40代の転職で自分の良さをアピールできれば上手くいく

「待遇がいい企業に転職できたけど人間関係が最悪だった。この転職は失敗だね」と後悔している40代は実に多いですね。

100社、200社と膨大な単位で応募しまくって、やっと掴んだ内定という幸せ。「長かった転職活動が終わるんだな」と思ったのも束の間、予想だにしなかった人間関係やパワハラ、自社製品の買取強制という恐怖が襲ってくる悲劇。その気持ちは、本当に良く分かります。

私自身、40代でリストラされ転職活動をした際、内定をもらた企業に何社か入社しましたが本当にとんでもない企業も含まれていました。ある程度は、オーナー企業だから仕方のないことと諦めていましたが、入社してみないと分からないことはありますよね?

面接で訪れた際には気付かなかったことなんて、特に…。

あまりにもアリエナイ現実にぶち当たってしまったときは、思い切って身を引くのが得策です。

40代は労働環境や将来性を二の次と考え転職せよ

MAX85_burankodekodoku20140531_TP_V 40代以降の転職は何かを与えることで価値を出すことが重要

40代の転職活動では「これが最後の転職」との決心で挑む方が多いのではないでしょうか?

しかし、失敗したくない気持ちが強いと、会社の労働環境や将来性だけに目が行き、本当に自分に合う会社なのか疑心暗鬼に陥っていしまいます。労働環境や将来性は、40代の転職先を選択するうえで非常に重要なポイントですが、この世にあなたの望む完璧な会社など存在しません。

何らかの問題点を挙げようと思えば、どんな会社でも挙げられてしまいます。

40代の転職者は、それらの問題点を認識したうえで自らが変革していく意気込みが必要です。

会社が何を与えてくれるのか?という受け身的な考え方ではなく、これまでの経験を生かして会社に何を与えられるのか?をじっくり考え、採用担当者にアピールしていくべきです。

私も40代前半で同じ境遇に陥ったため気持ちはよく理解できますが、リストラや業績不振で転職する方はより安定した会社へ転職したいと思いがち。

しかし、転職先を自分が安定した会社になるように業績を伸ばしていくんだ!社内改善して職場の環境をよくしていくんだ!という考え方で臨まなければ、また同じ道を歩んでしまうことになってしまいます。

20代・30代の転職者は、福利厚生や研修システムなど会社から何かを与えられることを重視する傾向が強いですが、40代の転職において若年層と同様の考え方をしていたのでは、採用担当者は全く優位性を感じることはありません。

40代転職は与えられるのではなく与えることが重要

MAX85_burankodekodoku20140531_TP_V 40代以降の転職は何かを与えることで価値を出すことが重要

20代・30代の若年層と差別化する上でも、与えられることではなく与えることを意識することでアピールするポイントが変わってくるでしょう。

与えられることから与えることへの転換は、志望動機や自己PRで十分に示すことができる最強のスキルです。

「御社の経営理念に魅力を感じた」という志望動機では、企業側からしてみれば何ら採用した場合のメリットは感じられません。ただ、「御社の経営理念に魅力を感じた中で、これまで培ってきた私の〇〇な経験を生かして△△として貢献したい」という一文を追加することによって、採用された場合のメリットを超絶アピールすることができるのは事実です。

我々採用担当者は、応募者が何を与えることができるのか?それが企業にとってどれだけのメリットがあるのかという点に注目しています。

応募者視点でのメリットをアピールしただけで、採用担当者が何ら興味を持つこともありません。

40代転職者が提供できるスキルや経験が、企業にとって大きなメリットになるのであれば、年齢が高かろうが転職歴が多かろうが、入社後の存在意義がつくりだせます。40代以降の転職者は、応募先の企業が求めている人材を十分に考えたうえで、何を与えられるのか?を考えて、転職活動に臨んでください。

まだまだ労働基準法を遵守していな企業が多く、中小企業の社長は基本的に個性的。入社して驚くことは多いし、この職場を自分が変えていくという意気込みでいかなけば上手くいきません。

ただし、周りとの温度差には常に気を付けてください。

突っ走り過ぎると孤立して、また転職するハメになってしまいます。

40代転職者は自分にできることをアピールするべし

MAX85_burankodekodoku20140531_TP_V 40代以降の転職は何かを与えることで価値を出すことが重要

社会人経験が長い40代転職者の中には、これまでの仕事がマンネリ化し、受け身で仕事をこなしてきた方もいらっしゃいます。

しかし、40代転職者に求められるスキルは、自ら会社の問題点や改善策を考え、実際に行動に移していける人材です。

自分の夢や理想を優先するのではなく、会社のために何ができるか?といった在るべき自分を優先しなければなりません。20代であれば本来持っている素質や適正を評価し、今後に期待を込める意味合いで採用されることがほとんど。しかし、40代以降の転職者に対しては、将来への期待感だけでは興味を持ってくれないのが現実です。

40代の転職者の中には、やる気は20代と変わらないとアピールする方が大勢いらっしゃいます。しかし残念なことに、企業は40代転職者に対して10年・20年先の将来性ではなく、現在の職務能力や人間性で判断するのが普通。

歓迎されるスキルや経験が募集要項に記載されていますが、40代以降の転職では歓迎という意味合いではなく必須だと考えて臨んでください。

40代の転職においては、必要なスキルや知識があれば、入社後覚えていくというスタンスではなく、今から学び、入社時に間に合うようにするぐらいの意気込みが必要となってきます。

私自身、現在の介護の業界に飛び込んだ時には、面接前に下調べして、ある程度の話題についていけるよう準備していきました。イヤらしい行動ですが、面接時には『 改正最新版介護報酬 』なる書籍を購入して持参する作戦を取りました。やらないよりかはマシ、絶対転職したいのであれば、多少のアピールはやむなしと考えてください。

40代転職者はあるべき自分をアピールして選考を突破

MAX85_burankodekodoku20140531_TP_V 40代以降の転職は何かを与えることで価値を出すことが重要

20代であれば、夢や理想を追いなりたい自分を目指すことができますが、40代の転職は、やりたいことを追いかけるだけでは一向に転職活動が上手くいきません。

夢や理想ではなく現実を直視し、なりたい自分ではなくあるべき自分を認識して転職活動を行うべきでしょう。

企業はより多くの利益を生むために、予算が許す限り新たな戦力になる人材を投入したいと考えます。

20代のアピールポイントである若さと将来性に打ち勝つため、40代以降の転職者は再現性のある即戦力としての在るべき自分を打ち出していく必要があります。

残り少ない限られた人生の中で、できることは多くありません。40代以降50代位の中高年世代は、企業の中で最も活躍できる時期であるため、夢や理想を追いかける転職ドリーマーとならずに、これまでの経験を十二分に生かして企業貢献できる自分を第一に考えるべき。

あなた自身の実践力をアピールして、応募先企業で生かせる在るべき自分を示すことができれば、採用したい人材にグッと近づきます。

40代の転職者に対して、短期間で戦力になる人材を求める企業は実に多い。「できない」「無理だ」というネガティブな回答や態度であれば、優秀な人材であっても採用を躊躇します。

ウソはいけませんが、求められているのであれば、自己啓発してでも何とか応えたいという積極性を示すべきです。

40代の転職支援をしている管理人からアドバイス

MAX85_burankodekodoku20140531_TP_V 40代以降の転職は何かを与えることで価値を出すことが重要

40代中高年が、不採用続きなのは自分の市場価値やニーズを把握していないことが大半。総務職や企画職などの人気職ばかり、狙っていませんか?大企業や有名企業ばかり、応募していませんか?中小企業やベンチャー企業にだって、経験値の高い40代が活躍できるフィールドはいくらでも存在します。

人は自分の範疇でないと中々物事を決められない生き物ですから、我々のような有料転職支援会社に相談するべきです。

でも登録拒否とか門前払いが怖いって先入観だけで、転職エージェントと関りを持たない40代が多いのですが、その行動は完全に間違っています。

理由を付けて、転職エージェントが持つ非公開求人枠を取りにいかないのは転職そのものを諦めるのと同じです。

私自身、某転職エージェントから「転職回数が多いから総務職としての市場価値はない。」と言われた経験を持っています。ムカついたしショックで一週間ばかり、転職活動する気にもなれませんでした。

転職エージェントは、転職サイトと違い無料で色々お世話してくれます。転職エージェントに出向いて面談しなければならないのが唯一のデメリット。それでも、履歴書類作りやブラシアップを手伝ってくれたり、求人検索の時間が短縮できるという点では、他人任せにして転職活動を進めていきたい40代にとっては頼もしい存在と言えます。

私が最もお世話になったJACリクルートメントは、日本の企業にはないリクルートメント・コンサルタント制を取っています。

これは、企業担当者がキャリアコンサルタントを兼任するという形態を取っており、先方の企業風土や採用担当者の年齢だけでなく、性格や好みといった企業情報を詳しく教え、面接対策に威力を発揮します。

さらに、登録から求人の紹介、面接、内定に至る一連の流れが非常に早いのが特徴。

紹介してもらえる求人は、基本的に面接まで進めるためストレスフリー。JACリクルートメントは、キャリアコンサルタントの質が一定ではない、当たり外れがあるといったデメリットがありますが、大手なのでキャリアコンサルタントのチェンジに応じてくれます。

JACリクルートメントから登録拒否されたという話はあまり聞きませんが、登録時に作成するレジュメは空白のないよう心掛けてくくださいね。

当サイトいち押し!
全部コンサルタントに任せたいのならJACリクルートメントがおススメですMAX85_burankodekodoku20140531_TP_V 40代以降の転職は何かを与えることで価値を出すことが重要

転職は何かを与えることで価値を出すことが重要まとめ

それでは、最後に今回の要点についてまとめておきます。

  • 「やりたいこと」から「できること」へ意識を向ける
  • 「なりたい自分」から「なるべき自分」を掲げるべき
  • 労働環境や将来性は自分が変えてやる!意気込みが必要
  • 40代は何かを与えられるのではなく与えることが必要

40代以降の辛くて孤独な転職活動は、暗いトンネルのようなもの。一日でも早く、内定を勝ち取って穏やかな気持ちになりたいのは誰もが思うことですが、楽して転職できる職種に就いてしまうと、後が大変だということを認識しておいてください。

もし、次職場で何かあった場合、戻れなくなってしまいます。肝に銘じておいてください。

転職支援をしている斉藤でした。

当サイトいち押し!
同じ苦労を重ねた私だからJACリクルートメントをおススメしますMAX85_burankodekodoku20140531_TP_V 40代以降の転職は何かを与えることで価値を出すことが重要
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう