転職エージェントは「 ハイレベルな非公開求人 」を大量に保有しているから絶対に登録すべきよって噂で聞くけど、結局のところどうなんですか?とよく質問を受けます。

私も40代でリストラされて転職活動をした際、「 非公開求人 」の意味さえ理解せずに、「 40代で転職に失敗しないためには転職エージェントのサポートが必須 」との情報を頼りに、ただ闇雲に登録申請をしては断られていました。

転職エージェントのビジネスモデルは求人企業ありきです。

現在では民間の有料職業紹介事業者、つまり転職エージェント良質の求人情報大量に所有しています。これらは、いわゆる非公開求人と呼ばれている求人です。

事実、転職サイトやハローワークよりも民間の有料職業紹介事業者である転職エージェントを利用した場合のほうが、より多くの応募先を見つけられます。より良い求人情報は、今や一般のメディアや公的機関よりも、転職エージェントへ流れる構図が出来上がってしまいました。

転職エージェントとは何かを解説します

「 人材紹介サービス 」「 転職エージェント 」「 キャリアコンサルタント 」「 ヘッドハンター 」など、会社によって表現がバラバラなので、最初は違いがよく分からないかもしれませんが、要は転職に関するプロフェッショナルが、直接対面や電話・メールなどで一人ひとりの相談に乗りながら求人を紹介してくれる「 人的サービス 」です。これらは基本的に費用はいっさい発生しません。

転職エージェントという言葉自体はビジネス的な用語で、正式には有料職業紹介事業者と呼ばれています。有料職業紹介事業者とは、法的に人材紹介事業を行う許可を受けた事業所のことを指すのです。

有料職業紹介事業者(当サイトでは転職エージェント)は、「 総合型 」「 特化型 」「 ヘッドハンター型 」に大別できます。掲載された情報だけを頼りに自分で応募する転職サイトとは異なり、自分の希望や経歴を踏まえて、自分ひとりでは見つからなかった可能性をアドバイスしてもらえるなど、人的サービスならではの価値があります。

コンサルタントの経験や知識の優劣や相性などには多少ばらつきがありますが「 このコンサルタントは信頼できる 」と感じたのならば、できるだけ率直に、心を開いて相談した方が得策でしょう。

ただし、労働集約型の高付加価値型サービスなので、対象者が限定されてしまうデメリットがあります。職歴や年齢・転職回数によっては登録申請しても登録すらしてもらえない可能性も十分にあります。

OOK160217120I9A9088_TP_V 40代が知るのは優秀な応募者に求人紹介が集中する事実

転職エージェントのビジネスモデルを理解すべし

転職エージェントの社員に話を聞くと、「 求職者の登録は増える一方だが、売れる人材が思った以上に少ない ので苦戦していると言うのです。この言葉は民間の転職エージェントの実情をズバリ言い当ています

これは、「 売れる商品は欲しいが、売れない商品はいらない 」と暗に言っているのと同じです。

転職エージェントがやみくもに多くの求職者を企業に紹介してしまえば、企業のその求職者に対する評価が悪かった場合、別の業者に乗り換えられる危険性が高くなります。したがって、人材紹介会社の判断によって、能力の高い人、条件の良い人だけを内部で選別し、対象となる求職者にだけ求人紹介が集中してしまうのです。

また、転職成功後の売上は転職者の年収をベースにして算出されるため、高収入が期待できる求職者によい求人が優先的に割り振られてしまうのが現実なのです。

転職エージェントで門前払いされる根本的な理由を理解すべし

以上の事実から、高年齢であることは必ずしも決定的なマイナス評価になることはありませんが、就職先での年収が低いと判断されてしまうと、なかなか案件が回ってこないことになりかねません。条件あるいは実績に優れる人にはもってこいですが、そうでない40代中高年にはやはり厳しいのがこのサービスの特徴といえます。

繰り返しになりますが、転職エージェントは、情報提供よりも、情報収集に重きが置かれています。転職エージェントのビジネスモデルからすれば、当然のことと言えば当然のことなのです。

就職難の時代にあっても、企業が欲しい人材を集めるには相応の手間と努力を要します。転職エージェントは、企業の求人にすぐ応じられるよう優秀な人材を常に確保しておきたいと考えています。応募者情報は、その候補としてリストに加えられるわけなのです。

一方、求人情報を見ると、他の情報源経由のものよりも有利なものが多いと言えるでしょう。表の求人情報には現れない優良案件の割合が格段に高いのです。

ただし、求人情報を検索し、気に入った転職エージェントがあれば、自分の希望職種と希望年収を登録するという当たり前の使い方をしていたのでは、応募できる求人は多くても、一向に面接に結びつかないケースが非常に多いのが実情ですね。


40代が知るべき優秀な応募者に求人紹介が集中している事実についていかがでしたか?
では今回の要点についてまとめておきましょう。

・転職エージェントは有料職業紹介事業者
・それぞれの転職エージェントでビジネスモデルは異なる
・転職エージェントで門前払いされる理由は明確

是非、参考にしてください。転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

スポンサードリンク


OOK160217120I9A9088_TP_V 40代が知るのは優秀な応募者に求人紹介が集中する事実
おすすめの記事