「 転職活動を始めたんだけど、応募できる求人が全くない 」「 世間では『 今こそ転職の好機だ 』なんて騒がれているけれど、どうなってんの? 」って疑問をお持ちの40代転職者は沢山いらっしゃるかと思います。

私も、40代でリストラされて転職活動を始めた際、希望する職種での求人案件があまりにも少なかったので、驚きました。更には、頼りにしていたアウトプレースメントにさえ「 今は紹介できる案件がない 」と言われてしまい絶望しましたよ。

結論から申し上げますと、40代からの転職で、前職と同じ職種、同じ肩書、同じ待遇で探した場合、ほとんどの方が求人を見つけられずに「 応募する求人がない 」と絶望してしまうのが、現状です。

40代の転職活動において陥ってしまいやすい典型的な特徴がどのようなものか実際に見ていきましょう。

40代転職で年収に固執することは危険

Tさん(45歳)は、上場電機メーカーの営業部長として20年間働いてきました。一身上の都合により会社を退職し、新しい勤め先を探して再就職活動を始めました。「 これまでの実績や能力があれば、新しい転職先など容易く見つかるはずだ 」と考えていましたが、いざ実際に探してみると、希望するような求人情報がなかなか見つかりませんでした。彼の希望は営業部門の管理職だったのですが、そもそも営業部門の管理職の求人情報が見つからないのです。

インターネットを介した転職サイトや、転職エージェントをあたってみたり新聞や折込チラシなどを満遍なく読み、半ば諦めムードでハローワークに行っても希望の職種、希望の階級の求人は皆無だったとTさんは振り返ります。そこでTさんは、ひとまず管理職の条件は諦めることにしました。するとどうでしょう、希望職種の求人はある程度見つかるようになりました。

しかし、条件の良い求人には「 若い世代中心の職場です 」「 経験を積んで管理職目指せます 」という文言が含まれており、暗に年齢制限があることを匂わせていました。Tさんは、それらの求人への応募を躊躇してしまいました。「 時期をズラせば、もっと自分にあった求人が出てくるのではないか? 」と色々考えているうちに、あっという間に2か月が経過してしまいました。「 良さげな求人 」はお気に入りに入れていましたが、既にほとんど消えていたそうです。

数か月そんなこんなを繰り返したTさんの元へ、ようやく1社から面接に来て欲しいとの連絡が舞い込みます。再就職活動を開始して初めての面接に、彼は喜んで挑みましたが、その場で「 年収が前職の3分の2程度になりますが、それでも入社を希望されますか? 」と質問され、思わず「 帰って家族と相談してからお返事させてください 」と言ったところ、翌日お見送りの電話を受けることになりました。

IMGL8665171031_TP_V4 40代転職で希望年収を諦めきれずに活動が長引いて絶望

40代転職において年収が下がるのも致し方ないのか?

それから6か月が経過して、Tさんが面接までたどり着いたときには「 これ以上次の職が決まらないようであれば、年収が下がるのも致しかたない 」と思い始めていました。面接で先方の提示してきた条件を丸呑みすると、2次面接、最終面接へと進むことができるようになりました。面接を重ね、待ちに待った内定通知を手にしたTさんでしたが、雇用契約書を見て更に考えてしまいます。

「 こんな年収で家族を養っていけるのか? 」「 家族は納得するだろうか? 」Tさんは独りで散々悩んだ挙句、なんと内定を辞退してしまったのです。そうこうしているうちに、あっという間に1年が過ぎ、再就職活動を始めた当初には「 絶対3か月以内に内定を取って、今までの生活を取り戻す 」というモチベーションも消えてしまい再就職活動に身が入らなくなっていきました。

既に行動する気力は薄れ「 自分は世間から必要とされていないのではないか 」と不安ばかりが募るようになっていき、やがて貯金も底をつき不本意ながら早朝の新聞配達アルバイトを始めざるを得ない事態に陥っていくのでした。

転職活動がうまくいかない40代が考えるべきこととは?

Tさんの事例のように、40代が転職活動において悩むポイントは大きく5つに集約されます。

・そもそも応募できる求人がない
・応募書類が面接に結びつかない
・面接に呼ばれても内定に至らない
・内定が出ても転職する気になれない
・そもそもモチベーションが続かない

一見遠回りに見えますが、40代からの転職においては、これらの課題に対する解決策をひとつづつ潰していくことから始めるのがキモだと私は考えています。ただし、それぞれの解決策は互いに強く関連しているため、一部だけ実践してもうまく内定に至りません。全ての解決策に目を通し、それぞれの解決策で何をするべきかを理解したうえで、どのように行動すれば最短で内定というゴールにたどり着けるか考えるべきなのです。


40代転職で希望年収を諦めきれずに活動が長引いて絶望についてまとめてみましたがいかがでしたか?
誰もが前職と同じ待遇や肩書で再出発したいと考えるのは当然のことだと思います。私自身も活動当時は、前職とほぼ同じか、それより高い待遇を希望していましたよ。

・最初から年収に固執すると危険
・最初から肩書に固執すると危険
・40代がつまづくポイントは5つある

転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

スポンサードリンク


IMGL8665171031_TP_V4 40代転職で希望年収を諦めきれずに活動が長引いて絶望
おすすめの記事