「 マイナビとリクナビNEXTで何がどう違うのか分からない 」って質問を40代の転職者からよく受けます。

確かに、管理画面もほとんど同じだし、仕組み自体も大きく違う箇所は少ないですし、何がどう違うのか聞かれると答えられるコンサルの方が多いのが実情です。でも私は、40代でリストラされて転職活動を行った際、マイナビとリクナビの大きな違いに気付きましたよ?

年齢層について、マイナビ転職は20代30代が主なターゲット、リクナビNEXTは35歳以上でもOKというのが結論です。

それでは、マイナビとリクナビNEXTの違いについて詳しくみていきましょう。

マイナビ転職はサイトランキング上位の大型サイト

マイナビ転職はリクナビNEXTと同じく、媒体型の転職サイトで元々は求人誌に由来しています。また「 朝日新聞 」「 日経新聞 」その他地方紙など、WEB版の求人情報ページを持つ新聞は、紙面中の求人広告と連動しています。

リクナビNEXTがリクルートのかつての求人誌「 B-ing 」「 とらばーゆ 」「 ガテン 」「 fromA 」などで扱っていた求人広告が集約された形なのに対して、マイナビ転職は朝日新聞社の関連会社として設立された株式会社マイナビによって運営されています。

媒体型はその由来から「 求人広告型 」とも呼ばれています。転職サイトによっては求人広告に独自の掲載基準を設けたり、掲載企業の取材記事を交えていたりする場合もあるのです。

リクナビNEXTやマイナビ転職に代表される、媒体型の転職サイトは小規模なものを合わせれば、数百存在すると言われています。それは膨大すぎる数であり、すべてをチェックし尽くせるものではありません。全てを網羅する代わりに私がお勧めするのが、媒体や人材紹介会社と提携しているポータルサイトの活用です。

ポータルサイトによって提携先が違ってくるので、いくつかのポータルサイトを組み合わせて利用する戦略が有効と考えるべきです。

TRTM1764_TP_V 40代がマイナビ転職で成功する方法をプロの私が伝授します

マイナビ転職は40代にとって使い勝手の良い転職サイトなのか?

さまざまな転職サイトがあるなか、リクナビNEXTとマイナビ転職が全ての転職サイトに占める割合で90%近いシェアを誇っているため、単純計算でこれらに登録しないというのは、転職できる確率がほぼなくなってしまうということになります。

2018年3月1日現在、リクナビNEXTの求人数が11,111件なのに対し、マイナビ転職は10,434件とさほど大差はありません。両者の大きな違いを挙げるとすれば、年齢層登録者数です。リクナビNEXTが40代も含めターゲットにしているのに対し、マイナビ転職は、20代から30代中心の若年層をターゲットにした求人情報が多く掲載されています。

またリクナビNEXTの登録者数が600万人に対し、マイナビ転職は200万人と大きな違いが生まれています。

一見、求人数がほぼ同数なのに対して、登録者数が3分の1以下であるマイナビ転職のほうが転職に有利に思えますが、40代がマイナビ転職で求人にエントリーしても「 お見送り 」を受けるケースの方が確実に多いです。

年齢層
マイナビ転職:34歳以下65%、35歳以上35%
リクナビNEXT:34歳以下45%、35歳以上55%

これは私が40代でリストラされ再就職活動を余儀なくされた時に、仲間たちと収集したデータです。明らかにマイナビ転職は20代、30代をターゲットにしているのがお分かりではないでしょうか?

  • 年齢層はマイナビ転職が若年層に強く、リクナビNEXTはミドル層に強い。
  • どちらの媒体も会員の経験職種は、「営業職」「販売・サービス」「管理・事務系」の3つの割合が多い。
  • マイナビ転職は未経験に近い若年者層からの応募も多く、中小企業の求人の反響も出やすい。
  • リクナビNEXTは大手企業の案件に強く、技術者などスキルが高い求人の反響も出やすい。

私が転職支援を始めた頃、各社営業マンの方に説明を聞いた特徴が上記の4つになります。年齢層に関するデータが営業マンの説明と合致しているのがお分かりになるのではないでしょうか?

TRTM1764_TP_V 40代がマイナビ転職で成功する方法をプロの私が伝授します

マイナビ転職は40代にとって使えない転職サイトなのか?

先述した通り、マイナビ転職もリクナビNEXTと求人数はほぼ同数であるため、若年層をターゲットにしているからという理由だけで登録しないのは戦略的に問題があります。

また求人を出す側からの観点から見れば、マイナビ転職とリクナビNEXTの両方に求人情報を同時に出すということは考えにくく、マイナビ転職とリクナビNEXT両方に登録しておくことで網羅性を高めることができると考えています。

ちなみに、私の職場では、前職・現職共にリクナビNEXTを求人の手段として活用しています。

マイナビ転職は、リクナビNEXT同様に会員登録をすると、無料で履歴書コーチや面接コーチ、転職相談を無料で受けることができます。またスカウト機能も充実していて、転職に役立つ情報も満載です。

プロが教えます!40代転職者のマイナビ転職活用法

 TRTM1764_TP_V 40代がマイナビ転職で成功する方法をプロの私が伝授します宮崎あおいさん出演中

私は、リクナビNEXTの大泉洋さんよりも、マイナビ転職の宮崎あおいさんの方が個人的に好きです。これで40代の求人も豊富であれば最高なのですが…
登録は、もちろんyahooメールやgメールなどのフリーメールで問題ありません。

TRTM1764_TP_V 40代がマイナビ転職で成功する方法をプロの私が伝授しますTRTM1764_TP_V 40代がマイナビ転職で成功する方法をプロの私が伝授します

トップ画面はリクナビNEXTよりも見やすいと好評

TRTM1764_TP_V 40代がマイナビ転職で成功する方法をプロの私が伝授します

求人検索画面も非常にシンプルでグッド

TRTM1764_TP_V 40代がマイナビ転職で成功する方法をプロの私が伝授します


40代がマイナビ転職で成功する方法をプロの私が伝授しますについていかがでしたか?
今回は長くなってしまいましたので、要点だけまとめておきます。

・マイナビ転職は、20代30代の若年層が主なターゲット層
・主なターゲット層は違うが、スルーするのは戦略的にNG

マイナビ転職は、20代から30代中心の若年層をターゲットにした求人情報が多く掲載されており、40代からの転職者には少々不利だと説明しました。それを補えるほどの転職フェアが年2回開催されています。なかなか書類選考を通過できず絶望していた40代も、この機会に転職フェアに参加してみてはいかがでしょうか?転職支援をしている斉藤でした。

スポンサードリンク


TRTM1764_TP_V 40代がマイナビ転職で成功する方法をプロの私が伝授します
おすすめの記事