「 キャリアアップのため社外学習を始めたいけど、何から手を付けたらいいのか分からない 」って悩んでいる40代は意外に多いです。

「 毎日残業ばかりしているのに、それに加えて土日は語学スクールってお前は馬鹿じゃないの? 」と同僚に言われたことがあります。私は、たまたま中国の映画が好きで10年程前から個人的に北京語を勉強してきました。まさかそれが前職での内定に結びつくと思ってもみませんでしたが…

一生勉強なんてよく言われますが、越境学習(社外学習)をやっていて損をした失敗したという話はほとんど耳にすることはありません。むしろ、キャリア形成に役立ったとか、転職で有利に働いたと聞くことはありますが。

それでは、40代中高年がキャリア形成に失敗して絶望する前に考えるべき具体的な戦術とはいかなるものでしょうか?加えて、会社に在籍したまま他責的な傾向に陥ることを避けるにはどうしたらいいのでしょうか?繰り返しになりますが、その切り札は「 越境学習 」であると私は考えます。

キャリア形成のため「 越境学習 」をすべし

AL204kusukusu320140830152421_TP_V4 実際のところ社外学習は40代の転職に有利なのかどうか調べてみた「 越境学習 」とは前述したとおり、自分の職場以外での学習に参加すること、特に社外での学習に参加する意味になります。なぜ、社外で行われる「 越境学習 」に効果があるというのでしょうか?

私はその最大の理由として、「 越境学習 」には自発的な人々が集まり、お互いに刺激をしあうという効果を挙げたいと考えます。

社外で勉強したからといって、それが直接的に評価され、社内で昇給や昇進に結びつくわけではありません。

むしろ「 社内の仕事が忙しいのに社外で勉強するなんていったい何を考えている? 」と嫌味を言われる危険性があると思います。それにもかかわらず、社外で勉強しようというのですから、「 越境学習 」をする人たちは自発的に何らか自分の専門性を高めようと思っているわけです。

人間は、他者の影響を受ける生き物です。間近に自発的な人を多く見ていれば、やはり自分も自発的でなければと刺激を受けるのではないでしょうか?これだけでも、「 越境学習 」を行なう価値があると考えます。

しかもそれだけではなく、越境学習によって社内の同じ職場だけではわからない多様な価値観、最新の情報を得ることができます。不確実で環境の変化が激しい時代に、社内の同じ組織文化に馴染んだ人とだけしか付き合わなければ、柔軟に環境変化に対応できなくなってしまうのではないでしょうか?

40代が「 越境学習 」を始めるには?

AL204kusukusu320140830152421_TP_V4 実際のところ社外学習は40代の転職に有利なのかどうか調べてみたしかし、「 越境学習 」を始めるには何かとハードルが高いという声があると思います。社会人大学院や民間のビジネススクールは、有効な越境学習の選択肢ではありますが、時間もお金もそれなりにかかります。しかも、40代の中高年がいきなりそんなところに行くのは難しいという声をよく聞きます。

このあたりは、最初から無理をする必要はないと考えています。

たとえば、自分の専門性の領域で3ヵ月程度の研修の募集は探せばいくらでもあるものです。民間の教育機関、あるいは大学のエクステンションセンターなどで探すことができます。また、こうした研修案内の資料は、会社へも届いているかといえます。このような短期で終わる研修から、まずは参加してみるという手があります。

それでもハードルが高いという場合は、40代以上の知り合いを募って自主的な勉強会を作ってしまえばいいだけの話しです。あるいは、知り合いのルートを辿ると、もうすでに勉強会を開催しているかもしれません。まずは、そこに参加してみませんか?

40代の中高年でさえも、本当に参加したいという意思があれば、何らかの機会に行き着くことはできると思います。私は、40代以降の転職を無理に勧めることを推奨していませんし、転職の効果を否定することも考えていません

大事なことは、でき得る限りの情報を事前に収集し、自分の軸に活かすことができる選択を考え抜くことだと考えます。そのうえで決断したことであれば、転職しても、会社に残ったとしても立派な決断であると考えます。悩み抜いて立派な決断をしたという経験は、40代からの中高年の今後のキャリアに必ず活きてくるものだと私は考えます。

社外学習は転職に有利なのかどうか調べてみたまとめ

実際のところ社外学習は40代の転職に有利なのかどうか調べてみたについてまとめてみましたが、いかがでしたか?
では最後に、今回の要点をまとめておきます。

・キャリア形成のための越境学習はアリ
・越境学習は自分の出来る範囲から始めるのがコツ
・仲間と自主的な勉強会をするのもアリ

会社の経費で習うならまだしも、自分の身を削ってまで勉強しようと思う方はまだまだ少ないでしょうね。その分お小遣いが増えるわけではないので、趣味代や飲み代がガッツリ減ってしまいますからね。まずは出来る範囲のことから始めてはいかがでしょうか?常に向上心を持って生きていると、もしもの時に役に立ちますよ。転職支援をしている斉藤でした。

スポンサードリンク


AL204kusukusu320140830152421_TP_V4 実際のところ社外学習は40代の転職に有利なのかどうか調べてみた

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事