「 転職サイトやハローワークには、まともに給料もらえる求人ないのかよ!?俺は新卒じゃねーっての 」とぼやいている40代以降の転職が今日も掲示板でぼやいています。

40歳代以降にリストラされて、転職で年収が下がってしまうと負け組認定を受けてしまうようです。ここでいう転職に失敗するとは、給料が半分になったり、正社員ではなく、派遣社員やアルバイトで再出発することを意味します。

私自身、40歳代でリストラされて再就職を果たしましたが、給料はおおよそ3分の2になってしまいました。いわゆる負け組認定されるのでしょうか。

40代が企業を選択するうえで、初任給だけに目を向けることは問題があります。

年収は初任給に実績や評価が積み上げられた結果

TSURU17623A016_TP_V 40代転職において初任給だけで判断するのは危険

現在と同じ初任給であっても、この先昇給が期待できない企業であれば、総合的に考えてマイナスになります。一方、初任給が低くても実力に見合う昇給、昇格が期待できる企業であれば、初任給が低いことだけで判断すべきではありません。そのためには、入社後の昇給、昇格の可能性についても面接若しくは、内定前に判断すべきです。

初任給が低くても、入社後に能力を認められ、昇給・昇格のチャンスがある企業であれば、これまでの年収を上回ることも珍しくありません。

現職や前職の給与も、最初から現在の給与額ではなかったはず。仮に年収600万円であっても、新卒入社時はおそらく2分の1から3分の1程度の年収だったのではないでしょうか?入社後、実績を積み上げて、昇給・昇格することで年収600万円に到達したのです。

応募企業に対して希望年収が600万円であるならば、600万円以上の価値がある人材であることを示す必要があります。採用試験だけで600万円以上の能力を立証することは難しいと考えますが、職種や業種により異なるのですが、企業では通常、年収の4倍程度の営業利益を生み出す必要があるため、年収600万円であれば、少なくとも年間2400万円以上の営業利益を生み出す仕事を行わなければなりません。

応募者は、現実の生活の厳しさから高い年収を希望しますが、採用する側の企業は、会社を継続していくために人件費は1円でも安くしたいと考えています。

40代転職は年収が2割ダウンするケースが最も多い

TSURU17623A016_TP_V 40代転職において初任給だけで判断するのは危険

この厳しい雇用情勢下では、収入が2割、3割ダウンするケースも少なからずあります。1件の募集に対して、多くの応募者が殺到する企業の場合、同等のレベルであれば、希望年収のより低い応募者を採用します。より高い年収を得るためには、他の応募者より優れた能力やスキルを採用担当者に示し、採用しなければ企業にとって損失であると思わせなければなりません。

40代中高年は、新たな会社へ転職できなければ、収入がゼロになってしまい、生活そのものが破綻してしまいます。これまでの収入ではなく、現実を直視した人生設計を立てることが必要になります。転職によって年収が2割激減すれば、生活にも影響を及ぼします。状況によっては、2割の減収分をパートナーがパートタイム労働者として勤務し、一時穴埋めをする必要があるかもしれません。

子供の養育費等の問題もあり、簡単には解決できない問題でしょうが、将来昇給・昇格が期待できるのであれば、頑張れるはずです。私の転職経験から言わせてもらえれば、40代以降の転職者だからこそ、短期間で成果を出すチャンスがあり、初任給だけで判断してはいけません。

そこから、入社後の給与を優先させるのであれば、入社後短期間で昇格のチャンスがある企業へ入社すれば、職務能力や実績を認められて給与が大幅にアップする可能性が高いと言えるのではないでしょうか?最初から管理職として採用された場合、初任給は若干高いかもしれませんが、入社後すぐには昇給は期待できません。

高い給与を希望するならオーナー中小企業がベスト

TSURU17623A016_TP_V 40代転職において初任給だけで判断するのは危険

高い給与を希望する場合は、給与規定がきちんと定められた大企業ではなく、経営者の判断で柔軟に対応できる中小企業で、必要とされる人材になることも手だと考えています。同時に複数人を採用する求人よりも、1名枠で入社するほうが、他の新入社員との兼ね合いもなく、脳雄力を認められれば昇給時期でなくても昇給する可能性だってあり得ます。

募集記事とこれまでの経験を照らし合わせ、応募企業でどれだけ存在価値を示せるか考えていただきたい。

既存社員では対応できない仕事を評価されることが、モロに給与に反映されていきます。

転職におてい初任給で判断するのは危険まとめ

では、最後に今回の要点をまとめておくので、是非参考にしてみてください。

 TSURU17623A016_TP_V 40代転職において初任給だけで判断するのは危険 これまでの年収は、実績や評価の積み上げられた結果
 TSURU17623A016_TP_V 40代転職において初任給だけで判断するのは危険 初任給にこだわらず、入社後の可能性を見極める

給料自体はかなり下がってしまいましたが、残業や休日出勤がなくなり家族との時間が増え、私なりにこれはこれでよかったと思っています。何を優先するかによって転職が失敗したと感じたり、成功したと感じたり人それぞれですね。赤の他人の意見は参考程度にとどめておきましょう。

転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

スポンサードリンク


TSURU17623A016_TP_V 40代転職において初任給だけで判断するのは危険

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事