有効求人倍率が1倍を超え、にわかに転職市場が活気づいていますよね?

しかし、40代がリストラされたとか、誰が生活保護を受けたとか暗いニュースばかり報道されて転職に成功した40代のストーリーが伝わってくることはありません。

40代のオッサン、オバハンが家族のため子供のため必死で履歴書類を出しまくる。面接への切符はまだかと待つが帰ってくるのはお見送りメールの山。それでも明るい未来を夢見て頑張りぬいて40代が転職に成功していく。

こんな、スポコン物語は流行らないんでしょうか?

40代女性が転職を成功に導くための3つのコツ

2019年現在、40代の転職者を取り巻く環境は変化しつつあります。

少子化の影響から、労働力として40代に白羽の矢が立っているからです。それでも、何回でも転職に成功する層と、何回チャレンジしても面接にすら進めないと悩んでおられる層に二極化しているように思えます。

そこで今回は、40代女性が転職を成功させるためのコツを考えてみましょう。

基本的な考え方は男女変わりなく、厳しい 40代の転職活動を成しえる意思を持つことと、努力を惜しまないこと最後まで諦めないことが重要。

20代30代の時のように、憧れだけで業界や職種を志望すると活動そのものが長引くだけでなく、面接にすら進めない最悪な事態が待っています。

1.市場価値を把握する

まず、40代女性が転職を成功に導くうえで大切なのは、自分の市場価値を理解すること。

20代30代の頃は引く手あまただったから、40代でも楽勝だよと考えてしまうとドツボにハマり活動自体が長引いてしまいます。

40代が求められているものは、20代30代のそれとは大きく異なり、必要とされている業界も異なりますからしっかりと市場価値を把握したうえで臨むべきですね。

また、子育て期間を経て再就職にチャレンジする場合や、全くの未経験で新たな業界にチャレンジする場合は、更にハードルが上がるのは言うまでもありません。

市場価値を高めるため、資格取得が有効な業界も視野に入れて転職活動をするのが効率的ですね。

2.求められポジションを理解する

男性と同じく、40代に女性に求められているのは、経験や管理能力ですね。

ここで間違ってほしくないのが、「私は管理職経験がないから、転職はできない。求人がない」と見誤ってしまうこと。40代に求められているのは、管理職経験ではなく管理能力です。

例えば、新入社員を指導した経験がある、バイトの教育を担当した経験があるエピソードは何でもあるのではないでしょうか? 20年もの間社会に出ていれば、そういうエピソードの一つや二つ必ず持っているはずですよね。

そういう経験を客観的に棚卸することによって、自分がどういう人間なのかが見えてきます。

これは、よく聞くキャリアの棚卸作業です。

自分はどういう経験があって何ができるのか?どういう職種に応用が利くのか把握してさえいれば、世界が広がります。 プロの転職アドバイザーに相談して、第3者目線でアドバイスをもらうことも大切です。

3.優先事項をはっきりさせる

給与や働き方に対する考え方は、それぞれ違います。ですから、優先すべきポイントはどこなのか?あるいは、どこまでが妥協できるポイントなのか活動開始する前に、ハッキリさせておくべきですね。

特に、転勤を伴う異動が入社条件に含まれている場合は、よくよく考えてみてください。

無事入社できたはいいが、転勤に応じられないとなると、お互い不幸になるだけです。 その他は、残業に応じられるか?急な出勤に対応できるか?も面接で確認しておいてください。

繰り返しますが、受かりたいが故の安請け合いは、入社してからトラブルになりますから絶対に辞めておきましょう。

また、何があっても私は3か月間で転職活動を成しえる、いやいや私は希望の職種に内定するまで活動をし続ける、転職活動において何を優先すべきかも、はっきりさせておいてください。 困難な状況に陥ると、人間ぶれてしまうものです。

目標の期限が過ぎてしまったから、手っ取り早く入りやすい職種や業界で我慢すると、中途半端な妥協をしてしまうのが一番最悪なパターンです。

私の場合、絶対に総務職のキャリアを捨てたくない!思いで活動した結果、1年ほどかかってしまいましたが…。家族と相談したうえで活動できうる期間を決めましょう。想いが強ければ、多少の困難は乗り越えられます。

40代女性の基本的な転職活動の進め方のコツ3つ

40代の転職で成功した者に共通するものは、広く浅く情報を確保しての大量応募。

使えるものは使い倒すイメージで構いません。ハローワークの求人窓口さん、転職エージェントのキャリアコンサルタント、転職サイトの履歴書類診断はすべて無料で活用できるので使わない手はないですね。

その他、40代の転職に必要な考え方を3つ紹介しておきます。

1.週20件以上は応募する

40代の転職活動成功者の多くが、大量に応募して面接する機会を確保しています。私が推奨するのは、週20件。

私自身も週20件の求人を確保して応募し続けましたが、これは相当骨が折れる作業です。

活動を開始した当初は誰でも軽く20件を超える応募先を確保できるものの、1カ月も経てば、応募する先すら見つからなくなります。

不思議なもので、それでも手を緩めず応募する努力が面接に繋がります。

これはもちろん、転職エージェント・転職サイト、ハローワーク経由、直接応募、あらゆる手段を駆使して確保しましょう!特に直接応募は、条件ほぼガン無視で送付しまくるため大量の応募先が確保できおススメですよ。

2.履歴書類のブラシアップを行う

直接応募を駆使し、それでも全く書類選考さえ通過しないのであれば、市場価値を見誤っている可能性か、履歴書類の不備が考えられます。

複数のキャリアコンサルタントにブラシアップしてもらうのが効率的。

多くの転職者が間違っているのが、応募書類を応募先ごとにカスタマイズしていないこと。

本人は熱意あふれる動機を書いているつもりでも、何かズレていることが多い。そういうズレを修正してくれるのが、我々有料の転職支援会社や転職エージェントですから、使わない手はないです。

また、男性の場合に多いのが、履歴書に貼る写真がインスタント。

大量に応募書類を郵送するわけですから、少しでも出費を抑えたいと考えるのは当然。

しかし、面接官はそういう細かい所もちゃんと見ていますから、油断せずプロのカメラマンに撮ってもらってください。特に40代以上だと、人格を疑われてしまいますね。

3.有資格者が優遇される業界を狙う

有資格者優遇と記載のある求人は、特にねらい目ですね。

経験がない40代でも、すんなり内定をもらえる可能性があります。短期間で狙える資格をまとめてみましたので参考にしてみてください。

  • 宅建士
    国家資格でありながら、独学でも取得できる宅建士は、あいかわらず老若男女問わず人気ですね。不動産業界はまだまだ有資格者が不足していますから、宅建士を取得して転職に成功した40代は多いですね。
  • 介護職員初任者研修
    介護職員初任者研修は、比較的簡単に取得できるうえに、就職先に困ることはまずありません。更に一定の条件を満たせば、介護福祉士・ケアマネージャーと確実にレベルアップしていけるのもこの業界の面白さではあります。
  • TOEIC
    これは資格ではありませんが、大体の目安になります。TOEICを持っていないが、ネイティブ並みに話せる40代女性もまだまだ需要があります。子供向けのホームティーチャーをしていた経験なども絶大なアピールポイントになりますね。
  •     

40代女性が転職に成功した職種を3つ紹介します

最後に、40代女性が実際転職を成功させている職種を紹介しておきます。

1位2位は不動の職種、3位は私も驚きました。 やはり最も多いのが管理系の事務職。

1.事務職

さらに詳しく言うと、経理職としての転職が最も多く商品企画やマーケティング系、最後に総務人事系の事務職と続きます。

いずれの場合も、20代30代で事務職を経験し何らかの事情で退職。それゆえ、事務職に転職した多くの40代女性は経験者です。

未経験の40代でも条件が揃えば、まだまだ事務職へのキャリアチェンジは遅くありません。

私が在籍していた介護業界であれば、事務職未経験でも介護系の資格さえ持っていれば十分転職可能。

介護事務を取得するより、パソコンスキルを学んでおけば重宝されること間違いなしです。介護業界は、ITスキルに長けた人が少ない傾向にあるからです。

2.アシスタント職

未だ不動の人気職であるアシスタント系も、実際転職に成功した40代が多い職種ですね。

こちらも、経理事務、総務事務、貿易事務の専門知識が十分に生かせるため転職成功率は高いと言えます。

3.IT系

意外だったのがITエンジニアとしての転職。

元々若い男性の多い業界でしたが、少子化の影響や昨今の人手不足があいまって、40代に白羽の矢が立っています。

ITスキルさえ磨いておけば、超売り手市場であるため、フリーランスや独立を視野に入れておいても問題ありません。

どちらかと言うと私の周りでも、フリーランスとして働いている40代女性ライターや、ママブロガーさんのほうが多いですね。

40代の転職活動を支援している管理人からアドバイス

不採用通知を続けざまに受けてしまうと、「ひよっとして自分は、世の中から必要とされていないんじゃないか?」と自暴自棄になってしまいます。

そういうことばかり考えるようになると、精神的にも追い込まれて、転職活動どころではなくなってしまいます。

ネガティブな感情は、行動する勇気を徐々に削いでいきます。「どうせ俺なんて世の中から必要とされないから、今日は酒でも飲んで寝るか」なんて思い始めると、ストレスが極限に達している証拠です。

そうなってしまったら、転職エージェントに相談する気すら失せてしまいます。

40代が不採用続きなのは自分の市場価値やニーズを把握していないことが大半。

総務職や企画職の人気職ばかり狙っていませんか?大企業や有名企業ばかり応募していませんか?中小企業やベンチャー企業にだって、経験値の高い40代が活躍できるフィールドはいくらでも存在します。

人は自分の範疇でないと中々物事を決められない生き物ですから、キャリアコンサルタントに相談するのが一番の近道。

でも理由を付けて、転職エージェントが持つ非公開求人枠を取りにいかないのは転職そのものを諦めるのと同じです。

転職エージェントは、転職サイトと違い無料で色々お世話してくれます。

転職エージェントに出向いて面談しなければならないのが唯一のデメリットですが、履歴書類作りやブラシアップを手伝ってくれたり、求人検索の時間を短縮できる点では、他人任せにして転職活動を進めていきたい40代にとっては頼もしい存在と言えます。

私が最もお世話になったJACリクルートメントは、日本の企業にはないリクルートメント・コンサルタント制を取っています。

これは、企業担当者がキャリアコンサルタントを兼任する形態を取っており、先方の企業風土や採用担当者の年齢だけでなく、性格や好みといった企業情報を詳しく教え、面接対策に威力を発揮します。

さらに、登録から求人の紹介、面接、内定に至る一連の流れが非常に早いのが特徴。

紹介してもらえる求人は、基本的に面接まで進めるためストレスフリー。JACリクルートメントは、キャリアカコンサルタントの質が一定ではない、当たり外れがあるといったデメリットがありますが、大手なのでキャリアコンサルタントのチェンジに応じてくれます。

JACリクルートメントから登録拒否された話はあまり聞きませんが、登録時に作成するレジュメは空白のないよう心掛けてくくださいね。

当サイトいち押し!
女性キャリアコンサルタント多数在籍のJACリクルートメントADIMGL6712_TP_V-150x150 後がない40代女性が転職を成功に導くため絶対押さえておくポイント

40代女性が転職を成功させるため押さ3つのコツ

最後に要点をまとめておきますので参考にしてください。

40代女性が転職を成功に導くコツ
  • 自分の市場価値を見誤らない
  • 求められるポジション・役割を理解する
  • 優先事項をハッキリさせる
  • 最低でも週20件以上は応募すべき
  • 応募書類のブラシアップは必ず行う
  • 有資格者が優先される業界は大穴で狙いやすい

意外にも、転職を成功させる40代女性は多いですよ。しかも、入社後平社員から管理職に昇進したとか、役員になってしまった女性を何人も見てきました。

人を思いやる気持ちや態度が、男性より勝っていると思いつつ、彼女達にあやかってみたい斎藤でした。

当サイトいち押し!
同じ苦労を重ねた私だからJACリクルートメントをお勧めしますADIMGL6712_TP_V-150x150 後がない40代女性が転職を成功に導くため絶対押さえておくポイント
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう