「 40代以降の中高年対象の求人がない 」「 35歳以上の転職は絶望的 」と嘆く転職者は意外に多いですね。

私も40代でリストラされて転職活動を開始した際、応募できる求人があまりにも少なかったので驚いてしまいましたしかも失業保険が切れるまで半年足らずしかなく、「 制限期間内に転職先は見つけられるのか? 」と絶望してしまいました。

40歳代以上でも転職先は必ず存在します。転職サイトやハローワークの求人などのように表に現れる求人は、20代や30代前半の若年層をターゲットにする傾向にありますが、転職エージェントの扱ういわゆる非公開求人に代表される求人は逆に40歳代以上をターゲットにしたものが多いのです。

40歳代以降の求人は潜在的には存在しますが、何故顕著化してこないのかお分かりでしょうか?これには明確な理由があるのです。

40代からの求人が顕著化しない理由とは?

ニワトリが先がタマゴが先がという話ではありませんが、中高年の転職をサポートするシステムや体制が整っていない現在、基本的に企業の社長はそんじゃそこらに求人を出せません。社長は自分の会社の経理部長や人事部長の求人を、企業名がオープンになる転職サイトやハローワークには出せませんよね?

さらに、現在の課長からすれば「 なんで俺が部長になれいないのか? 」と思うのが当然ですし、現在の部長は「 俺がいるのにどうして探しているんだ? 」と疑心暗鬼に陥ります。そういうデリケートな問題を含んでいるため、もともとオープンしづらいのが40代以降の求人の特徴です。

PAK24_akusyuwokawasuhutari1194_TP_V リクルートエージェントで転職に失敗する40代はいるのか?

40代はリクルートエージェントで勝利を掴め!

100社を超える転職エージェントに突撃した転職歴5回、役職経験なしの私斉藤がJACリクルートメントの次にお勧めするのが、リクルートエージェントです。

40歳代以降の求人を多数保有しているリクルートエージェントは「 中高年でも登録拒否されない転職エージェント 」として有名です。リクルートエージェントは1977年から転職市場に参入している最古の転職エージェントです。またリクルートエグゼクティブエージェントなどの関連企業を多く持つメガ企業でもあります。

そのため利用者は非常に多く、現時点で40万人と公表されています。厚生労働省のデータによると、日本の1年間あたりの転職者は80万人であることから転職者のうち、おおよそ50%の転職者がリクルートエージェントを利用していることが分かります。

登録方法は以下の通り。

  1. ネットから無料登録をする
    無料登録だからといってデタラメな情報を入力したり、空白だらけの情報を入力しているようでは確実に登録拒否されてしまいます。お祈りメールをもらってハイさよならです。40代以降でも相手にしてくれる転職エージェントは貴重です、気合を入れて正確な情報の入力を心がけましょう。
    また、リクルートエージェントはリクナビNEXT経由でも登録できます。
  2. 近くのリクルートエージェントに行ってキャリアカウンセリングを受ける
    無料登録時に入力したレジュメに基づいて、担当キャリアアドバイザーによる無料カウンセリングが行われます。その際、退職理由などを聞かれますので、率直に答えていきましょう。
  3. こちらの希望を伝えて求人案件を紹介してもらう
    いよいよ、ここからが本番です。これまでの経験とあなたの希望に合わせてキャリアカウンセラーが求人案件を紹介してくれます。私自身、40代でリストラされて転職活動を余儀なくされた際、リクルートエージェントにはお世話になりました。その理由は以下の3つ

リクルートエージェントは求人案件がとにかく多い

最古参の転職エージェントだけあって、その求人案件は群を抜いています。2位のパソナキャリア30,000件に対して100,000件という膨大な求人案件を保有しています。実に3倍以上保有しているというのですから驚きです。

リクルートエージェントは求人案件の紹介に、パーソナルディスクトップという仕組を採用しています。このパーソナルディスクトップを通じて担当のキャリアカウンセラーから求人の案内があります。年齢や経験によって異なりますが、多い時には50件以上もの求人の案内があると言われています。

私と共にリストラされた40代の経理課長は一度に100件以上もの求人の案内があったというのですから、本当に驚きです。

PAK24_akusyuwokawasuhutari1194_TP_V リクルートエージェントで転職に失敗する40代はいるのか?

リクルートエージェントの求人案件は本当に面接まで進めるのか?

非常に質がよくハイレベルな求人を数多く紹介してもらえるリクルートエージェントですが、残念ながら求人に応募して面接までたどり着ける確率は10%以下だと考えています。リクルートエージェントのビジネスモデルは「 登録型 」と呼ばれています。転職希望者が登録をして、それに見合った求人があれば紹介するシステムです。

「 登録型 」の最大の特徴は、ほとんどの企業で求人会社を開拓する社員と、登録者と面談して求人を案内する社員が分業制になっていて、効率的に数をこなせるようになっていることです。従って面談担当のキャリアカウンセラーは、求人内容や企業情報を文字ベースでしか持っていません。

それゆえ「 登録型 」は、転職希望者にたくさんの求人票を見せて「 どこがいいですか? 」と選んでもらう形になりますので、求人数の多い20代から30代前半の方に向いているのです。

私もリクルートエージェント経由で某ベンチャー企業の総務職に応募したのですが、合否判定が非常に長く悶々としました。

PAK24_akusyuwokawasuhutari1194_TP_V リクルートエージェントで転職に失敗する40代はいるのか?

リクルートエージェントの合否判定は非常に長く感じる

一般的にみて、転職エージェント経由の非公開求人に応募した場合、求人案件の紹介から面接、最終的な合否判定まで平均2.1が月かかると言われています。当然ですが、この数値は年齢が上がると共に長くなっていくと考えてください。リクルートエージェントの場合は正に2か月以上かかってしまいました。

私は、JACリクルートメントでの「 紹介から合否判定まで2週間 」を体感していたため、非常に長く感じてしまいました。

この2か月と言う選考期間ですが、在職中の転職組には有利ですが、失業保険をもらいながらの再就職組にとっては非常に不利だと感じてしまいました。2か月もの間「 待ちの姿勢 」で合否の行方を祈っているようでは、間違いなく40代からの転職は失敗して長期化します。繰り返しになりますが、40代からの転職には「 攻めの姿勢 」が必要です。

PAK24_akusyuwokawasuhutari1194_TP_V リクルートエージェントで転職に失敗する40代はいるのか?

リクルートエージェントは40代にとって使えないエージェントなのか?

リクルートエージェントを利用する最大の利点は、「 面接力向上セミナー 」が充実している点です。パソナキャリアやJACリクルートメントでは、このようなセミナーは開かれていません。

PAK24_akusyuwokawasuhutari1194_TP_V リクルートエージェントで転職に失敗する40代はいるのか?

このセミナーは面接対策から企業情報の見抜き方まで、転職活動で何をすればよいか必須のノウハウが習得できます。当日配布されるワークシートを活用して「 転職理由 」「 自己PR文 」のシナリオ制作を行い、講師へ直接質問することも可能なのです。私はこのセミナーを受ける前と後で転職への考え方が大きく変わりました。本当に目から鱗でした。

受講してよかったと思いますし、1回で理解できなければ何度でも受講できるのも嬉しいですね。私は2回参加させてもらいました。

リクルートエージェントで面接力を鍛え、パソナキャリアで履歴書のブラシアップを図り、JACリクルートメント案件に応募するというのが、総務人事歴12年の私が考えた、40歳代以降の転職者に贈る最高の鉄板パターンです。是非試してみてください。


リクルートエージェントで転職に失敗する40代はいるのか?についていかがでしたか?
今回の要点についてまとめておきます。

・リクルートエージェントは求人案件がとにかく多い
・紹介される案件は圧倒的だが、実際に面接まで進める確率は一般的
・求人の紹介から面接の合否判定までのサイクルも一般的
・40代以降でも参加できる「 面接力向上セミナー 」は絶対受講すべき

リクルートエージェントが主催している「 面接力向上セミナー 」は目から鱗です。明日からの転職活動が劇的に変わるかもしれませんよ!是非参加してみてください。転職支援をしている斉藤でした。

スポンサードリンク


PAK24_akusyuwokawasuhutari1194_TP_V リクルートエージェントで転職に失敗する40代はいるのか?
おすすめの記事