リクルートエージェント

業界最大手のセミナーを受けたいのなら断然オススメ
・常時10万件以上の非公開求人の取り扱いは業界No.1
・実績豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍
・「 面接力向上セミナー 」などの充実した転職サポート

「 新卒で就職活動をした時は、合同説明会やセミナーがあって情報を増やすことができたけど、転職活動は有用な情報がほどんど手に入らないよね 」と本気で悩んでいる40代転職者の方は多いです。

実際、インターネットで情報を得ようとしても「 40代以降は管理職経験者でないと転職できない 」だとか、書籍を参考にしても「 内容が完全にエクゼクティブ向け 」であったりして、役職すら付いたことがない40代が絶望的な気分になるのは当然のことです。

情報に踊らされて転職活動を続けると大変な結果に…

インターネットが急速に発達した現代において、転職に関しても様々な情報が飛び交っています。しかし、その多くが匿名性を利用した事実ではない情報であって生の声を反映させたものでないことを理解しなければなりません。

40代は情報収集を「 他人任せ 」にして転職活動をすると結果的に長引いてしまい、失敗してしまうと何度もアドバイスしているのですが、知らず知らずのうちに「 他人任せ 」にして転職活動をする40代がいかに多いことか…
ここで失敗してしまう具体例を挙げておきますが

・Yahoo知恵袋に救いを求めてしまう
・40代は管理職でないと転職できないという噂を信じて絶望してしまう
・ハローワークはブラック求人しかないとの誤情報を鵜呑みにして利用しない

なのかを見極める必要があります。

転職エージェントは管理職でないと登録できないとか、特殊なスキルがないと登録できないなどの噂があります。当然、転職エージェントのビジネスモデルに合わない人材であれば、登録すらしてもらえず「 門前払い 」という結果に終わってしまいますが、実は案外あっさり登録できてしまうものなのです。

転職エージェントへの登録は、本来あるはずの良質な求人情報は、短期間での転職成功への切符です。

年齢や過去の職歴などで、フィルターでふるい落とされかねない不利な条件を抱えている人ほど、正攻法で紹介を待つよりゲリラ的に隙間を突いて、自分から条件の良いハイレベルな求人情報を取りに行くべきです。

yotakaGJ0937_TP_V リクルートエージェント

40代の転職エージェント攻略!今すぐ始めるべき3つの対策とは?

転職エージェントを攻略するうえで最も重要なことは、せっかく苦労して登録できたのだから、あなたの存在が埋もれてしまうことを全力で阻止しなければなりません。その他に

・マンツーマンで内定までサポートしてもらえるエージェント
・求人案件の紹介から面接、選考、合否判定までがスピーディなエージェント
・40代以降の中高年もサポート対象としているエージェント

なのかを見極める必要があります。

私がJACリクルートメントの次にオススメしたいのが、リクルートエージェントです。転職支援実績は累計41万1,000件以上、常時10万件以上の非公開求人の取り扱いは他の転職エージェントを遥かに凌駕しています。また、リクルートエージェント独自のパーソナルディスクトップは他の転職エージェントにはない24時間どこからでも求人情報を閲覧できるシステムです。

「 面接向上セミナー 」の開催はリクルートエージェントだけ

「 面接向上セミナー 」は緊張しがちな面接の場であっても「 企業が採用したいと思う内容を話せるようになる 」と話題の面接必勝法を公開してくれるセミナー内容になっています。

企業が求める人物像の理解から、「 自己分析の方法 」や自分の強みを活かせる企業の選び方、職務履歴書の改善ポイント、「 転職理由 」「 自己PR 」などにおけるシナリオ作成法まで、転職に必要なノウハウを伝授してもらえる濃い内容になっています。
このセミナーは高い受講効果が立証されており、受講者の面接通過率が約15%アップしていることなどから、97%もの受講者が満足する結果となっています。合同説明会やセミナーに参加することのない40代が、有料の転職支援を除き、生のセミナーを受講できる唯一の機会です。決して逃してはなりません。

東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡・北海道・東北の9か所で随時行われています。もちろん参加は無料です。
yotakaGJ0937_TP_V リクルートエージェント

キャリアアドバイザーと良好な関係を築くことが最大のキモ

転職エージェントから求人情報を大量に入手するには、普段からキャリアアドバイザーと良好な関係を築いておくことが大切です。転職エージェントに登録することができたのなら、必ず直接会って名刺をもらってください。特に遠方の方は、わざわざ電車賃を払って会いに行くことを敬遠する傾向にあるのですが、電話とEmailだけのやり取りよりも、直接会ったほうが断然効率が良いと考えるべきです。

会ってくれたキャリアアドバイザーは、その日からもう顔なじみです。ですから遠慮せずに、思いをぶつけてください。求人紹介の連絡がなくても、1週間に1度はこちらから連絡を入れるべきです。

直接話したことがある登録者は印象が違うらしく、求人企業の希望とは少し異なる人物像でも案件が発生すれば「 あの人に挑戦してもらおう 」という気になります。

実際、転職を検討中の40代向けの求人案件が入ったら、それまであまり前向きではない様子だったとしても、強力に後押ししてくれます。私はキャリアアドバイザーに「 絶対4月までに転職したい 」との思いをぶつけ、職務履歴書のブラシアップから模擬面接まで行ってもらいました。

40代で転職歴が5回あり、他エージェントから「 市場価値がない 」と言い放たれた私でさえ転職できました。次はあなたの出番です。まずは無料の会員登録をしてキャリアアドバイザーと良好な関係を築いてみませんか?

yotakaGJ0937_TP_V リクルートエージェント yotakaGJ0937_TP_V リクルートエージェントyotakaGJ0937_TP_V リクルートエージェント

スポンサードリンク


yotakaGJ0937_TP_V リクルートエージェント

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事