シェアハウスとは聞こえはいいが、いわば共同生活の場だし何が起こるか分からない。

私自身、20年ほど前に京都のシェアハウスに滞在した経験があります。1泊2,000円ほどの、小汚いシェアハウスは1か月滞在するには安すぎるスペースでした。

とにかく入れ代わり立ち代わり、色々な人種が出入りする。

当時、そのシェアハウスは日本人には珍しかったのか、ほとんどが外国人。いわゆるバックパッカー達の定宿のようだった。

しかも、その外国人目当ての日本人も泊まりに来るというカオスな宿。

私が一番心配だったのが、貴重品を如何にして盗まれないようにするか?だった。シャワーに入る時も肌身離さず身に付けていた記憶。

そして何よりも、クーラーがないそのシェアハウスは、夏は地獄であったこと。

先月、久々にシェアハウスを訪ねてみたところ、既にそのシェアハウスは姿を消していた。

当時、宿を運営されていたご夫婦は高齢だったので、もう引退されたのか、少し寂しい気持ちになりましたね。

シェアハウスは若者たちのもの、という先入観があったが、

ここ数年シェアハウスに入居する中高年が急増しているというから、時代が変わったんだなとつくづく感心してしまった。

「 俺、3年以内に起業したいんだ。ビジネスのアイデアもいくつかある。だから今は、いろんなネットワークを作りたくて…… 」

「 私はデザイナーとして独立するために頑張ってる。今のデザイン事務所ってすごくレベルが高くて、成長できるから 」

そんな会話が聞こえてきそう。

広いリビングルームにふかふかのソファ。

そこでワイングラスを片手に若い男女が将来の夢を語り、恋バナに花を咲かせる。

世界を旅して回る外国人なんかもいて、世界各地の美しい街の話でも盛り上がる。

そしてもちろん、入居者同士の恋愛も……。

今どきのシェアハウスと聞いて、そんなテラハなイメージを持つ人は多いかもしれない。

リア充の極みである。

1階がバーになっているとか、イベントスペースがあって週替わりでお洒落な催しをしているとか……。

確かに普通の1Kよりも高い家賃を払えば、そんなシェアハウスもあるようである。金銭的にも自信的にも、結構、ハードルが高い。

全国に約9万あるといわれるシェアハウス。敷金・礼金なしで、光熱費も無料、wifiも無料。

当日申し込みで即入居可能といった手軽さも人気の理由だ。

昔とは違う、シェアハウス事情

東京都内のシェアハウス運営会社によると、「 10年前は、100人規模の大型シェアハウスが多かったのですが、最近は、一軒家タイプの小規模タイプが多くなりました。

最近は、起業家が集まるシェアハウスなど同じ目標を持つ人たちが集まるシェアハウスも増えている 」という。なんか、格好いい。

しかし世の中のほとんどのシェアハウスと言われるものは、そんなシャレたものではない。

要は、ワンルームを借りる家賃がちょっと厳しい一般人の集団居住住宅である。

言うまでもなくシェアハウスは部屋が狭く、風呂、トイレ、玄関などが共用だ。ツルモク独身寮さながら、こうした安い共同住宅は昔から存在する。正直、普通は住みにくい。

だいたいの物件ではそんなに広いリビングはないし、美男美女が揃っているなんてこともないし、聞こえてくる外国語と言っても英語ではないし、共用スペースで会ってもそんなに会話もしない。

そもそも安いところは設備がボロい。

日本人入居者の傾向も変化している。

入居による初期投資が低めであるため、以前なら海外志向の強い10代20代の大学生、社会人中心だったのが、近年は、40代以上の社会人、シニアも増えているというのだ。

シェアハウスには、非正規雇用の低所得者やリストラにあってバイト生活をしている人、外国人労働者、離婚者、妙齢おひとりさまなど、いろいろな事情を持った人が居場所を求めて集まってくる。

そんなシェアハウスには実際どんな人が住んでいて、どんなトラブルやどんな人間模様が繰り広げられているのか。

東京都内で70人級の大規模シェアハウスから6人の1軒屋シェアハウスまで、6年で8件、シェアハウスを住み歩いてきた著者が、自分の目で見てきたこと、自分の耳で聞いたことを、正直に伝えていきたい。

敷金・礼金なしで手軽

「 ひとり暮らしの孤独感から逃れられるだろう、とシェアハウスに住むことに決めました 」

地元商業高校、オーストラリアの大学を経て、福岡の翻訳会社に勤めていた宮崎出身の40代のAさん(男性・独身)はそう話す。

より良い会社に転職するために上京し、貿易会社で働き始めたものの、都会の希薄な人間関係にしんどさを感じ、半年を過ぎる頃にはほぼ引きこもり状態に陥ってしまった。

「 そんな時、同僚にシェアハウスを教えてもらって。共同生活は初めてでしたが、部屋は個室ですからプライバシーは保たれていますし、

共同スペースには常に誰かしらがいて、雑談をしたり、一緒に料理を作ったり……。本格的に心を病まなかったのは、同居人たちのおかげですね 」とAさんは語る。

入居時には仕事も辞めていたAさんだが、シェアハウスで同居人だった私に勧められて、教員を目指すことに。

編入で国立大学の教育学部に入り直し、現在は有名私立中高一貫校の数学教員として働き、この12月には数年を過ごしたシェアハウスを出て、ひとり暮らしを始めるという。

商社勤務の50代男性Bさんは、家族のいる大阪から単身赴任で上京した。

会社はウィークリーマンションを用意してくれていたが、「 家族と離れての単身赴任は正直、寂しい。今さらひとり暮らしするよりは、シェアハウスの同居生活もいいかなと思って 」と、部下に教えてもらったシェアハウスに入居した。

「 いやあ、楽しいんですよ毎日。学生時代を思い出しましたね。若い子が多くて生活にハリがあるし、外国人も多くて語学の訓練にもなる。

私の子どもは今、高校2年生なのですが、大学進学でひとり暮らしになるのなら、シェアハウスに入居させるのも手だなと思いました 」

埼玉県出身の40代女性Cさんは、20代、30代と海外を放浪してきた。

帰国したら、家賃の安いシェアハウスで節約しながら、コールセンターなどで派遣の仕事をして短期間で金を貯め、また海外へ、というサイクルを繰り返してきた。

「 実家が都内近郊にあるので、本当は日本にいるときは実家に住めばいいんですけどね。

でも40代にもなって独身でこんな暮らしだから、一緒にいると親はいろいろと口うるさくて、煩わしいのが正直なところなんですよ。

でもシェアハウスにいると、他人の人生に文句を言う人は誰もいません。

むしろ私の旅の話に興味を持って聞いてくれる人は多いし、尊敬のまなざして見られることもある。コミュニケーションが気楽で、居心地がいいんです 」

とはいえこの女性、食費を浮かすためなのか、入居者が自炊をしている時に近づいてしょっちゅうご飯をたかるので、煙たがられてもいた。

さすが世界を放浪する彼女は、そんなのも気にしない風であった。

若者が楽しく暮らすために入居するイメージが強いシェアハウスだが、実際は若者は家賃を浮かすために入居する人が多く、むしろ40代以上の入居者こそ、安い家賃以外の何かを求めてシェアハウスにやってくるのが私の印象だ。

孤独を避ける手段、さらには入居者同士の交流、外国人との国際交流などへの期待を動機にシェアハウスを選ぶケースが少なくないのだ。

ここまで読むとかなり変わった人が多い印象を受けるかもしれないが、実は結構すごいプロフィールの人もいる。

ソニーの技術者、ゴールドマンサックスのコンサルタント、NTT docomoの開発者、学校の先生なんかもいた。

学校の先生はこっそり生徒たちをシェアハウスに連れてきたりしていて、この人は大丈夫なのかと心配にもなった。

もちろん、シェアハウスでの恋愛に夢を膨らませる人も少なくはないだろう。

実際、結婚に発展する恋愛も珍しくなく、前出のAさんもシェアハウスで出会った女性と今年結婚する予定だ。

そうは言ってもシェアハウスでの恋愛には、異性からの苦情や恋愛関係のもつれなど、退去の危険もつきまとう。

Aさんはハッピーエンドを得ることができたが、当然、中には揉めに揉めるケースもある。

そうしたリアルな人間模様は、次の機会に紹介したい。

マンションとは一味違う“シェアハウス選び”の3か条

最後にシェアハウス選びの3か条を説明しよう。

シェアハウスを見つけるには、まずは専門サイトへ。都内のシェアハウスであれば、「 ひつじ不動産 」「 東京シェアハウス 」で間に合う。

気になる物件を見つけたら、問い合わせのクリックを押せば、不動産会社から連絡が届き、現場を見る。

ここまでは普通のマンション選びと同じ。

しかし、即日入居も可能なのが、シェアハウスの利点だ。

ただし物件を見るときは、個室の雰囲気などだけではなく、次の3つに注意するべきだ。

1つ目は、住人の雰囲気。
一般的にシェアハウスは、個人の居室は3~6畳で、キッチン、シャワー、洗濯機などは共有するシステムになっている。

もちろん、リビングも共有スペースで、住人同士の社交場となる。

住人との相性が合わないと、入居後、辛い生活になってしまう。これは10人程度の小規模シェアハウスであるほど重要だ。

2つ目は、住人の年齢構成。
朝早くから働くビジネスパーソンは、入居者の年齢と外国人比率にも気を払った方がいい。

外国人が多い場合、パーティーのような集いが少なくはない。

また、学生が多い場合、深夜まで共有スペースで騒いだり、という傾向が見られる。個室にこもっても壁が薄いので要注意。

3つ目は、不動産屋の苦情対応力。
年齢も国籍もバラエティに富んだシェアハウスでは、なんてことのない些事が大きなトラブルに発展することも。

具体的なトラブルを設定し、いかに対応してくれるか、尋ねるのがお勧めだ。

選び方を間違えず、シェアハウスならではの人間関係を甘受することができるのなら、普通とは違った楽しい生活が送れるにちがいない。

2018年11月27日 現代ビジネスより引用

スポンサードリンク


-300x250 シェアハウスに入居する中高年が増加中!孤独死を避ける手段にも

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事