「 応募できる求人がない 」という理由から何も行動できていない40代の転職者が本当に多いことに驚きを隠せません。

「 応募先がない 」とおっしゃる転職者に、「 本当に探しましたか? 」と尋ねたところ、「 新聞とハローワークは見た 」とか「 転職サイトと転職エージェントは見た 」と2つないし3つの手段でしか求人を探していない方がほとんどです。それでは何故、転職エージェントに登録しないのかと尋ねてみると、ほとんどの方が「 自分なんか華々しい経歴がないから登録すらしてもらえないと思っていた 」と答えるのです。

繰り返しになりますが、求人は必ずあります。40代で転職歴が5回以上あり、転職エージェントから「 転職市場における価値がないから、転職は無理 」と言い放たれた私でさえ、ある種のテクニックを身につけることができたため、求人を容易に見つけることができます。

求人がないと思われる40代以降の転職者は、自分の求人情報の探し方を再チェックしてみるべきです。新聞は何紙?転職サイトは何サイト登録しましたか?40代以降の転職者は、様々な情報源を活用して、精密な情報収集を行わなければ、転職に失敗して絶望します。

応募書類を確実に届けなければ失敗して絶望する

第一志望の職種だけで週20件以上応募していくわけですが、時間が経つにつれ応募できる求人が低減していきます。応募の優先順位を考えたうえで、第一志望の職種だけでは応募数が足らなければ第二志望、第三志望の職種へと応募先を広げてください。それでも足りなければ、求人条件を無視してでも応募していきましょう。

20社以上の応募を繰り返し、応募書類には必ず自己PRをつけて的確に採用担当者の目に届くようにしていれば、不思議なもので1~2週間後には複数の会社から面接の通知が舞い込んできます。一定の応募件数を減らさなければ、書類選考は自ずと通過することを理解しておいてください。

面接においては、単に相手が聞いてくることに対して回答するばかりでなく、こちらから逆質問をしつつ自己PRすべきです。これらのテクニックは面接の回数をこなさなければ身に付きません。

見通しの不明は数値目標を掲げ、応募先を確保した時点でかなり解消できます。何をどれだけ行動すれば良いのか自分自身で理解できるようになります。そして1~2週間後には跡形なく解消しているはず。計画通り行動できていれば、不思議とその頃に面接の通知が次々に舞い込んできます。

PAK85_notepc20150319202127_TP_V 40代の転職者は行動できなければ失敗して絶望する

行動しなければ見通しが立たず不安で絶望する

応募ノルマを自ら設定して行動することで、来週の何曜日には自分が何をしているのか予想できるようになってきます。この日とこの日は面接、その合間に翌週分の応募を行い、転職エージェントに電話をしてCAに履歴書の添削を依頼する等の具体的な予定が立ちます。やがて内定日のおおよそな予想も可能になります。

面接に挑むための不安を解消するためには、書店に数多く並んでいる「 履歴書や職務経歴書の書き方 」「 40代以降から始める面接必勝法 」などのHOW TO本を参考にするのが良いでしょう。しかし、面接という人と人との対面でのやり取りは必ずしも定型的に行われるとは限らず、臨機応変な対応が求められます。

こればかりは書籍などの情報だけではどうすることもできません。>場数を踏んで「 慣れる 」しかありません。

PAK85_notepc20150319202127_TP_V 40代の転職者は行動できなければ失敗して絶望する

もちろん、転職エージェントの無料面接シュミレーションや有料の転職支援サービスの中にある「 面接必勝プログラム 」を利用するのもありだと思います。特に、有料の転職支援サービスが提供している「 面接必勝プログラム 」は、面接のシュミレーションを行うのは当然のことながら、実際にその様子をビデオ撮影し、転職者と共にチェックし改善点を修正していくトレーニングが繰り返されます。

これは非常に効果的だと私は考えています。同様のトレーニングは、自宅で家族とと共に面接シュミレーションする様子をビデオ撮影することで代用することができるので、是非試してみてください。

自分自身の姿勢や話すクセを客観的に見る機会は、そうそうないので最初は自分の姿に驚かれるかと思います。私自身、リストラされた面々と集団でビデオ撮影を行いましたよ。姿勢や話すクセは矯正すると、必ず自信も付いてきます。当時の映像は未だ残っていて、本当に恥ずかしい。


40代の転職者は行動できなければ失敗して絶望するについていかがだったでしょうか?
では、最後に今回の要点についてまとめておきます。

・応募書類は確実に採用担当者へ届ける努力が必要
・ある一定数行動しつづければ、見通しが立つようになる

週20通もの応募書類を送り続けるには、相当の労力が必要になってきます。転職サイトで週20件応募するのとは訳が違いますが、1、2週間もすれば結果が出るので驚くと思いますよ。私も合計150通近く応募書類を郵送し続けた経験者ですから。一日も早い転職をお祈りしております。転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

スポンサードリンク


PAK85_notepc20150319202127_TP_V 40代の転職者は行動できなければ失敗して絶望する
おすすめの記事