40代の転職で年収が上がらず絶望

「条件のイイ転職先が見つからないから、国家資格を取って一発逆転してみるか!」と、ついつい夢をみてしまう40代のお父さんは多いのではないでしょうか?

難関国家資格のフレーズに、サラリーマンなら一度や二度、独立の2文字を夢見てた方は多いはずですが、その栄光をつかみ取れるのはたった数パーセントの合格者。

毎年何千何万という受験生が、年に一度の本試験目指してデットヒートを繰り広げる様は、実に熱い戦いです。

40代が、国家資格を取ったとしても、未経験の職種に就けたり、今より待遇のよい企業に転職できることはありません。

もちろん例外もあるので、絶対にとは断言しませんが、そういう考え方自体間違っています。

私と同じように、資格ビジネスに踊らされた人々もいるようで…

割りのイイ派遣社員を目指して転職

CCC9V9A9993_TP_V4 40代で年収を上げようと試みるも結局上手くいかなかったOLのケース

Mさん(41歳)は短大卒業後、中小鉄工メーカーの営業事務として勤務していましたが、入社して10年を経過した頃から、職場にとどまることに疑問をいただき始めます。

10年経ってもベースアップがほとんどなく、新卒で入社したころの給料とほぼ変わらなかったのが原因た。

そこれで割りのイイ派遣社員での仕事を目指し、一旦退職して人材派遣会社に登録し派遣社員として派遣先企業で仕事をするようになりました。

派遣社員になった当時は、それこそ満足のいく収入が得られていましたが、派遣期間が終わってから次の派遣先が決まるまでの「間」ができるようになってしまいまいた。

正社員のころは「間」があくことはありませんでしたが、派遣社員になって間が空くと、あっという間に年収が激減。

しかもリーマンショックの影響もあって、不景気が続き派遣先企業から契約打ち切りを宣告されるいわゆる派遣切りが目立つようになる。

更に派遣元の人材派遣会社で雇用契約を更新しない雇い止めも現実に目にするようになって、だんだんと、目に見えない不安に押しつぶされそうになっていきました。

Mさんは派遣社員として働くことに限界を感じて、正社員を目指すべく就業の合間に転職活動を始めました。

ところが、求人を探してみると営業事務での求人はそもそもなく、あったとしても20代に対する募集であったり、派遣社員としての募集であることがほとんどだった。

求人を探していて、経理職なら比較的求人の年齢層に幅があり、正社員での募集があることに気付きました。

実務経験のなかった彼女は、頑張って資格学校に通い簿記2級を取得します。

あわせて読みたい

40代の転職において資格取得は有効なのか?

CCC9V9A9993_TP_V4 40代で年収を上げようと試みるも結局上手くいかなかったOLのケース

簿記2級を取得した彼女は、経理職にどんどん応募を始めました。しかし、出せども出せども面接の通知が来る気配はない。

「実務経験がないからなのか?」「すでに40歳を超えているから書類選考に通らないのか?」彼女はだんだん不安になっていきました。

30件ほど応募を繰り返していた頃、待ち望んだ面接の通知が届きます。

期待を胸に、面接に挑んだものの「経理職として働いた経験があるか?」と質問され、首を横に振るしかなかった。

経理職に関して言えば、資格は持っていても実務経験がないと評価はないに等しいのが現状。

数日後、お見送りの通知が届いたのは言うまでもありません。

このような失敗を何度も繰り返したのちに、Mさんは念願の内定を勝ち取りましたが、そこには重大な問題が潜んでいました。

雇用通知書に書かれていた年収が、新卒時のそれとほとんど変わらなかったのです。

「この年収なら新卒後に入社した会社に留まるべきだった」Mさんも、せっかく勝ち取った内定を辞退せざるを得なくなってしまいました。

こんな転職活動を続けていくうちに、100万円以上貯めていた貯金がだんだん少なくなっていき、モチベーションが下がり切り、結局何をどうすれば、希望の正社員での転職ができるのか分からなくなり、遂には引きこもってしまうまでに陥りました。

「転職活動を始めたんだけど、応募できる求人が全くない」

40代転職で年収に固執することは危険

CCC9V9A9993_TP_V4 40代で年収を上げようと試みるも結局上手くいかなかったOLのケース

一方のTさん(45歳)は、上場電機メーカーの営業部長として20年間働いてきました。

一身上の都合により会社を退職し、新しい勤め先を探して再就職活動を始めました。

これまでの実績や能力があれば、新しい転職先など容易く見つかるはずと考えていましたが、いざ実際に探してみると、希望するような求人情報がなかなか見つかりません。

彼の希望は営業部門の管理職だったのですが、そもそも営業部門の管理職の求人情報が見つかりません。

インターネットを介した転職サイトや、転職エージェントをあたってみたり新聞や折込チラシなどを満遍なく読み、半ば諦めムードでハローワークに行っても希望の職種、希望の階級の求人は皆無だったとTさんは振り返ります。

そこでTさんは、ひとまず管理職の条件は諦めることにしました。

するとどうでしょう、希望職種の求人はある程度見つかるようになりましたが、条件の良い求人には「若い世代中心の職場」や「経験を積んで管理職目指せます」文言が含まれており、暗に年齢制限があることを匂わせていました。

Tさんは、それらの求人への応募を躊躇してしまいました。

「時期をズラせば、もっと自分にあった求人が出てくるのではないか?」と色々考えているうちに、あっという間に2か月が経過してしまいました。

良さげな求人はお気に入りに入れていましたが、既にほとんど消えていました。

数か月そんなこんなを繰り返したTさんの元へ、ようやく1社から面接に来て欲しいとの連絡が舞い込みます。

再就職活動を開始して初めての面接に、彼は喜んで挑みました。

しかし、その場で「年収が前職の3分の2程度になりますが、それでも入社を希望されますか?」と質問され、思わず「帰って家族と相談してからお返事させてください」と言ったところ、翌日お見送りの電話を受けることになりました。

40代転職において年収が下がるは当然の結果なのか?

CCC9V9A9993_TP_V4 40代で年収を上げようと試みるも結局上手くいかなかったOLのケース

それから6か月が経過して、Tさんが面接までたどり着いたときには「これ以上次の職が決まらないようであれば、年収が下がるのも致しかたない」と思い始めていました。

面接で先方の提示してきた条件を丸呑みすると、2次面接、最終面接へと進むことができるようになりました。

面接を重ね、待ちに待った内定通知を手にしたTさんでしたが、雇用契約書を見て更に考えてしまいます。

「こんな年収で家族を養っていけるのか?」「家族は納得するだろうか?」Tさんは独りで散々悩んだ挙句、なんと内定を辞退してしまいました。

そうこうしているうちに、あっという間に1年が過ぎ、再就職活動を始めた当初には「絶対3か月以内に内定を取って、今までの生活を取り戻す」モチベーションも消えてしまい再就職活動に身が入らなくなっていきました。

既に行動する気力は薄れ「自分は世間から必要とされていないのではないか」と不安ばかりが募るようになっていき、

やがて貯金も底をつき、不本意ながら早朝の新聞配達アルバイトを始めざるを得ない事態に陥っていくのでした。

転職活動がうまくいかない40代が考えるべきこととは?

Tさんの事例のように、40代が転職活動において悩むポイントは大きく5つに集約されます。

  • そもそも応募できる求人がない
  • 応募書類が面接に結びつかない
  • 面接に呼ばれても内定に至らない
  • 内定が出ても転職する気になれない
  • そもそもモチベーションが続かない

一見遠回りに見えますが、40代の転職においては、これらの課題に対する解決策をひとつづつ潰していくことから始めるのがキモだと私は考えています。

ただし、それぞれの解決策は互いに強く関連しているため、一部だけ実践してもうまく内定に至りません。

全ての解決策に目を通し、それぞれの解決策で何をするべきかを理解したうえで、どのように行動すれば最短で内定というゴールにたどり着けるか考えるべき。

資格を取って年収を上げようと試みたOLさんまとめ

では最後に、今回の要点についてまとめておきます。

  • 長い目で見ず安易に転職すると失敗
  • 実務経験がないのに資格を取ってアピールしても失敗
  • 最初から年収や肩書に固執すると危険
  • 40代がつまづくポイントは5つある

転職ビジネスは、転職に有利とか独立に有利と盛んに煽り立てますが、実際資格取得しただけで転職に成功した例は、タクシーの運転手や介護職へのキャリアチェンジを除いてほとんど確認できていません。

これといったアピール材料がないからといって、資格取得に走るべきではありませんよ。

こんなはずじゃなかった!!と後悔する前に考えを改めてみてください。

転職支援をしている斉藤でした。

万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう