40代以降の転職で人材紹介会社は頼れる存在

「転職エージェントって無料で求人を紹介してくれるらしいけど登録すらしてもらえない。」との相談を受けることが多いですね。

私自身40代でリストラされて転職活動をした際、どの転職エージェントがオススメなのか?どこに登録すれば効率がいいのか見当も尽きませんでした。

ネット上では、マイナビエージェントが特にお勧されてたけど登録拒否されてお祈りメールが届き敢無く撃沈。

正直な話、書類選考で落とされるならいざ知らず、これはメチャメチャ悔しい経験です。

そんな苦い経験を生かして、現在は中高年の転職支援をしていますが、40代にお勧めできる転職エージェントとそうでないのもはハッキリしています。その前に、そもそも転職エージェントとは何なのか理解しておく必要があります。

企業側からみた転職エージェントは有料の職業紹介会社

OOK160217120I9A9088_TP_V 管理人が解説!企業側から見た転職エージェントは有料の職業紹介会社

現在では民間の有料職業紹介事業者、つまり転職エージェントが良質の求人情報を大量に所有。これらは、いわゆる非公開求人と呼ばれている求人です。事実、転職サイトやハローワークよりも、民間の有料職業紹介事業者である転職エージェントを利用した場合のほうが、より多くの応募先を見つけられます。

より良い求人情報は、今や一般のメディアや公的機関よりも、転職エージェントへ流れる構図が出来上がってしまいました。人材紹介サービス・転職エージェント・キャリアコンサルタント・ヘッドハンターなど、会社によって表現がバラバラで、最初は違いがよく分からないかもしれませんね。

要は、転職に関するプロフェッショナル集団が、直接対面や電話・メールなどで一人ひとりの相談に乗りながら求人を紹介してくれる人的サービスです。

転職エージェントを利用する側からすれば、基本的に費用はいっさい発生しません。転職エージェントという言葉自体はビジネス的な用語で、正式には有料職業紹介事業者と呼ばれています。有料職業紹介事業者とは、法的に人材紹介事業を行う許可を受けた事業所のことを指します。

有料職業紹介事業者(当サイトでは転職エージェントと呼ぶ)は、「総合型」「特化型」「ヘッドハンター型」に大別できます。

掲載された情報だけを頼りに自分で応募する転職サイトとは異なり、自分の希望や経歴を踏まえて、自分ひとりでは見つからなかった可能性をアドバイスしてもらえるなど、人的サービスならではの価値があります。

コンサルタントの経験や知識の優劣や相性などには多少ばらつきがありますが、「このコンサルタントは信頼できる」と感じたなら、できるだけ率直に心を開いて相談した方が得策。

ただし、労働集約型の高付加価値型サービスなので、対象者が限定されてしまうデメリットがあります。職歴や年齢・転職回数によっては登録申請しても、登録すらしてもらえない可能性も十分にあります。

企業は採用過程を丸投げできるからエージェントを使う

OOK160217120I9A9088_TP_V 管理人が解説!企業側から見た転職エージェントは有料の職業紹介会社

転職エージェントは基本的に、転職者側ではなく、企業側の味方であるということを念頭に置いて接しなければなりません。

近年、公的機関とは別に、営利目的として人材紹介サービスを行う企業が増え続け、既に飽和状態といえます。全国に数万とも言われる転職エージェントが乱立して、現在は熾烈な企業間競争が繰り広げられています。

多くの転職エージェントが、それぞれにいい人材某集案件を奪い合っている戦国時代に突入しています。少しでも良い人材を採用したいと考えている企業にとっては、応募者が増えるのは好都合。何故なら、良い人材が募集してくれる機会が増えるからです。

しかし、応募者が急増すると、同時にそれを処理するための採用業務負担も重くなっていきます。

良い人材は欲しいけれども、たった1人採用するために何百人もの応募者には対応しきれないと考える企業が増えてきています。

特に、総務人事の少ない中小企業においては、転職エージェントに採用業務を丸投げする傾向にあります。また、企業の人材採用の考え方の主軸は、企業業績が伸びているから採用するというのではなく、今現在社内にいる社員よりも良い人が応募してきたら採用するという「入れ替え型」にシフトする傾向にあるといえます。

それ故に、転職サイトなどの媒体に積極的に募集広告を掲載して、業務をパンクさせるような事態は想定していません。転職エージェントは、企業から募集情報を得て、サービス業者に登録している求職者の中から、望まれる人物像のスペックに合わせて適切な人材を紹介するのが主な業務です。

企業からの募集情報の登録、求職者の登録は、基本的に無償で行われます。

転職エージェントの支援が無料なのは成果報酬型のため

OOK160217120I9A9088_TP_V 管理人が解説!企業側から見た転職エージェントは有料の職業紹介会社

では、なぜ転職エージェントのサービスは無償で受けられるのでしょうか?転職エージェントの売上の大部分は、人材紹介の結果、就職が決まった場合に企業から受け取る紹介料で成り立っています。

成功報酬型で紹介料が発生するビジネスモデルであるため、企業側もリスクが低くなるため安心して採用活動を行うことができます。

ちなみに紹介料は、転職者の年収に基づいて25%~30%の割合で算出されます。通常、成功報酬型に加えて「入社して半年以内に離職した場合は、紹介料を返金する」というルールを設けている転職エージェントがほとんど。

特に年度末に多いのですが、希望に合わない求人を勧めてきたり強引に転職を促すキャリアコンサルタントは非常に危険な存在です。

業界最大手のリクルートエージェント経由での転職における、離職率は4%と通常に比べて低くなっています。これは、転職希望者が入社した企業で活躍できることをゴールと考えて、サポートを行っている証ですね。

これらのサービスを利用すれば、企業側からすれば不特定多数の求職者に求人情報を伝えずに済みます。また、人材紹介会社側である程度フルいにかけた人材だけを対象にすることができます。熾烈な企業間競争が繰り広げられている現在においては、紹介料のディスカウントに応じてくれる転職エージェントも少なくありません。

転職エージェントの求人は条件の良い人に集中する現実

OOK160217120I9A9088_TP_V 管理人が解説!企業側から見た転職エージェントは有料の職業紹介会社

とりあえず募集の登録はかけて、良い人材が紹介されたら面接し、この人材は良いな!と思った段階で採用すればよいですし、そうでなければ断ってもよいと、どっしりと構えて採用活動を行う企業が増えています。

一方で、求職者側からすれば登録しておきさえすれば、自分に適切な求人情報が紹介会社から飛び込んでくる形になり、労力をかけずに応募先を見つけることができるのが魅力です。

また紹介会社側では質の良い人材を効率的に企業に紹介することこそが利益につながるため、求職者へのサポートもハローワークを代表とする公的機関に比べ、きめ細かく行ってくれることが多いと言えます。

逆に、転職エージェントの社員に話を聞くと、「求職者の登録は増える一方だが、売れる人材が思った以上に少ない」ので苦戦していると言います。

この言葉は民間の転職エージェントの実情をズバリ言い当ています。これは、「売れる商品は欲しいが、売れない商品はいらない」と暗に言っているのと同じ。転職エージェントがやみくもに多くの求職者を企業に紹介してしまえば、企業のその求職者に対する評価が悪かった場合、別の業者に乗り換えられる危険性が高くなります。

したがって、転職エージェントの判断によって、能力の高い人・条件の良い人だけを内部で選別し、対象となる求職者にだけ求人紹介が集中している悲しい現実があります。また、転職成功後の売上は転職者の年収をベースにして算出されるため、高収入が期待できる求職者に良い求人が優先的に割り振られてしまうのが現実です。

転職エージェントで売上に貢献しない年収だと門前払い

OOK160217120I9A9088_TP_V 管理人が解説!企業側から見た転職エージェントは有料の職業紹介会社

以上の事実から40代であることが必ずしも決定的なマイナス評価になるのではありませんが、就職先での年収が低いと判断されてしまうと、なかなか案件が回ってこないことになりかねません。

条件あるいは実績に優れる人にはもってこいですが、そうでない40代中高年にはやはり厳しいのがこのサービスの特徴。繰り返しになりますが、転職エージェントは、情報提供よりも、情報収集に重きを置いています。転職エージェントのビジネスモデルからすれば、当然のことと言えば当然のこと。

就職難の時代にあっても、企業が欲しい人材を集めるには相応の手間と努力を要します。

転職エージェントは、企業の求人にすぐ応じられるよう、優秀な人材を常に確保しておきたいと考えています。

応募者情報は、その候補としてリストに加えられるだけです。一方、求人情報を見ると、他の情報源経由のものよりも有利なものが多いと言えます。表の求人情報には現れない、優良案件の割合が格段に高くなっています。

ただし、求人情報を検索し、気に入った転職エージェントがあれば、自分の希望職種と希望年収を登録するという当たり前の使い方では、応募できる求人は多くても、一向に面接に結びつかないケースが非常に多いのが実情ですね。

40代の転職支援をしている管理人から一言アドバイス

OOK160217120I9A9088_TP_V 管理人が解説!企業側から見た転職エージェントは有料の職業紹介会社

40代が、不採用続きなのは自分の市場価値やニーズを把握していないことが大半です。

総務職や企画職など人気職ばかり、狙っていませんか?大企業や有名企業ばかり、応募していませんか?中小企業やベンチャー企業にだって、経験値の高い40代が活躍できるフィールドはいくらでも存在します。

人は自分の範疇でないと中々物事を決められない生き物ですから、我々のような有料転職支援会社に相談するべき。

登録拒否とか門前払いが怖いって先入観だけで、転職エージェントと関りを持たない40代が多いのですが、その行動は完全に間違っています。

理由を付けて、転職エージェントが持つ非公開求人枠を取りにいかないのは転職そのものを諦めるのと同じです。

転職エージェントは、転職サイトと違い無料で色々お世話してくれます。転職エージェントに出向いて面談しなければならないのが唯一のデメリット。それでも、履歴書類作りやブラシアップを手伝ってくれたり、求人検索の時間が短縮できるという点では、他人任せにして転職活動を進めていきたい40代にとっては頼もしい存在と言えます。

私が最もお世話になったJACリクルートメントは、日本の企業にはないリクルートメント・コンサルタント制を取っています。

これは、企業担当者がキャリアコンサルタントを兼任する独自の形態を取っており、先方の企業風土や採用担当者の年齢だけでなく、性格や好みといった企業情報を詳しく教え、面接対策に威力を発揮します。

さらに、登録から求人の紹介、面接、内定に至る一連の流れが非常に早いのが特徴。

紹介してもらえる求人は、基本的に面接まで進めるためストレスフリー。JACリクルートメントは、キャリアコンサルタントの質が一定ではない、当たり外れがあるといったデメリットがありますが、大手なのでキャリアコンサルタントのチェンジに応じてくれます。

JACリクルートメントから登録拒否されたという話はあまり聞きませんが、登録時に作成するレジュメは空白のないよう心掛けてくくださいね。

当サイトいち押し!
全部コンサルタントに任せたいのならJACリクルートメントがおススメですOOK160217120I9A9088_TP_V 管理人が解説!企業側から見た転職エージェントは有料の職業紹介会社

企業側から見た転職エージェントは有料の職業紹介会社

では最後に、今回の要点についてまとめておきましょう。

  • 転職エージェントは有料職業紹介事業者
  • 転職エージェントで門前払いされる理由は明確
  • それぞれの転職エージェントでビジネスモデルは異なる

是非、参考にしてください。

転職支援をしている斉藤でした。

当サイトいち押し!
同じ苦労を重ねた私だからJACリクルートメントをおススメしますOOK160217120I9A9088_TP_V 管理人が解説!企業側から見た転職エージェントは有料の職業紹介会社
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう