「 俺たちの頃は終身雇用が当たり前で定年まで安心できたけど、君たちは大変な時代に生まれたものだな 」と義父に言われてしまいました。

私が以前に勤務していた企業もかつては大手鉄鋼会社の一部門で、入社したら定年まで安泰と言われていた職場でした。それが時代の流れと共に、子会社化し他と思えば、関係会社に成り下がり、ついには中国の大手企業に買収され、中国への出向、首切りに怯えなければならない状態に陥ってしまいました。

日本の社会は今まさに雇用が財産の時代から、キャリアが財産な時代に移り変わろうとしています。

転職エージェントのキャリアカウンセラーや採用担当者が共通して認めている「 40代の転職に有利な条件 」又は「 40代の転職に不利な条件 」なんて、はたして存在するのでしょうか?通り一辺倒な話になってしまいますが、実は外面的な要素より、業務と実務の経験に基づく専門性の有無が最も重要と言えてしまいます。

それと同じくらい重要なのは内面的な要素で、ズバリ他責か自発的かということに他なりません。その裏付けとして、中高年の中途採用の際に主流となりつつある「 行動面接 」を挙げることができます。

40代転職において主流となる「 行動面接 」とは?

これは、具体的に言うと、過去に行なってきた業務と実務の経験について、40代の転職者がどのような行動を取ったか、その理由は何か、そしてその結果の影響をどう認識しているかなどをリアルに詳しく聞く面接法を言います。この行動面接の最大の目的は、他責か、自発的かを見分けることができることにありあます。

実際に取った行動、またその行動を取った理由を詳しく聞いていけば、かなりの確率で他責か自発的かを見分けることが可能なのです。すなわち、転職市場のプロたちが中高年の転職希望者を見る点は、専門性と自発性ということになります。そのためには、成長と明確な軸が求められるのです。

PPH_bisinessnote_TP_V4 終身雇用が崩壊した今40代はいかに考えて転職すべきか?

40代は成長を続けることこそが重要

転職するとか、しないということは結果であって、明確な軸と自発性を持ち、成長を続けることができるのなら、それが最も重要なことではないかといえます。別の角度から見れば、転職の有無にかかわらず、方向性を持って専門性を高めることができない、成長が継続できないということが一番深刻なことなのではないでしょうか?

40代の労働者は、転職というリスクを冒さなくとも、成長を継続できないいう危機を冒している可能性はあるように感じます。その結果、社内にいたまま他責的な傾向に陥って、なんの能力開発の努力もしない、自発的な仕事の取り組みをしないという状態に陥ってしまっている方は意外に多いのです。

40代は雇用ではなくキャリアが財産

ここで、法政大学の諏訪教授が唱える「 キャリア権 」という考え方をひとつご紹介したいと考えます。従来の日本では、労働者のキャリアに対する企業の影響には大きいものがありました。人事異動から能力開発にいたるまで、企業が丸抱えで対応をしてきたのです。

労働者は、その企業の意向にしたがって懸命に働いてきました。一方で、企業はその懸命な努力に応えるべく終身雇用を方針として掲げてきました。こうしたあり方は、「 雇用が財産 」と表現することができるはずです。

しかしキャリア権では「 雇用が財産 」ではなく、「 キャリアが財産 」だと考えるのが一般的です。不確実性が増し、環境変化のスピードが速まる時代において、いくら企業が終身雇用を保証したくとも、事業自体がM&Aなどで売却されてしまうこともあり得ます。

PPH_bisinessnote_TP_V4 終身雇用が崩壊した今40代はいかに考えて転職すべきか?そうした前提に立てば、1社での終身雇用に固執するのではなく、自分の専門性を高め、自分自身のキャリアそのものを財産と考えたほうが個人の戦略として妥当です。

自分自身のキャリアを財産とする以上、他責的な態度ではキャリアを形成できません。本人が自発的にキャリアを形成していく必要があります。

また、何も方向性がなければ、キャリアは拡散してしまうと推測できます。ですから明確な軸を持ち、方向性を持って専門性を高めていく必要があります。

さらに環境変化が激しい時代ですから、成長を止めることはできません。40代の中高年は、常に成長していく必要があるでしょう。このようにキャリア権は、成功法則に非常にあてはまり、また、なぜ成功法則が有効なのかという理由を解き明かす考え方であるわけです。

キャリア権とは、自発的に行動する労働者を社会全体で応援する仕組みを整えようという考え方でもあります。もちろん本人には自発的に行動し、常に成長を続ける努力をしていくことが求められます。ただ、こうした努力を本人が続けていけば、それを社会全体で応援していくという環境が、キャリア権などの考え方が普及していくことで徐々に整っていくのではないでしょうか?


終身雇用が崩壊した今40代はいかに考えて転職すべきか?についていかがでしたか?
長くなったので、要点をまとめておきます。

・行動面接は他責か自責か見分けられる
・40代は成長を続けることが重要
・40代は雇用ではなくキャリアが財産

目まぐるしく変わる世の中に、40代の我々も遅れないよう頑張りましょう!転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

スポンサードリンク


PPH_bisinessnote_TP_V4 終身雇用が崩壊した今40代はいかに考えて転職すべきか?
おすすめの記事