40代は全ての求人情報に目を通さなければならない

「簡単に応募できる求人がないからタクシーの運転手に応募しよう」と安直な考えを持つ40代があまりにも多いので驚いています。

「楽して」「苦痛を伴わず」「一日も早く」は、根を上げる中高年が好きそうなキーワードですね。

私自身、40代で転職活動開始時、応募できる求人のあまりの少なさに絶望。

アウトプレースメントが「総務職の求人も豊富に取り揃えてある」と退職に向けて背中を押してくれたのに、それを真に受けてしまったんですね。他人を信じるなと、あれほど忠告を受けていたにもかかわらず、裏取りしなかった私の失敗です。

40代の転職活動で、応募先が見つからず絶望してどん底にに落ちていく方は、就職にかける活動量が圧倒的に足りていないのが特徴です。

40代は求人情報を多方面から収集せよ

c03e05944ff8bded1797f15882c3b2eb_s ライバルには知られたくない!40代の求人情報検索法は広く浅くが原則

具体的な例を挙げると

  • 2、3社の転職エージェントに断られて絶望した
  • 転職サイト経由で応募したが「お見送りメール」の連続で失望した
  • ハローワーク窓口で求職の申し込みをしたが(暗に)年齢がネックで応募できなかった

など、ちょっとの困難で根を上げる40代中高年がいかに多い事か。

40代の転職希望者や求職者の多くが「応募できる求人が全くない」と感じているのですが、求人情報を探す手段を増やし緻密に情報収集すれば求人は面白いほど見つかります。

私自身、某転職エージェントに「あなたに市場価値はない。転職したければどこか地方に行ってください(原文ママ)」と言い放たれた辛い過去がありますが、1年で8社から内定をもらい、実際に転職できています。

40代転職において、求人情報を収集できる機関やメディア、知人などが「求人情報源」。実は求人情報そのものは豊富にあり、毎日大量の情報が更新され、消えていきます。

ここは、様々な情報源から広く浅く求人情報を探すことが重要になってきます。

巨大な網を放り投げて、魚を獲るイメージをしていただければ分かり易いのではないでしょうか?

というのは、各情報源によって求人情報に偏りがあります。

求人情報の偏りは情報源の特徴でもあるため、それ自体は悪いことではありません。ただ、各情報源の特徴を十分に把握したうえで、これらを組み合わせることによって、各情報の偏りを修正する必要が出てきます。

繰り返しになりますが、40代の転職活動において絶望する方の多くが、求人情報を転職サイトと転職エージェントだけと最初から絞り込んでしまう方が多いのですが、それではいつまでたっても自分に合う求人に出会えません。

一般的な手段で求人を探した場合、毎週1~2件見つかれば良いほうではないでしょうか?

40代の転職において、真剣に短期間で就職を考えているのであれば、毎週20社以上に応募することを強くお勧めします。ただし、それだけの応募先を見つけるためには、前職での仕事以上の活動量をこなさなくてはならないことを肝に命じておいてください。

40代転職では求人情報を緻密に収集せよ

c03e05944ff8bded1797f15882c3b2eb_s ライバルには知られたくない!40代の求人情報検索法は広く浅くが原則

40代の転職において、各情報源から得られる大量の情報を絶対に漏れなく収集する意気込みがなければなりません。転職活動が長引いてしまう大きな要因として、求人情報が飛び込んでくるのを待っているような「待ちの姿勢」で転職活動をすることが主な原因。

本当に就職したいのであれば、自分でできる限りの時間を使って探し出す必要がでてきます。

そのためにはスケジュールを組んで、自分が望む求人情報をくまなくチェックする必要があります。

一例として、新聞の求人欄をチェックしているとしましょう。

新聞の求人欄を探しているといっても、各週・各紙・毎号を徹底して研究している方はいないのではないでしょうか?40代の転職活動において、20代・30代と同じような行動パターンを取っていたのでは求人情報は見つからないといわざるを得ません。

求人情報は生ものです。

今週は自分に合う求人が載っていないからといって、来週も載っていないと思い込むのは致命的。そして誰よりも早く求人情報を見つけ、締め切られる前に応募しなければ意味がありません。

もはや都市伝説状態な、40代転職者がたまたま見ていた求人情報に良い求人があってトントン拍子で内定が出た話を聞くことがありますが、そんな偶然を期待しているようでも致命的です。

40代の転職成功者は皆、応募先を見つけるべくして見つけています。

あわせて読みたい

40代の求人情報検索法まとめ

では最後に今回のまとめをしておきましょう。

  • 40代は求人情報を多方面から収集
  • 40代は求人情報を緻密に収集
  • 「待ちの姿勢」での転職活動は失敗

一日でも早く転職活動という地獄から脱出したければ、計画を練って正し方法で行うことです。

是非実践してみてください。

転職支援をしている斉藤でした。

後悔しない40代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向まとめ~

4月は1年を通じ最も質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が混乱しているので気を付けてください!

現段階において、求人が消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えているので、Skypeやzoomの使い方を併せて習得しておきましょう!

ただし、あなたのライバル達も同じように動き始めるのでしっかり情報収集して、万全の態勢で臨んでください。

  1. 当サイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(JACリクルートメントリクナビNEXT人材バンクネット)に登録しておく
  2. 転職エージェントに登録したら、電話でなく直接会って自分を知ってもらおう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントと出会えたら、更に信頼関係を結び熱い思いをぶつけよう

転職エージェントを活用する上で最も大切なのは、キャリアコンサルタントと顔なじみになっておくこと。

その他大多数の応募者の中に、あなたの存在が埋もれることは絶対に避けなければなりません!

転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、あなたの「絶対に転職したい!」思いが通じれば動いてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう