「 総務職にこだわって転職活動続けてきたけど、全然決まんねー。タクシーの運転手は未経験でも月給30万円ってリクナビNEXTに書いてあったから、ちょっと応募してみようかな? 」なんて優柔不断になっている40代は意外に多いのではないでしょうか?

タクシーの運転手、介護職・ヘルパー、不動産の営業職どれも「 未経験でも手取30万以上! 」なんて広告を見ると、ダメだと分かっていてもついつい興味が湧いてしまうものです。

私自身、20代で倉庫作業員、30代で総務人事および経理業務をこなしてきましたので、「 次、何職でも行けまっせー 」って状態でした。40代で転職歴が5回以上ある私にとって、総務人事職は超難関、倉庫作業員は即日にでも決まってしまいそうなぐらい簡単。辛く長い転職活動を一日でも早く楽に終わらせるためには、倉庫作業員に戻るのが手っ取り早かったのですが…

それ相応の活動をしないと職を得られず絶望する

次職での職種を選択するにあたり、基本的に前職と同じか、それに関連する職種を目標として活動すべきです。目の前の利益だけを考えて、安易に未経験可職種に飛び込むと、キャリアに一貫性がなくなり、転職しづらくなります。「 俺は定年までタクシーの運転手でいいや 」なんて安易に考えている40代は特に要注意です。40代でも未経験可な職種には落とし穴が待っています。

なんとなく、自分の中で優先順位が決まったら、あとは正しい計画と戦略をもって情報収集して行動するのみです。特に40代は就業しながらの転職活動の場合、既に重要なポストに就いている方も多いと思いますので、活動できる時間が非常に限定されてしまいます。仕事が終わって寄り道せずに家に帰っても、家族との団らんの時間も必要でしょうし就寝するまでの数時間をどう使えるかがカギとなってきます。

また、それだけ自由な時間が減ってしまうため、40代からの転職が長引いてしまったりすると半年以上も継続してしまって疲弊してしまうという側面もあります。また求人情報はフロー情報なので、絶えず発生しては消滅し、既に採用が決まっていて募集が締め切られたりを川の流れのように繰り返しているのです。

自分が活動できる期間内に、自分に合う仕事を見つけるためには、それ相応の活動量が40代の転職を失敗に終わらせないためには非常に重要な要素になってきます。求職者にとって100点満点ぐらい相性の良い求人が、転職活動を始めた前日に締め切られてしまったなどということが現実として日常茶飯事に起こっているのです。

YOTAKAPAKU6496_TP_V4 40代の転職が失敗する前に先手必勝で行動を開始せよ!

40代からの転職は先手必勝がキモ

とある求人が気になって「 お気に入り 」としてとりあえず保留しておきながら他にもいい企業があるかもしれない。もう少し他の求人情報を探してから検討しようと思って数日後経つと、その時には当該求人は終了していた、というようなケースは本当によくあることなのです。業界や職種などによって、また中途採用市場の増減や特徴によって大きく異なるので一概には言えませんが40代からの転職活動においては、求人1件辺り平均50人前後の応募があると想定すべきです。

転職サイトや転職エージェント経由で応募すると、あたな以外に少なくとも49人のライバルがいると考えて活動しなければなりません。そう考えると一般論でいえば、応募したら必ず書類選考に通過するわけではないということは大前提になってきます。

私がかつて所属していた某鉄鋼会社で総務管理職を募集した時は、1件の枠に対して200名以上の中高年が応募してきて職員一同慌てた覚えがありますし、大阪人材銀行経由で総務職に応募した時は、「 既に100名以上が募集しているがどうする? 」と窓口担当者に言われて驚きを隠せなかった記憶があります。

そんな激戦下で、お気に入りに入れておいて、わざわざ求人を寝かせておくぐらいならまずは応募して、少なくとも手を挙げておいたほうが間違いなく得策です。表現が少し乱暴になりますが検討してから応募するのではなく気になったらまずは応募して、内定後に吟味するという方法が最適だと考えています。

40代からの仕事選びはこれからの人生にとって、収入面だけでなく、精神面に対しても本当に大切です。だからこそ、貴重な機会をみすみす見逃すことのないように活動しなければなりません。


40代の転職が失敗する前に先手必勝で行動を開始せよ!についてまとめてみましたがいかがでしたか?
最後に今回の要点をまとめておきます。

・40代が転職するには、それ相応の活動量が必要
・気になったらまず応募して、内定後に吟味する

「 40代にとって相応の活動量とはどれぐらい応募することなのでしょうか? 」と聞かれる機会が増えています。実力や希望する職種にもよりますが、40代は100件単位が妥当だと考えています。実際、私も総務職に150件以上は応募しています。それぐらい応募しないとなかなか内定はもらえないと考えるべきでしょう。転職支援をしている総務人事歴12年の斉藤でした。

スポンサードリンク


YOTAKAPAKU6496_TP_V4 40代の転職が失敗する前に先手必勝で行動を開始せよ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事