「 毎回1次面接で落とされるんやけど、俺のどこが問題なんや? 」って毎々惜しい思いをされている40代中高年も少なからずいらっしゃいます。

100通、200通と面接書類を送っても、一度たりとも面接に呼ばれたこともない40代の方が圧倒的に多いというのに、本当に残念でなりませんよね。

数多くの企業に応募している40代転職者の中には、他社で汎用できる自分の職務能力は把握しているものの、応募企業に絞り込んだ分析が疎かになっているため、一次面接は通過できても、役員クラスの面接においては応募企業への思いや熱意を全く感じないという不本意な理由でお見送りになる方が少なくありません。

応募企業の求人要項やホームページは、ただ漠然と見るのではなく、具体的に自分だったら何ができるのかをチェックしていただきたい。求人要項では、歓迎するスキルや経験について記載されていることが多いため、これまでの自分のスキルや経験と合致していることについてアピールしていきましょう。

40代は求められている人物像を把握せよ

応募書類の作成や面接においては、何をアピールすべきか十分に検討するべきです。検討するためには、応募企業が求めている人材を客観的に分析したうえで、これまでの経験から合致するところを強調してアピールしていきましょう。

中途採用においては、既存社員の退職等の理由で募集するケースが多く、入社後すぐに戦力として生かせる人材を採用しするため、応募書類作成や面接ではこの点を強く意識する必要が出てきます。

採用担当者は、40代の応募者が自社で求めている人材をしっかり把握できているかどうかをチェックしているため、的外れのアピールをしているようでは、採用意欲が湧くことはあり得ません。

40代以降の転職においては、職務経験が長いため、職務経歴書で延々これまでの経験を記載してしまう中高年が多いのですが、応募企業で必要とする職務経験でなければ意味がありません。同じように面接も、多くの経験を語っても関連性がない内容であるならば、自社で求めている人材と異なると判断されてしまうため、40代転職者は特に注意を払うべきです。

転職サイトに記載されている社風等についても、これまでの仕事のスタンスと共通している点を伝えることによって、採用担当者は関心を持ってくれます。企業によって多少は異なるものの、40代以降の転職においては、オールマイティに何でもこなせる人材ではなく、求める職種に特化して優れた実績や能力のある人材を好む傾向があります。

GREEN_YO20140125_TP_V 求められる経験を把握した40代は転職に失敗しない

40代は役職がなくても指導力をアピールする

40代以降の転職者は、マネジメント能力を求められることがほとんどです。 部下の管理やリーダーとしての経験が全くないという人もいますが、応募企業が求めているのであれば、経験がないという回答では採用には至りません。

一般的にマネジメント能力とは、通常、部門を統括した経験や部下の管理、指導経験を表します。役職がなくても、新人の指導やリーダーシップを発揮した経験など、アピールできる材料を掘り起こしてみてください。入社後、部下の指導や管理を求められるのであれば、管理職経験がなくても問題なくやれることを示せばよいだけのことです。

転職支援をする中で、長年経理に携わってきた40代中高年の方から「 全く内定が取れない 」と相談を受けたことがあります。彼は経理マンとしての実務能力は問題ないのに、何故採用されないのか疑問に思っていました。しかし、後日模擬面接をした時に何故内定を取ることができないのか?という理由が判明しました。

彼は部門を統括することや部下の指導に全く興味がなく、定年まで前線で実務をこなしたいという希望があったため、面接時に部下の管理経験を問われた際、正直に経験がないと答えてきたのです。

GREEN_YO20140125_TP_V 求められる経験を把握した40代は転職に失敗しない

企業としては、40代であれば、いずれ部門を統括する立場の人間になってほしいという意図があります。そのため、役職経験がなくても後輩の指導経験やリーダーとして心がけたことを伝えるように彼に指導した結果、見事に内定を勝ち取ることができました。

この一件以来私は、40代中高年のやりたいことを押し通すだけでは、採用が難しいことを改めて実感しました。応募企業が求めているのであれば、リーダーを補佐した経験であっても積極的にアピールしていくべきです。

経験豊富な40代は応募企業の実態を理解する

一方で管理職として豊富な経験がある方は、応募企業に即した管理を意識する必要があります。たとえば、大企業と中小企業のマネジメントは、求められている職務範囲が全く異なってきます。豊富なマネジメント経験があったとしても、一流企業で多くの部下を管理してきた経験を押し通すだけでは、自社には馴染まないと判断されるケースも少なくありません。

特に中小企業に採用された場合には、プレイングマネージャーとして採用されることがほとんどですので、管理能力と共に実務能力をアピールし、既存社員に信頼されるように努力をしていく謙虚さも示すべきでしょう。これまでのマネジメント経験における実績や心がけていること、さらに部下とどのように接してきたかという点について、具体的に説明できるように整理しておくべきでしょう。


40代転職においては求められる経験を把握せよについてまとめてみましたが、いかがでしたか?
では最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

・40代は求められている人物像を把握する
・40代は役職がなくても指導力をアピールする
・経験豊富な40代は、企業の実態を把握する

一日でも早く内定をもらって再就職できることを願っています。転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

スポンサードリンク


GREEN_YO20140125_TP_V 求められる経験を把握した40代は転職に失敗しない

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事