40代は転職可能年齢を気にしてしては絶望する

「40歳を過ぎると転職は絶望的だって聞いた」と不安に思っている40代は意外といらっしゃいます。

40代は100社単位で応募しなければ転職できない、40代は管理職経験がないと転職できない、大企業病な40代は使いにくいから採用しない…など、40代の転職にはネガティブなキーワードが付き物です。

転職は35歳までが限界定説は、昨今の社会情勢の変化に伴い崩れ始めています。

40代は35歳転職限界説など全く気にしてはいけない

ama0I9A7733045124452_TP_V 35転職限界説など都市伝説に過ぎない!40代は恐れず前へ進め

未だに、35歳転職限界説を唱えている方がいらっしゃいますが、転職を経験したこともない、自称人事職さん達が言うたわ言に過ぎません。

転職歴が5回以上あり管理職経験もなく、転職エージェントに市場価値がないと突き放された私でさえも、こうして再就職できているのがその証拠です。

ところで、皆さんは「 35歳代転職限界説 」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?2007年に「 求人時の年齢制限を原則禁止 」する雇用対策法が改正される以前は「35歳位まで」という求人募集が数多く存在しており、

35歳を過ぎると、求人数が一気に減少していたことから生まれた言葉です。

それらの法改正により、表面上は年齢が原因で応募ができないケースは少なくなったものの、依然として35歳までの応募者を優先して採用する傾向にあるのも事実です。しかし、35歳代転職限界説など全く気にする必要はありません。確かに、年齢が原因で不採用になることもありますが、採否の決定打となる要因はそれだけではありません。

40代で転職に失敗して絶望する方の多くが、年齢を気にしすぎて、応募企業で発揮できる職務能力をアピールできていないだけなんです。

不採用が続いてしまい「どうせ次も駄目だろう」という気持ちで応募し続けていませんか?

応募企業で発揮できる職務能力を積極的にアピールできていますか?20代・30代の応募者以上のメリットをアピールできていますか?

信じられないかもしれませんが、あなた自身「年齢が高いので応募先に馴染めそうもない、新たな環境で仕事が覚えられない」と不安を抱いている様は、採用担当者にその気持ちが伝染してします。

求人側が義理や人情で、見ず知らずのあなたを採用するわけではないことは、理解されているでしょう。しかし一旦、年齢が高いことがマイナス要因だと感じられてしまえば、無理をしてまで採用したいとは考えません。

40代以降の転職者の中には「 年齢が高いのですが、一生懸命頑張ります! 」とおっしゃる方がたまにいらっしゃいますが、年齢など問題ではなく、入社してから頑張るのはごく当たり前のことです。

40代転職者は採用された場合のメリットを打ち出す

ama0I9A7733045124452_TP_V 35転職限界説など都市伝説に過ぎない!40代は恐れず前へ進め

しかし、年齢が高いことで20代・30代の応募者よりも会社に与えるメリットが大きいことを具体的に示すことが出来れば、内定が出る確率はグッと上がります

20代・30代の応募者と同様のレベルであれば、40代の応募者が採用されることは極めて難しい。しかし、あなたにはこれまで積み上げてきた豊富な経験があるじゃないですか?

若年層より期待できる人材であることを、応募書類や面接で具体的にイメージさせることが内定への第一歩です。

40代以降の転職で、なかなかいい結果が出せない方は年齢で不採用になるのではなく、応募先へのメリットを具体的に伝えられない考えをもって、明日からの転職活動に繋げてください。既に、多くの企業が定年を65歳に引き上げています。40代以降の中高年はまだまだこれからが働き盛りです。

年齢が高いから採用されない言い訳は、60歳代以上の求職者が言う言葉だと強く認識してくださいね。

35転職限界説など都市伝説に過ぎない件について

では、最後に要点をまとめておきますので参考にしてください。

  • 35歳転職限界説など都市伝説に過ぎない
  • 40代転職者は、年齢ではなく会社に与えるメリットを考える

「何歳までなら転職は可能ですか?」という質問を受ける機会が増えていますが、「 何歳になったとしても転職は可能である 」と回答しています。私が知っている限り、最高記録は59歳と10か月で正社員として採用された私の元上司。

自分を採用することで、転職先に具体的なメリットを主張できるスキルが上がれば転職先に困ることはなくなりますよ。この際、ネットの匿名性を利用した見ず知らずの素人さんの意見を鵜呑みにすることはやめにしませんか?

「自主主導」の転職活動を始めると以前とは違った世界が広がってきますよ。

転職支援をしている斉藤でした。

関連キーワード
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう