むべし

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう