「 なかなか待遇がいい企業に転職できたけど、人間関係が最悪だった。この転職は失敗だね 」と後悔している40代の転職者が私の元へ相談に訪れます。

100社、200社という膨大な単位で応募しまくって、やっと掴んだ内定という幸せ。「 長かった転職活動が終わるんだな 」と思ったのも束の間、予想だにしなかった人間関係やパワハラ、自社製品の買取強制という恐怖が襲ってくる悲劇。

その気持ちは、本当に良く分かります。私自身、40代でリストラされて転職活動をした際、内定をもらた企業にいくつか入社しましたが、本当にとんでもない企業も含まれていました。ある程度は、オーナー企業だから仕方のないことと諦めていましたが、入社してみないと分からないことだってありますよね?面接で訪れた際には気付かなかったことなんて特に…。

あまりにもアリエナイ現実にぶち当たってしまったときは、思い切って身を引いてみるのが得策です。

40代は労働環境や将来性を二の次とするべし

MAX85_burankodekodoku20140531_TP_V 40代以降の転職は何かを与えることで価値を出すことが重要

40代以降の転職活動は「 これが最後の転職 」という決心で挑む方が多いのではないでしょうか?しかし、失敗したくないという気持ちが強いと、会社の労働環境や将来性だけに目がいってしまい、本当に自分に合う会社なのか疑心暗鬼に陥っていしまいます

労働環境や将来性は、40代以降の転職先を選択するうえで非常に重要なポイントなのですが、この世にあなたの臨む完璧な会社など存在しません。何らかの問題点を挙げようと思えば、どんな会社でも挙げられてしまいます。

40歳代以降の転職者は、それらの問題点を認識したうえで自らが変革していく意気込みが必要です。会社が何を与えてくれるのか?という受け身的な考え方ではなく、これまでの経験を生かして会社に何を与えられるのか?をじっくり考え、採用担当者にアピールしていくべきです。

私も40代前半で同じ境遇に立ったため、この気持ちはよく理解できるのですが、リストラや業績不振で転職する方は、より安定した会社へ転職したいと思いがちです。しかし、転職先を自分が安定した会社になるように業績を伸ばしていくんだ!社内改善して職場の環境をよくしていくんだ!という考え方で臨まなければ、また同じ道を歩んでしまうことになってしまいます。

20代・30代の転職者は、福利厚生や研修システムなど、会社から何かを与えられることを重視する傾向が強いのですが、40代からの転職においても若年層と同様の考え方をしていたのでは、採用担当者は全く優位性を感じることはありません。

40代転職は与えられるのではなく与えることが重要

MAX85_burankodekodoku20140531_TP_V 40代以降の転職は何かを与えることで価値を出すことが重要

20代・30代の若年層と差別化するうえでも与えられることではなく与えることを意識することでアピールするポイントが変わってくるでしょう。与えられることから与えることへの転換は、志望動機や自己PRで十分に示すことができる最強のスキルです。「 御社の経営理念に魅力を感じた 」という志望動機では、企業側からしてみれば何ら採用した場合のメリットは感じられません。

ただ、「 御社の経営理念に魅力を感じた中で、これまで培ってきた私の〇〇な経験を生かして△△として貢献したい 」という一文を追加することによって、採用された場合のメリットを超絶アピールすることができるのは事実です。

我々採用担当者は、応募者が何を与えることができるのか?それが企業にとってどれだけのメリットがあるのかという点に注目しています。応募者視点でのメリットをアピールしただけでは、採用担当者は何ら興味を持たないでしょう。

40代以降の転職者が提供できるスキルや経験が企業にとって大きなメリットになるのであれば、年齢が高かろうが、転職歴が多かろうが、入社後の存在意義がつくりだせるのです。40代からの転職者は、応募先の企業が求めている人材を十分に考えたうえで、何を与えられるのか?を考えて転職活動に臨んでください。

転職は何かを与えることで価値を出すことが重要まとめ

40代以降の転職は何かを与えることで価値を出すことが重要についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
最後に今回の要点をまとめておきます。

・労働環境や将来性は自分が変えてやる!意気込みが必要
・40代は何かを与えられるのではなく与えることが必要

まだまだ労働基準法を遵守していな企業が多く、中小企業の社長は基本個性的なので、入社して驚くことは多いでしょうが、自分が変えていくんだという意気込みでいけば上手くいきますよ。ただし、周りとの温度差には常に気を付けてください。突っ走り過ぎると孤立して、また転職するハメになってしまいます。

また最低限の労働環境は確保しておくべきでしょう。私が遭遇したトンデモ企業は、試用期間が終わらないと「 雇用契約書 」を出せないと言ってきた零細運送業の総務部長さん。「 出せないなら入社はしない 」と断ったところ、プチ嫌がらせが暫く続くことになり、最後はある意味大変でした。無用なトラブルは避けるべきですね。転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

スポンサードリンク


MAX85_burankodekodoku20140531_TP_V 40代以降の転職は何かを与えることで価値を出すことが重要

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事