「 結局、40代でも採用される人って転職回数が少なくて、管理職経験が長い人ですよね? 」と劣等感を感じている中高年は意外に多いです。

私自身、40代でリストラされて転職活動を始めた当初、某転職エージェントのキャリアカウンセラーに「 ( 転職回数が多くて管理職経験がないため )あなたには市場価値がない 」と言い放たれて愕然としました。「 転職できる見込みがないのに、もう仕事辞めちゃったよ。この先どうすればいいの 」って絶望したのを今でも覚えています。

しかし、実際リストラされた仲間達と転職活動を進める中で、採用される40代の中高年像は世間一般で言われているものとは違っていることに気付き始めました。

企業が注目する40代のポータルスキル

MIYAZAKIDSC_9740_TP_V4 転職回数が少ない40代は有利?企業が本当に注目するのはポータルスキル

インターネットが急速に発展した現代において、35歳はもちろん、40代以上であっても、経験やスキルが豊富で自社で活躍してくれそうな人は積極的に採用するという考え方に、企業は確実に変化してきています。そしてこの傾向は、ここ数年さらに加速してきています。

中途採用の際、企業は応募者が過去の業界や職種で培った専門知識やその仕事でしか発揮できない専門能力の高さだけなく、人とのコミュニケーション力や仕事のダンドリ力なども併せて評価することが増えてきています。

40代上の中高年層には、これらの「 業種や職種を超えて持ち運びが可能なポータブルスキル 」を培って来られた方が多く、実際に活躍する事例が増えたこともあって近年注目度が高まってきています。

もう少し具体的に説明すると、人とのコミュニケーション力には、たとえば利害交渉能力コーチング能力仕事のダンドリ力には問題解決能力などが含まれています。経験業界や職種を問わず、あるいは新卒からのプロパー人材重視主義が変化してポータブルスキルを持った人材を外部から採用して抜擢する傾向も年々強まっています。

35歳、40歳、45歳と年齢が上がるごとに求人が半減していく中高年の転職市場。

いつ転職することになるか分からない先の見えない世の中では、若いうちからその環境に備えておく必要があります。「 それはどうやって具体的に何をすれば備えることができますか? 」という質問のために以下、40代になっても企業に必要とされ、転職に成功した人たちの3つの共通点です。

40代の専門業務の経験とスキル

MIYAZAKIDSC_9740_TP_V4 転職回数が少ない40代は有利?企業が本当に注目するのはポータルスキル

総務であれ、経理であれ、自分のメインとなるキャリアスキルは当然ながら大前提ですが、専門業務の経験・スキルとはいっても、同職種への転職だけのためではありません。

一例としてMRから介護業界の施設責任者に転職に成功した事例においては、非常に難易度が高い医者向けの営業で鍛えられた顧客対応能力が、ご入居者様の家族からのクレームや要望がつきものの介護施設の運営で生かせるという点が評価されたケースがあるのです。

医薬品に対する専門知識ではありませんが、MRだからこそ鍛えられた専門能力にMR以外での汎用性があったという非常に珍しい成功例といえるでしょう。

40代のコミュニケーション能力

MIYAZAKIDSC_9740_TP_V4 転職回数が少ない40代は有利?企業が本当に注目するのはポータルスキル

非常によく聞くキーワードで、かつ抽象的な言葉ですが、しかし絶対に欠かすことができない能力です。

具体的に説明すると、社外の取引先やパートナー、社内では経営陣や若手、場合によってはアルバイトやパート社員、派遣社員など利害や環境が異なる人々と一緒に仕事を進めていくうえで、相手の立場を理解し、結果に結びつけていく力と言っても過言ではありません。

これは、ただの会話力や語彙力などではなく、他社への興味関心、人間そのものを知る力、言語では見ることができない心理を読み解く力とセットになって構成されていると考えます。

40代中高年の柔軟性・変化適応力

MIYAZAKIDSC_9740_TP_V4 転職回数が少ない40代は有利?企業が本当に注目するのはポータルスキル

受容力と言っても過言ではありません。環境変化が激しく、昨日までの常識が明日には通用しなくなるかもしれないことが当たり前の世界ではいかに変化に適応できるかが重要となってきます。

これができない人は、周囲から「 頑固者 」「 過去の成功体験に縛られている 」「 状況が読めない 」などと評価され、次第に必要とされる出番が減少していきがちです。

いかに自らの過去の成功体験と戦い、こだわりを減らし、新しい課題を受容していくか自ら新しい手法を開発していくかが重要となってきます。

この柔軟性が年齢とリンクして低下する傾向があることも、確率論として、40代以降の転職における中高年世代が採用部門に敬遠される結果に繋がっているのも事実です。40代からの転職で失敗して絶望する前に内定を勝ち取るためには、是非ともこれらの点に注意して、自ら未来を切り開いていただければと願っています。

希望退職制度に応募した太田さんのケース

MIYAZAKIDSC_9740_TP_V4 転職回数が少ない40代は有利?企業が本当に注目するのはポータルスキル

太田さんは、1998年に新卒で入社した従業員500人ほどの製造業に勤務し、工程管理課でプロジェクトマネージャーとして活躍中の40代です。

家族構成は、妻と娘がいて、昨年大阪の郊外に二世帯住宅を建てたばかりという。

以前から社内では噂されていたのですが、数年前に取引先だった大手企業が外資系に買収されてしまい、巨額の受注を失ったため会社の経営が傾き年内に清算手続きに入ることが決定してしまったというのです。

当然のごとく、太田さんは定年まで働けるものだと考えていました。

しかし技術を受け継ぐことになる20代・30代の若手と経営陣を除き、40代以上は突然にリストラの対象となってしまった。しがみついてでも社に残りたいとも考えたが、条件のいいうちに早期退職制度に応募するつもりだという。

どちらかというと古風なところがある太田さんは、転職には否定的だったというが、突然転職活動をせざるを得ない状況になってしまったのだ。

ただ、転職経験がない太田さんにとって、最初は何から手を付けていいのか全く分からなかったという。電車の中吊り広告やテレビやCM、インターネットの広告で転職サイトや転職エージェントの企業名を目にする機会があったのですが、一体何を使えばいいのか分からず、暫くは独自に活動していたといいます。

転職支援をしている中で、活動中の40代と話をしていると、特に初めての転職の場合、太田さんと同じような迷いや葛藤をいだく方が多いと感じます。

自分に合った転職ツール、そもそも活動の仕方を効率的に進めることができるように、色々整理しておくポイントがあります。

40代はいつまでに転職を完了させたいか?

MIYAZAKIDSC_9740_TP_V4 転職回数が少ない40代は有利?企業が本当に注目するのはポータルスキル

「 早期退職制度に参加したので、ある程度は資金に余裕がある。だから焦らずじっくり探したい 」と考えている方もいれば、出来る限り早く働き始めないとローンが滞って困る方もいらっしゃいます。

転職の緊急度は人それぞれです。また転職の緊急度が違えば戦略も大きく変わっくる為、しっかり定めておくことが超重要になります。

40代は希望年収などの必須条件を重要視するべきか?

MIYAZAKIDSC_9740_TP_V4 転職回数が少ない40代は有利?企業が本当に注目するのはポータルスキル

ぶっちゃけ、仕事の種類や年収、休日などの福利厚生面を選ばなければ、割と簡単に職に就けるわけです。しかし、実際はそうはいきません。

自分にとって絶対必要な条件を書き出して、条件それぞれに優先順位をつけておきましょう。希望条件が10個とか20個になってしまう場合は欲張りすぎです。できれば10個以内に絞り込んでおくのが良いでしょう。この優先順位は今後非常に重要な役割を果たすので、紙に書き出して忘れないようにしてください。

転職は、この希望条件の変数が特に大きくなりがちですから、いざ転職活動を始めると自分でも驚くほど決断が鈍ります。

40代は、そもそも雇用される働き方しか選択肢はないのかどうかという観点も考慮しておくとよいですね。起業や独立など、転職以外の可能性も見落とさないでください。

40代で転職回数が多い管理人でも有利に動ける裏技

MIYAZAKIDSC_9740_TP_V4 転職回数が少ない40代は有利?企業が本当に注目するのはポータルスキル

ポータルスキル、専門業務の経験とスキル、コミュニケーション能力や柔軟性は、どれも欠かすことのできないものです。長年のサラリーマン人生から培った経験を土台としているため、いざ困ってから習得しようと考えても難しいでしょう。

しかしながら、これら以外にも書類選考や面接で絶大な威力を発揮するスキルが存在します。

それは、ITスキルです。

私もこのスキルのおかげでどれだけ助けられたことか分かりません。ITスキルが通用するのは、システム部やシステム課が存在しないような零細中小企業限定になってしまいますが、かなりの破壊力を持っています。

ただ単にExcelが使えますというアピールではなく、Microsoft Office のVBAが組めますとか、ホームページを作る際に使用するhtml言語分かります、データベースを作る際のクエリが理解できますといったものです。

零細中小企業においては、未だIT技術の進歩に付いていけず、紙媒体中心の業務を行っていたり、ホームページを持っていなかったりします。

ですから、ITスキルがあれば神扱いされること間違いなしです。

「 ああ、俺にはそんなスキルないや 」と諦めないでください。例えば、趣味でパソコンの自作をやっているとか、無料ブログサービスで日記を書いたことがある、Excelでゲームを作ったことがあるなど、何でもいいです。

英語スキルなどは、他人より多少秀でても差別化することは難しいですが、ITスキルは知ってさえいれば重宝されます。

私の場合、現在の職場でホームページの保守運営に年間300万円もの費用を業者に払っていました。「 ボッたくられていますね 」と感じたので上司に具申してみました。

私 :html言語できます。

上司:じゃあ、やってみなよ。

初年度にして、ホームページ担当というポジションをゲットしただけでなく、300万円の費用削減できました。給料倍にしてくれますか?なんてね。

本当に何もないというのであれば、eラーニングで学習しつつ職場でアウトプットの機会を待つというスタイルがいいでしょう。資格スクールは入会時に多額の入学金が必要でして、途中で挫折したら入学金がパーとなりますが、eラーニングは基本無料ですから、挫折しそうになったら辞めればいい。入学金的な費用も発生しませんしね。

今は、Microsoft Office系よりもインターネット言語のほうが将来性があると思います。プログラミング言語と言ってしまうと拒否反応を示す40代が多いですが、html言語なんかは比較的簡単に習得できます。Microsoft Office Excelのように変数とか難しい概念がないのも嬉しい限りです。

TECH ACADEMYは無料登録できるだけでなく、無料でプログラミング言語を学べます。

転職回数が少ない40代は有利なのかどうかまとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

企業が求めるものは40代が持つ以下のポータルスキル
 MIYAZAKIDSC_9740_TP_V4 転職回数が少ない40代は有利?企業が本当に注目するのはポータルスキル 専門業務の経験とスキル
 MIYAZAKIDSC_9740_TP_V4 転職回数が少ない40代は有利?企業が本当に注目するのはポータルスキル コミュニケーション能力
 MIYAZAKIDSC_9740_TP_V4 転職回数が少ない40代は有利?企業が本当に注目するのはポータルスキル 柔軟性と変化適応力
管理人がおススメするのはITスキル

企業が求めている人物像は転職回数が少なくて、管理職経験が長い人ではないことが分かったのでホッとした40代の方も多いのではないかと思います。
転職エージェントに「 市場価値がない 」なんて辛辣なコメントをされても気にせず転職活動を進めていきましょう!

転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

スポンサードリンク


MIYAZAKIDSC_9740_TP_V4 転職回数が少ない40代は有利?企業が本当に注目するのはポータルスキル

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事